Academic Box Logo

裏千家家元の次男の結婚についての家系図と家族構成は?

裏千家家元の次男の結婚についての家系図と家族構成は?

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、裏千家家元の次男の結婚についての家系図と家族構成についてお話しします。

裏千家の基礎を築いた4代目・仙叟宗室

裏千家の基礎を築いた4代目・仙叟宗室https://livedoor.blogimg.jp裏千家を築いたのは、誰ですか?

4代目・仙叟宗室

4代目・仙叟宗室は、裏千家の基礎を築いた人物です。茶道具を好み、好みの茶道具を作らせたことでも有名です。また、加賀藩の前田家と伊予松山藩の松平(久松)家に茶道奉行として出仕し、両家の関係を築きました。詳しくみる ⇒参照元: 茶道・裏千家の家元は?長男・次男の名前&歴代一覧まとめ

大衆に茶を広めた人物

大衆に茶を広めた人物https://cdn.mainichi.jpお茶を大衆に広めた人物は?

13代目・鉄中宗室

鉄中宗室は、裏千家12代目・直叟宗室の長男として生まれ、特にも女学校教育の中に茶道を取り入れ、学生や婦人層における茶道普及の基礎を築きました。濃茶各服点前・盆略点前などの新しいお点前を創案するとともに、風炉流し点前を復興する等、新旧両面から流儀の繁栄に貢献しています。また、教本を出版する等により大衆向けに茶道を広げる活動を通して、茶道の普及において大きな役割を果たした人物です。詳しくみる ⇒参照元: 茶道・裏千家の家元は?長男・次男の名前&歴代一覧まとめ

三島由紀夫の妻の親族関係

三島由紀夫の妻の親族関係https://i.pinimg.com三島由紀夫の妻の親族関係は?

三島由紀夫の妻の妹の姑が、裏千家14代家元の妻の妹

裏千家14代家元千宗室の次男の妻は、建築家の谷口吉郎さんの娘、真美子さんです。そして杉山寧の長女である瑤子は三島由紀夫の妻です。つまり、三島由紀夫の妻の妹の姑は、裏千家14代家元の妻の妹ということになります。詳しくみる ⇒参照元: 千宗室の妻と息子、孫は?裏千家家元の家系図と家族構成!

裏千家歴代家元

裏千家歴代家元https://hips.hearstapps.com裏千家家元(千宗室)の歴代の名前や家系図は?

千利休を先祖とする家系

裏千家家元の家系図は、千利休に始まる裏千家の歴代を一覧にすると、このようになります。初代:千利休名を宗易(そうえき)、号を抛筌斎(ほうせんさい)、通称与四郎といいます。2代:千少庵名を宗淳(そうじゅん) 通称名は吉兵衛・四郎左衛門ともいう。3代:千宗旦名を字は元叔のち元伯(げんぱく)で、号は不審庵(ふしんあん)といいます。4代:千宗守名は一字(いちじ) 通称は宗守・吉兵衛。5代:千宗室名を宗知、通称名は孫左衛門・太郎左衛門。6代:千宗左名は宗左、通称は常右衛門・又右衛門。7代:千宗偏名を宗偏、通称は又左衛門・四郎。8代:千宗守名を宗守、通称は与四郎・三郎左衛門。9代:千宗室名を宗室、通称は四郎左衛門・勘右衛門。10代:千宗室名を宗室、通称は宗室・孫左衛門。11代:千玄室名を玄室、通称は宗室・玄室。12代:千宗室名を宗室、通称は玄室・宗室。13代:千宗室名を宗室、通称は宗室・宗守。14代:千玄室名を玄室、通称は宗室・玄室。15代:千宗室名を宗室、通称は宗室・玄室。詳しくみる ⇒参照元: 裏千家家元(千宗室)の歴代の名前や家系図は?長男や次男、妻や...

千宗室さんの奥様について

千宗室さんの奥様についてhttps://stat.ameba.jp裏千家15代家元の千宗室さんの奥様のお名前は?

千登三子さん

裏千家15代家元である千宗室さんの妻の名前は、千登三子さんです。千登三子さんは、1930年に生まれ、塚本商事社長の塚本定右衛門さんの三女として誕生しました。雙葉高女とアテネフランセを卒業後、千宗室さんと結婚しました。詳しくみる ⇒参照元: 千宗室の妻と息子、孫は?裏千家家元の家系図と家族構成!

千宗室の家族構成

千宗室の家族構成https://torja.ca千宗室の次男の名前を教えてください

敬史

千宗室の家族構成は、妻の信子さん、長男の明史さん、長女の万紀子さん、次男の敬史さんです。明史さんは詩人として「chori」のペンネームで活動しています。万紀子さんは立命館大学出身で、2017年に阪田修三・佳子夫妻の長男で医師の阪田宗弘さんと結婚しました。敬史さんは裏千家茶人で、17代になるとの声もあるようです。詳しくみる ⇒参照元: 裏千家家元(千宗室)の歴代の名前や家系図は?長男や次男、妻や...

千宗室16代と皇室との関係

千宗室16代と皇室との関係https://livedoor.blogimg.jp千宗室16代の正体は?

皇族出身の女性

千宗室16代の妻は皇室の出です。彼女の父は故・皇族の三笠宮崇仁親王、母は香淳皇后の女官だった信子です。夫人は音楽家としても知られており、元夫人の佳子夫人と違って、あまり茶道には関わらないようです。詳しくみる ⇒参照元: 裏千家家元(千宗室)の歴代の名前や家系図は?長男や次男、妻や...

裏千家家元の歴史

裏千家家元の歴史https://livedoor.blogimg.jp現在の裏千家家元の名前は?

千宗室

裏千家は、茶道において表千家と並んで二大流派の一つです。裏千家家元の家系は、千利休の子孫から始まり、現代まで続いています。裏千家家元は、代々、千宗室を襲名してきました。現在の裏千家家元は、17代目の千宗室(千敬史若宗匠)です。詳しくみる ⇒参照元: 千宗室の妻と息子、孫は?裏千家家元の家系図と家族構成!

裏千家家元の妻の経歴

裏千家家元の妻の経歴https://sakuragasaita.com裏千家16代家元の妻の経歴は?

三笠宮崇仁親王の次女

16代裏千家家元である千宗室の妻、千容子さんは三笠宮崇仁親王の次女で、学習院大学法学科を卒業しています。現在は淡交会の副理事長を務めています。詳しくみる ⇒参照元: 千宗室の妻と息子、孫は?裏千家家元の家系図と家族構成!

裏千家の特徴

裏千家の特徴https://cdn.mainichi.jp四男 仙叟宗室が家督を譲り受けて完成させた茶道の流派は?

裏千家

裏千家は茶道の流派の一つで、千利休の四男である仙叟宗室によって創始された。表千家は、千利休の三男である宗左によって創始された茶道の流派である。両派は、茶道の基本的な考え方や作法は同じだが、細かい点で違いがある。裏千家は、茶室のしつらえや道具の配置などが表千家よりも簡素で、茶道の精神を重視している。表千家は、茶室のしつらえや道具の配置などが裏千家よりも華やかで、茶道の形式を重視している。裏千家は、千利休の四男である仙叟宗室によって創始された茶道の流派で、表千家よりも簡素で茶道の精神を重視している。詳しくみる ⇒参照元: 【人気ダウンロード!】 千家 家元 次男 結婚 156365...

裏千家家元になるために必要なこと

裏千家家元になるために必要なことhttps://www3.nhk.or.jp裏千家の家元を継ぐために必ず必要なことは何?

出家得度

裏千家は茶道諸流派中最大の流派であり、家元は戦国時代の茶人・千利休の流れを汲む。家元になるためには、大徳寺で出家得度をする必要がある。歴代家元は長男が継ぐことが多く、四代である仙叟の諱「宗室」を受け継いでいる。裏千家の家元は、長男、次男の名前、歴代一覧まとめ、立礼のお点前など様々な情報をホームページで公開している。詳しくみる ⇒参照元: 【人気ダウンロード!】 千家 家元 次男 結婚 156365...

利休姓の由来

利休姓の由来https://mame-sadou.com利休の青年期に、千姓を名乗るようになったのはなぜ?

先祖の千阿弥に由来

利休こと千利休は、堺の商家に生まれ、青年期のある段階から「千」姓を名乗るようになった。その理由は、遠い先祖に足利将軍家の同朋衆であった千阿弥という人物がいたと伝わり、その名に由来するものとされる。利休の居士号である「利休」は、豊臣秀吉が正親町天皇にお茶を献じた時、勅許によって拝受したもので、それ以前は千 宗易と名乗っていた。詳しくみる ⇒参照元: 裏千家歴代

7代目の茶道改革

7代目の茶道改革https://omotenashi-cocoro.click「七事式」とはどんなものですか?

緊張感のある稽古法

7代目は弟と共に七事式を制定した。これは緊張感を持ちながら稽古ができる方法で、お稽古としても有名である。弟子の一人は江戸にて千家の教えを広め、江戸千家の祖となった。詳しくみる ⇒参照元: 表千家の家元一覧!歴代宗匠の名前・読み方&家元夫人についても

利休宗易と少庵宗淳

利休宗易と少庵宗淳https://auctions.c.yimg.jp利休宗易と少庵宗淳の関係は?

親子

利休宗易は戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した商人であり、茶人として知られる人物である。千利休の養子にして女婿であり、千宗旦の父である。実父は能楽師の宮王三郎三入とされるが、近年松永久秀説も再浮上している。少庵宗淳は千利休の死後、裏千家の2代目家元となった。詳しくみる ⇒参照元: 茶道メモ《裏千家歴代家元 一覧》お稽古で茶杓の作者 ChaC...

裏千家六代泰叟の家系

裏千家六代泰叟の家系https://auctions.afimg.jp裏千家六代泰叟の父親は誰?

常叟

裏千家は代々、前田家と伊予松山藩久松家との交流が続いてきた。六代泰叟は、幼い頃に父親である常叟を亡くし、11歳で家元を継承した。表千家の覚々斎、如心斎から修行を受け、儒学を学び、能、狂言も巧みだったが、33歳で亡くなった。詳しくみる ⇒参照元: 裏千家歴代の家元の名前を覚えよう!花押の画像あり!

茶道裏千家の新しい若宗匠が誕生

茶道裏千家の新しい若宗匠が誕生https://i.ytimg.com茶道裏千家の新しい若宗匠は誰ですか?

千宗史

茶道裏千家の新しい若宗匠は、千利休をはじめとする歴代に一碗をささげ、十七代継承の決意を新たにした千宗史です。千宗史は十六代宗室家元の次男で、立命館大卒業後、本格的に茶道に携わり、家元名代として、社寺の献茶式などを行ってきました。詳しくみる ⇒参照元: 【追加画像】彬子さまも出席・茶道裏千家の若宗匠格式奉告献茶式

千宗左さんの妻

千宗左さんの妻https://static.wixstatic.com千宗左さんの妻は、誰ですか?

三千子

千宗左さんの妻は三千子さんです。三千子さんは、京都出身で、旧姓は西村さんです。宗左さんとは、京都の大学で出会って結婚しました。二人は、一男一女をもうけています。詳しくみる ⇒参照元: 千宗左(表千家家元)の妻と息子は?家系図と家族構成は?

初代表千家家元は誰?

初代表千家家元は誰?https://cdn.mainichi.jp初代表千家家元は誰ですか?

覚々斎

覚々斎は、初代表千家家元であり、12歳の頃に千家に養子として迎えられ、18歳で正式に表千家家元となりました。覚々斎は、七代将軍・吉宗の茶頭を務め、唐津桑原茶碗を拝領しました。また、現在でも使われる「老松茶器」を制作しました。詳しくみる ⇒参照元: 【表千家】歴代家元の一覧|名前と略歴

千玄室の茶室「鵬雲亭」の特徴

千玄室の茶室「鵬雲亭」の特徴https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp千玄室が茶会で使った茶室「鵬雲亭」の特徴は?

平和への祈りを込めた瓦の使用

千玄室は、茶道の普及と国際交流に貢献した茶道裏千家の前家元です。千玄室は、茶器や茶室の制作にも携わっており、自らの作品を使って茶会を開いたり、展示したりしています。千玄室の茶器や茶室は、自然や歴史に対する敬意と感謝の気持ちが込められており、素朴で温かみのあるものが多いです。例えば、千玄室が作った茶室「鵬雲亭」は、戦争で亡くなった兄の遺品である瓦を使って建てられたもので、平和への祈りが込められています。千玄室の茶器や茶室は、京都市上京区の茶道資料館で見ることができます。詳しくみる ⇒参照元: 【千玄室 妻(嫁)、子供(長男・次男)家族や孫、家系図と年収...

15代千宗左の学歴

15代千宗左の学歴https://sankei.com15代千宗左は、どの大学出身でしょうか

同志社大学文学部

15代千宗左は、同志社大学文学部出身で、イギリスのバッキンガム大学修士課程も修了しています。彼は、国際的な視点から、日本の伝統文化である茶道を見つめ、家系は先祖代々受け継がれているそうです。詳しくみる ⇒参照元: 表千家家元(千宗左)の家系図や妻や本名は?歴代の名前の読み方...

千家典子さんの結婚

千家典子さんの結婚https://i0.wp.com千家典子さんは誰と結婚したか?

医師の宗弘

千家典子さんは2017年、阪田修三・佳子夫妻の長男で医師の宗弘と結婚した。この時、皇室から三笠宮家及び高円宮家の妃や女王達も参列した。詳しくみる ⇒参照元: 千容子

茶道裏千家と彬子さまの関係

茶道裏千家と彬子さまの関係https://sakuragasaita.com彬子さまと茶道裏千家の関係は?

親戚

裏千家と彬子さまの家族は、彬子さまの叔母である千容子さんが、裏千家15代家元の長男に嫁いでいることから親戚関係にある。11月25日には、寒川神社で茶道裏千家による献茶式が行われ、彬子さまも出席された。詳しくみる ⇒参照元: 彬子さまご出席、茶道裏千家「献茶式」

彬子さまと裏千家

彬子さまと裏千家https://sakuragasaita.com寛仁親王と彬子さまの関係は?

父娘

彬子さまは、寛仁親王の長女。彬子さまは京都に住んでおり、裏千家の儀式によく出席されている。寛仁親王と裏千家とは親戚関係にあり、これは裏千家にとって名誉なこと。彬子さまは、裏千家の献茶式に出席された。詳しくみる ⇒参照元: 【追加画像】彬子さまも出席・茶道裏千家の若宗匠格式奉告献茶式

次期家元の努力

次期家元の努力https://sankei.com次期家元になる予定の次男は、家元を継ぐためにどんな努力をしている?

日々精進している

裏千家の家元を継ぐのは長男が基本だが、現在は長男が家元を離れたため、次男が家元を継ぐことになっている。次男は、日々精進しているようだ。また、裏千家の家元には、長男・次男の他に、長女もいるが、家元は代々男性が継ぐので、長女は、基本的に後を継ぐことはない。しかし、長女もまた茶道の道に進んでおり、家元を支えるための努力を続けている。一方、現在の家元夫人は、宮家から裏千家の嫁いで来られた方である。詳しくみる ⇒参照元: 裏千家の家元とは? そもそも家元ってなに? 歴史を調べてみた

裏千家の許状体系

裏千家の許状体系https://stat.ameba.jp裏千家の許状はいつからいつまであるか?

入門割稽古~専任講師

裏千家には、入門割稽古、初級小習十六ヶ条、茶箱点、唐物台天目盆点、和巾点、行之行台子、大円草大円盆、引次行之行台子、真之行台子、大円真大円盆、真台子、茶名、専任講師、準教授、助教授、奨励証・おしるしなど、許状の種類や難易度に応じて、入門割稽古から専任講師まで段階的に進むことができる。詳しくみる ⇒参照元: 裏千家

裏千家の家族構成

裏千家の家族構成https://honjyuin.com誰が一番年上で、一番年下は誰?

一番年上は三笠宮容子さま。一番年下は千敬史氏。

長男は詩人で家を継がず、長女は整形外科医と結婚。次男の妻は元皇族で、その息子が次期家元になる。詳しくみる ⇒参照元: 【追加画像】彬子さまも出席・茶道裏千家の若宗匠格式奉告献茶式

いかがでしたか? 他の記事も ぜひご覧ください ↓↓