Academic Box Logo

大学ランク分けの最新情報とレベル別一覧リスト

ライターのYUKOです。大学ランク分けの最新情報とレベル別一覧リストをご紹介します。

日本の国立大学のランク分け

日本の国立大学の数は?

86大学

日本では国立大学が86大学あり、それぞれにランクが存在します。

ランクは難関だから良いというわけではなく、下位の大学だから悪いというわけでもありません。

詳しくみる ⇒参照元: 【国立大学編】大学を5つのランクに分類!志望校のランクはどこ...

日本の私立大学

日本の私立大学はどれくらいありますか?

592校

日本の私立大学は592校もあります。

そのうち、医学部は私立大学が主体となっています。

近年、大学設置の基準緩和もあり、医学部新設の計画が相次いでいます。

大学は全国各地に点在し、偏差値も様々なので、志望校選びの際は、自分に合った大学を選ぶことが大切です。

医学部を目指している場合は、私立大学を視野に入れる必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: 【私立大学編】大学を5つのランクに分類!志望校はどれくらい?

大学ランクづけの基準

大学ランクづけの基準は?

偏差値、伝統、就職実績、人気

大学のランクづけは、偏差値、伝統、就職実績、人気などを基準として作成されています。

これらの基準は考慮する基準によっては変動する可能性がありますが、大幅な変化はないと考えられています。

詳しくみる ⇒参照元: 大学ランク付け|あなたの大学はどのレベル?

国立大学のランク付け基準

国立大学を難関、準難関、普通、易しい、超易しいの5段階で分けると、その基準は何になるのか?

偏差値と共通テストの得点率

国立大学のランク付けの基準は、偏差値と共通テストの得点率である。

偏差値は60.0~72.5の大学を難関、52.5~70.0の大学を準難関、45.0~52.4の大学を普通、37.5~44.9の大学を易しい、30.0~37.4の大学を超易しいと分類している。

共通テストの得点率は、難関大学が82~92%、準難関大学が75~88%、普通大学が70~80%、易しい大学が65~75%、超易しい大学が60~70%となっている。

ただし、大学のランクが高いからといってそれが全て良いとは限らないし、低いからといって悪いとも限らない。

各大学にはユニークな特色や強みがあるので、志望校を決める際には、その点を考慮することが大切である。

詳しくみる ⇒参照元: 国立大学を5段階でランク分け!志望校の位置を確認しよう!

関東の中堅私立大学群「成成明学獨國武」

関東でMARCHより少し難易度が低く、成成明学獨國武とも呼ばれる大学群は何ですか?

獨協大など

「成成明学獨國武」と呼ばれる大学群は、関東圏に位置する中堅私立大学群です。

MARCHより少し難易度が低く、獨協大、國學院大、武蔵大などが含まれます。

これらの大学は、MARCHのワンランク下と位置付けられ、インターネット上では進学する価値のある大学と見なされています。

ただし、東は東海大学と間違われやすいので注意が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 大学群名称 レベルランク別一覧まとめリスト ランキング

医学部卒業後の年収 格差の秘密

医学部を卒業すれば年収1000万円を超えるのはどの大学出身者?

私立大医学科出身者

医学部を卒業すれば年収1000万円を超えるのは、私立大医学科出身者。

しかし、その他の大学では年収1000万円に到達できるのは1割程度とみられる。

また、同じ大学でも学生時代の実績によって就職先が大きく異なる。

上位10%未満のAランク大学では、早慶下位、上智、中央法などの首都圏や地方都市の国立大学出身者も含まれる。

上位15%未満のBランク大学には、東京理科大、MARCH上位などが含まれる。

Bランク大学では、大手企業への就職には学生時代の活動実績が重要となる。

詳しくみる ⇒参照元: 大学ランク付け|あなたの大学はどのレベル?

偏差値別大学ランク付け

偏差値による大学のランク付けの基準について教えてください

東進の大学入試難易度ランキングデータに基づく独自重みづけ

大学のランク付けは、各大学の学部・学科の平均偏差値と最高偏差値を算出し、独自に重み付けした上で、SSSランクからEランクまでの18段階で格付けされています。

偏差値は一般的に理系学部や私立大学の方が高くなる傾向がありますが、本記事ではわかりやすくするためにまとめて集計されています。

Fランクはボーダーフリー判定を受けた大学を指し、本記事の基準とは異なります。

詳しくみる ⇒参照元: 【大学ランク】大学をsランクからeランクまで格付け(2019...

大学群とは?ランキング、一覧

日本最難関の4つの国立大学は何?

東京一工

大学群とは、受験や就活で用いられる、類似の入学難易度を持つ大学をまとめた呼称です。

最も有名な大学群には「日東駒専」「MARCH」「関関同立」があります。

また、就活では「学歴フィルター」として用いられることがあります。

日本には数多くの大学群があり、そのランキングは東京一工、旧帝国大学、早慶上理、GMARCH、産近甲龍の順です。

東京一工は東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学から構成され、日本最難関の4つの国立大学です。

旧帝国大学は北海道大学、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学から構成されます。

詳しくみる ⇒参照元: 【2023年最新版:全28種類】日本一詳しい大学群総まとめ!...

電農名繊と金岡千広の偏差値

電農名繊と金岡千広はどっちの方が偏差値が高い?

金岡千広

関東にあり、筑横千に次ぐ立ち位置の理系の難関国立大学グループは「電農名繊」と「金岡千広」と呼ばれる。

金岡千広は千葉大学と重複があるが、総合大学であるため電農名繊よりも偏差値が高い。

詳しくみる ⇒参照元: 大学の分類まとめ(旧帝大、早慶上智、MARCH、関関同立、日...

学歴フィルターについて

学歴フィルターとはどんなものですか?

学歴を元に就職を絞ること。

学歴フィルターとは、企業が採用活動を行う際に、応募者の学歴を基準に選考を行うことです。

学歴フィルターは、採用活動の効率化を図ったり、企業の求める人材を確保したりするために用いられます。

学歴フィルターは、応募者の学歴を基準に選考を行うため、学歴が低い応募者は、採用試験を受ける機会が得られないという問題があります。

また、学歴フィルターは、学歴を重視する企業文化を助長し、学歴社会の固定化につながるという問題もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 【高学歴はどこから?】大学の学歴ランキング一覧

大学選びで下位私立大学を避けるべきか?

大学選びで下位私立大学を避けるべきですか?

必ずしもそうではない。

大学選びで下位私立大学を避けるべきかどうかは、個人の価値観や目標によって異なります。

下位私立大学にも、その大学でしか学べないことや魅力があると思います。

志望する大学が決まっている方は、今回のまとめを参考にする程度で良いでしょう。

逆に、何も決まっていない方は、できるだけ上位の大学を目指しましょう。

大学名は就職するうえで重要なので、急に進路を決めたとき有利に働くことがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 【私立大学編】大学を5つのランクに分類!志望校はどれくらい?

偏差値より国公立!

偏差値が同等でも、国公立と私立でブランド格差はどれくらいあるのか?

大きな差あり

偏差値が同等でも、国公立と私立の大学でブランド格差は大きい。

特に、偏差値60以上の大学では、国公立大学は旧帝大など、私立大学は関関同立などが並んでおり、私立と国公立のブランド格差が広がっています。

また、私立大学は「大学群」に含まれていないような大学もちらほらとあり、近年は昔からあった「大学群」が崩壊しつつあることが明らかです。

詳しくみる ⇒参照元: 【高学歴はどこから?】大学の学歴ランキング一覧

偏差値だけの評価は不公平

偏差値だけで大学の難易度序列を評価するのは、公平なのでしょうか?

偏差値以外にも評価すべき要素は多い

大学の難易度序列を評価する際に、偏差値だけでなく就職実績や研究実績などの要素も考慮すべきである。

偏差値だけで評価すると、国公立大学と私立大学で偏差値に差があるため、公平な評価ができない。

また、偏差値はあくまで受験生の学力の一側面を測る指標であり、大学での学びやすさや卒業後の就職状況など、他の要素も考慮すべきである。

詳しくみる ⇒参照元: 大学の難易度序列を15段階でレベル分けしてピラミッド構造にし...

国立大学の評価は偏差値だけではない

国立大学は偏差値の高い方が優秀な学生が集まる場所?

偏差値だけではなく、共通テスト得点率も重要

国立大学は偏差値だけでなく、共通テストの得点率も重要な要素である。

偏差値が60を超える大学は一般的に難関大学と見なされることが多いが、得点率もそれに見合ったレベルであることが期待される。

つまり、偏差値のみならず共通テストの得点率も国立大学の評価において重要な役割を果たしている。

詳しくみる ⇒参照元: 国立大学を5段階でランク分け!志望校の位置を確認しよう!

国立大学の序列傾向

偏差値の序列では、上位の大学にはどのような傾向がありますか?

首都圏、関西圏の大学が上位を占める。

首都圏や関西圏の大学が上位を占めており、中でも東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学、大阪大学などの旧帝大学がトップクラスに位置している。

これらの大学は、研究や教育のレベルが高く、就職活動でも有利になる傾向がある。

地方国立大学は偏差値が低く、就職活動でも不利になる傾向があるが、最近は地方創生や地域活性化の観点から、地方国立大学を支援する動きも強まっている。

詳しくみる ⇒参照元: 【総合編】国立大学の序列/偏差値ランキング一覧