Academic Box Logo

できるメイド様76話のネタバレと感想|ピッコマ漫画の最新話をチェックしよう

できるメイド様76話のネタバレと感想|ピッコマ漫画の最新話をチェックしよう

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、ピッコマ漫画の最新話「できるメイド様76話」のネタバレと感想をお届けします。

王女からメイドへ

王女からメイドへhttps://i.pinimg.com生まれ育った故郷を帝国に滅ぼされた彼女は、身分を隠すために皇宮でどのような仕事につきましたか?

皇宮のメイド

モリナはクローヤン王国の王女として生まれ育ちましたが、帝国による侵略で故郷を滅ぼされ、王族の唯一の生き残りとして身分を隠して生きていくことを強いられました。戦争捕虜として帝国に連れてこられたモリナは、マリと名を変えて皇宮のメイドとして働き始めます。しかし、メイドとして十分な働きができないモリナは、他のメイドたちにいじめられてしまいます。そんな中、モリナはとある囚人の看病をすることになり、その囚人から不思議な力を手に入れます。この力を使って有能なメイドとして頭角を現していくモリナの存在が、やがて帝国の皇太子・ラエルの目に止まります。詳しくみる ⇒参照元: 漫画『できるメイド様』最新話までネタバレあらすじ紹介!原作の...

できるメイド様に似た作品「外科医エリーゼ」

できるメイド様に似た作品「外科医エリーゼ」https://images6.alphacoders.com読めば読むほど面白くなる「できるメイド様」と似ている作品は?

外科医エリーゼ

できるメイド様に似た作品を探している方におすすめの「外科医エリーゼ」は、国の皇后として悪行に明け暮れ、大罪を犯したエリーゼ・ド・クロレンスが、高本葵として転生。前世の悪行を反省し、医者としてたくさんの人を救う感動の物語です。さらに、飛行機事故で死亡し、再びエリーゼとして転生。処刑される10年前、16歳の自分に生まれ変わっていました。詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様 ネタバレ全話|あらすじを最新話・最終回結末ま...

クローヤン地方が帝国を拒否する理由

クローヤン地方が帝国を拒否する理由https://1.bp.blogspot.com前王朝が倒れた後、クローヤン地方の人々が帝国を拒否する理由は何か?

前王朝への懐かしさと忠誠心

クローヤン地方の人々が帝国を拒否する理由は、前王朝に対する懐かしさと忠誠心のためだった。ラエルは、クローヤン州が帝国に融合するために多大な努力をしており、税率を引き下げ、各種分野への支援も惜しまなかった。しかし、クローヤン地方の人々は、前王朝に対する懐かしさと忠誠心のために帝国を拒否した。詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【77話】ネタバレ

漫画『できるメイド様』のあらすじ

漫画『できるメイド様』のあらすじhttps://1.bp.blogspot.com最新話・最終回結末まで漫画のあらすじを教えて下さい

ネタバレはできません。

残念ながら、最新話・最終回結末までの漫画のあらすじをお伝えすることはできません。この記事は漫画『できるメイド様』のネタバレを一覧で紹介していますが、絵付きで見たい場合はピッコマでご覧ください。また、U-NEXTを31日間無料で楽しむこともできます。詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様 ネタバレ全話|あらすじを最新話・最終回結末ま...

皇太子ラェルの疑惑

皇太子ラェルの疑惑https://ilpanzerotto.jp皇太子ラェルは、なぜマリが聖杯を盗んだと疑っているのか?

犯行動機がなかったから。

皇太子ラェルは、聖杯を盗んだ犯人に心当たりがあった。それがマリという少女だ。しかし、ラェルはマリが犯人であると断定することができなかった。マリには犯行動機がなかったからだ。ラェルは、マリが聖杯を盗んだ理由を明らかにするために、彼女の背後にいる人物を捜索する。そして、その人物が誰であるかを明らかにすることで、マリが聖杯を盗んだ理由を明らかにすることができると考えていた。詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【66話】ネタバレ

ヨハネフ三世からの手紙

ヨハネフ三世からの手紙https://kmansin09.comヨハネフ三世がマリに送った手紙の内容とは?

婚約者への恋しさと会いたいという思い。

マリは部屋のベッドに置かれた手紙を手に取り、開いてみるとヨハネフ三世からのものだった。手紙には婚約者への恋しさと会いたいという思いが綴られていた。マリは彼に二度と会いたくなかったが、手紙の最後に書かれていた内容を見て顔が青ざめる。詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【137話】ネタバレ|ちゃむlog

ヨハネフ3世の重大事件

ヨハネフ3世の重大事件https://redrb.heteml.net東帝国を襲うヨハネフ3世の重大事件とは?

帝国の首脳を拉致する計画。

ヨハネフ3世は西帝国の皇帝だが、実は東帝国への復讐を企んでいる。東帝国の首脳部を拉致して、彼らの人質を使って、東帝国を屈服させるつもりだ。レイチェルは東帝国の北方に無期懲役の罪で移送されたが、死刑にはならず、監獄で一人ぼっちで空腹と喉の渇きに苦しんでいる。詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様 ネタバレ66話【ピッコマ漫画】マリに告白した...

キエル不参加の狩猟イベント

キエル不参加の狩猟イベントhttps://live-lib.jp今回、狩猟イベントにキエルは来ないのでしょうか?

来ません。

キエルは今回の狩猟イベントには参加しない。ラエルが代わりに頑張る予定である。狩猟イベント中に何か予知夢を見るかもしれない。詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【66話】ネタバレ

ラエルの決断

ラエルの決断https://tsubasa-cham.comラエルがモリナ王女を妻にしない理由は何でしょうか

マリと結婚するため

ラエルは、マリと結婚するため、モリナ王女を妻にしません。ヨハネフ三世の行動も怪しく、マリの正体がバレるのも時間の問題かもしれません。ラエルは、モリナ王女を妻に迎える気はなく、マリを妻にする気があります。詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【76話】ネタバレ

夢から得た万能の力

夢から得た万能の力https://mako-chan.net侍女マリは、夢を通してどのような能力を得たのでしょうか?

完璧な侍女の能力

マリは、死んでいった囚人を看病していたところ、奇跡が起こり、「万能な人になりたいです」と願った。すると、夢を通して完璧な侍女、最高の彫刻家、天才音楽家の能力を得た。そして、それらの能力を駆使して、侍女として働き始め、皇太子ラエルや皇室親衛隊団長キエルハーン・ド・セイトンの信頼を得ていく。詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【134話】ネタバレ|ちゃむlog

マリが帝国を出国

マリが帝国を出国https://i.pinimg.comマリはラエルに別れの挨拶をしてから帝国を出ていった?

していない

「できるメイド様」76話では、マリがイタリア行きの貨物船に乗り込む場面までが描かれた。マリはラエルに別れの挨拶をせずに帝国を出ていった。マリは、クローヤンの王女であることを隠して皇太子ラエルの愛を受ける事が耐えられなくなったため、帝国を出ていった。詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様 ネタバレ76話【ピッコマ漫画】アヘンの密輸船...

帝国の艦隊との交渉

帝国の艦隊との交渉https://pbs.twimg.com皇太子の命令なしに兵士を動かすにはどうしたら良いのか?

ラエルに知らせていない。

マリは麻薬の密輸船を発見して、警備隊に知らせようとします。しかし、深夜なので警備隊の人数は少なく、密輸船の船員は50人以上いるため、危険だと考えます。そこで、マリは帝国の艦隊と話をしようと思いました。しかし、皇太子の命令なしに兵士を動かすことはできません。マリは、ラエルに知らせている時間がないため、自分で帝国の艦隊と話をしようと考えました。詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様 ネタバレ76話【ピッコマ漫画】アヘンの密輸船...

「できるメイド様」76話のネタバレと感想を紹介しましたピッコマ漫画の最新話をチェックして、今後の展開を楽しみに待ちましょう