Academic Box Logo

長峰真央のゴルフ界での功績や家族構成まとめ。世界ジュニアゴルフ選手権での活躍とは...?

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、プロゴルファーの長峰真央さんについて、ゴルフ界での功績や家族構成、世界ジュニアゴルフ選手権での活躍についてまとめました。

IMG世界ジュニアゴルフ選手権で好調な日本勢

IMG世界ジュニアゴルフ選手権で、15-18歳女子の部門で首位に立ったのは?

仲村果乃

IMG世界ジュニアゴルフ選手権で、PGM日本代表選抜大会を勝ち抜いた日本選手団が、3部門で首位に立った。

15-18歳の部女子では、仲村果乃が4アンダー68をマークし、首位タイでスタートした。

このカテゴリーでは日本勢が昨年まで3連覇しており、仲村果乃も好調な滑り出しを見せた。

7-8歳の部では、男子の根本悠誠が6アンダー69、女子の長峰真央が1アンダー56でそれぞれ単独首位に立っている。

15-18歳の部男子で3年連続出場の河本力が2アンダー70で首位に2打差4位と好発進し、13-14歳の部女子では、花田華梨が3アンダー69で首位に3打差の4位、森愉生が2アンダー70で4打差10位と、日本勢2連覇に向けて好位置につけている。

詳しくみる ⇒参照元: Imga世界ジュニアゴルフ選手権 初日

負けず嫌いのゴルフ少女

真央さんが好成績を残す要因は?

負けず嫌いな性格

長峰真央さんは千葉県千葉市若葉区にある北貝塚小学校に通っている2年生で、かなり負け嫌いな性格のようで、それが好成績につながっているようです。

一方、スポーツやゲームで負けてもヘラヘラしている筆者の息子。

筆者は息子のやる気スイッチが入るようなヒントを探すために、長峰真央さんについてスポットを当ててみることにしました。

詳しくみる ⇒参照元: 長峰真央(ゴルフ)の好成績は負けず嫌いが要因?妹や兄弟と父の...

長峰真央選手の戦績

長峰真央選手は、どんな大会で優勝経験があるか?

IMGA世界ジュニアゴルフ選手権とU.S. Kids Golfワールドチャンピオンシップ

長峰真央選手は、2015年から公式戦に出場し、初出場で優勝しました。

2016年にはIMGA世界ジュニアゴルフ選手権(女子6歳以下の部)で優勝し、2017年にはU.S. Kids Golf ワールドチャンピオンシップ(女子7歳以下の部)で優勝しました。

2018年にはIMGA世界ジュニアゴルフ選手権(7~8才の部)で優勝し、現在9歳で最新の大会では、2019年3月にスタジオアリス女子オープンジュニアカップで長峰姉妹そろって出場し、長峰真央ちゃんが優勝、妹の美桜ちゃんが9位でした。

詳しくみる ⇒参照元: ゴルフ長峰姉妹(真央と美桜)の父・母・弟 家族構成と画像がコ...

妹もゴルフがすごい

姉はゴルフで優勝したことがあるのに、妹はまだ優勝していないが、それでもすごいこと?

すごい!

妹の美桜ちゃんは、姉ほどゴルフは強くありませんが、国内ジュニア大会で優勝するほどの腕前を持っています。

2017年の「u.S. Kids Golf ワールドチャンピオンシップ(キッズ世界選手権)」では姉が優勝し、美桜ちゃんは14位でした。

ベストスコア85で、国内ジュニア大会で優勝したこともあります。

これからの成長が楽しみなゴルファーです。

詳しくみる ⇒参照元: ゴルフ長峰姉妹(真央と美桜)の父・母・弟 家族構成と画像がコ...

スーパー小学生、長峰真央ちゃん

長峰姉妹の姉、長峰真央ちゃんはどんな選手?

ゴルフのスーパー小学生。

長峰姉妹の姉、長峰真央ちゃんは千葉県出身の小学生。

4才からゴルフを始め、国内と世界のゴルフ大会で優勝しているスーパー小学生。

ベストスコアは67で、世界大会で3度優勝している。

憧れの選手はイ・ボミ選手で、女子プロ賞金女王を目指している。

詳しくみる ⇒参照元: ゴルフ長峰姉妹(真央と美桜)の父・母・弟 家族構成と画像がコ...

長峰真央のゴルフのきっかけ

長峰真央がゴルフを始めたきっかけは?

父親に連れられて。

長峰真央は4歳からゴルフを始めています。

きっかけは父親に連れられて行ったことです。

長峰真央はかなりの負けず嫌いな性格で、幼い頃からもの凄い練習をこなしてきました。

初めて公式戦にデビューしたのは2015年12月で、初出場にして初優勝を飾りました。

2016年3月にはIMGA世界ジュニア選手権に出場する日本代表選手を決める大会を制し、米国に乗り込みU6歳女子の部で世界一となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 長峰真央(ゴルフ)の好成績は負けず嫌いが要因?妹や兄弟と父の...

年齢制限解除の女子小学生が好スタート

昨年まで年齢制限で出場出来なかった女子小学生が、念願の初出場

年齢制限が引き上げられた。

長峰真央は、昨年まで年齢制限で出場できなかった女子小学生が、念願の初出場を果たし、好スタートを切った。

初日のスコアは1アンダー56で首位スタートを切ることはできなかったものの、最終日の目標は「コースレコード(3日間5アンダー)を破って優勝する」ことだと語っている。

吉沢己咲は、パーを重ねた後の7番で「ロブショットがうまくいって、バーディーが取れてホッとしました」と、1.5メートルを決めた。

後半に入って、11番、12番でともに1メートルにつけての連続バーディーなど4バーディー。

ボギーも3つと出入りの激しいゴルフながら、2アンダーとした。

詳しくみる ⇒参照元: Imga世界ジュニアゴルフ選手権 初日

負けず嫌いの努力

長峰真央さんの努力の源は?

負けず嫌い

長峰真央さんは、負けず嫌いな性格で、朝から夜まで練習を続けている。

その努力が実を結び、6才で公式戦に初出場するといきなり優勝。

翌年3月の日本代表を決める大会でも優勝し、7才1年生で『2016世界ジュニアゴルフ選手権 女子6歳以下の部』に出場し、いきなり優勝して世界一に!

首位を独走して優勝した感想も大物ぶり全開で、「打ちやすかった」「アメリカは楽しかった」「緊張はしませんでした」「ホールインワンは狙ったら入っちゃった」と語った。

詳しくみる ⇒参照元: ゴルフ長峰姉妹(真央と美桜)の父・母・弟 家族構成と画像がコ...