Academic Box Logo

逸見愛と逸見政孝の結婚生活の真実とは?病気説と息子の噂に迫る

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、逸見愛さんと逸見政孝さんの結婚生活の真実についてお話ししたいと思います。逸見さんは、政界で活躍する一方で、愛さんは芸能界で活躍しており、二人の結婚生活は世間から注目されていました。

逸見愛の活動

父親が亡くなった後、逸見愛さんはどのような活動をしていた?

女優やリポーターとして活動。

逸見愛さんは、父親の逸見政孝さんが亡くなった後、女優やリポーターとして活躍しました。

彼女は、舞台やドラマに出演する傍ら、情報番組のリポーターとしても活躍しました。

また、語学力を生かして、海外の情報を伝える仕事にも携わっていました。

詳しくみる ⇒参照元: 逸見愛の現在!今は病気なの?旦那の逸見政孝の息子は?人気女優...

逸見政孝、自らがんを公表

逸見政孝さんはなぜ、あえて自らがんを公表したのでしょうか

番組関係者への迷惑を考慮して

逸見政孝さんは、スキルス性胃がんが再発しており、すでに手の施しようがないにもかかわらず、がんの再発を伏せられていました。

しかし、彼はたくさんのレギュラー番組を抱える売れっ子だったため、「病名を隠すとたくさんの人に迷惑をかける」と、あえて記者会見を開き、自らがんを公表しました。

逸見政孝さんのこの決断は、多くの人に衝撃を与え、彼の死後は、母である逸見晴恵さんが講演活動などを行い、逸見家を守りました。

しかし、逸見晴恵さんもまた、がんに侵され、10年に及ぶ闘病の末、2010年に死去しました。

詳しくみる ⇒参照元: 逸見愛の現在!今は病気なの?旦那の逸見政孝の息子は?人気女優...

ヤンチャビの寄り添い

愛犬ヤンチャビが2日間寄り添い続けたのは誰ですか?

晴恵さん

逸見家の愛犬ヤンチャビは、ダルメシアンの子犬で、晴恵さんに一番なついていました。

晴恵さんが子宮がんを発症して落ち込んだときには、ヤンチャビは晴恵さんを励まし、勇気づけました。

晴恵さんが難病である「骨髄異形性症候群」を発症して亡くなったときには、動けないはずのヤンチャビが晴恵さんのご遺体元に歩いていき、2日間ずっと寄り添い続けました。

そして晴恵さん永眠から7日後、役目を終えたかのようにヤンチャビも旅立って行きました。

詳しくみる ⇒参照元: 逸見愛の現在!今は病気なの?旦那の逸見政孝の息子は?人気女優...