Academic Box Logo

逸見政孝の癌ステージ進行と治療法についての真実とは?

ライターのYUKOです。逸見政孝さんの癌ステージ進行と治療法について調査しました。

失恋から生まれた決意

早稲田大学に進学した逸見政孝さんの目的は?

失恋相手を見返すため。

逸見政孝さんは、関西大学の受験に失敗して、自分を振った女性を見返すため、早稲田大学に進学してアナウンサーを目指しました。

その後、大学卒業後22才でフジテレビに入社しました。

詳しくみる ⇒参照元: 逸見政孝のがんは前田外科の誤診って本当?ステージ進行早すぎて...

逸見政孝さんの胃がん手術

逸見政孝さんの胃がん手術は、どの病院で、どのような内容だったのか?

東京女子医大病院で、胃全摘出、脾臓、大腸、小腸の一部を切除。

逸見政孝さんは、1993年に胃がんが見つかり、前田外科病院で手術を受けました。

しかし、手術の痕に腫瘍ができてしまい、2回目の手術を受けました。

しかし、手術は失敗し、前田外科病院はこれ以上の手術は無理だと判断しました。

逸見政孝さんは納得できず、東京女子医大病院で3回目の手術を受けました。

手術は成功しましたが、術後は猛烈な痛みと抗がん剤による副作用に苦しみました。

10月23日、回復が認められ一時帰宅が決まった日、腸閉塞を発症して病状が急激に悪化し、まもなく亡くなりました。

詳しくみる ⇒参照元: 逸見政孝のがんは前田外科の誤診って本当?ステージ進行早すぎて...

前田外科病院と逸見政孝の病状

逸見政孝は前田外科病院でどのように扱われていたのか?

逸見政孝の妻に病状を伝えていた

逸見政孝は当初、前田外科病院で「手遅れだ」と告げられなかったが、妻には「初期のがんではない」と知らされていた。

また、逸見政孝が亡くなった後、病院は「最初の手術の時点で腹膜にもがんが転移していた」と発表している。

そのため、誤診ではなく、病院は逸見政孝の病状を把握していたと考えられる。

しかし、なぜ本人に病状を伝えなかったのかという疑問が残る。

詳しくみる ⇒参照元: 逸見政孝のステージ4のがんは前田外科病院の誤診が原因!?

逸見政孝のステージ誤診疑惑の真相

前田外科病院における逸見政孝さんのがんのステージ誤診は事実だったのか?

フリーアナウンサーの逸見政孝さんは48歳の若さでがんで亡くなりました。

亡くなる3ヶ月前に記者会見でがんを告白し、大きな反響を呼びました。

しかし、逸見さんが受診していた前田外科病院でステージの誤診があったのではないかと噂されています。

この噂の真相を調査したところ、誤診があったかどうかは定かではありません。

ただ、当時がん告白の記者会見自体が異例だったことや、逸見さんが人気絶頂のときにがんを発症して亡くなったことで、誤診疑惑が広まったと考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 逸見政孝のステージ4のがんは前田外科病院の誤診が原因!?

病状告知の葛藤:逸見政孝の弟のケース

余命宣告の際に病状を知らせなかったのは誰だった?

逸見政孝の弟

逸見政孝の弟が末期がんと診断された際、兄の逸見政孝は弟の幸せを優先し、病状を知らせなかった。

この出来事をきっかけに、セカンドオピニオンやインフォームドコンセントの重要性が認識されるようになり、患者の選択肢が増えた。

ただし、病状告知のタイミングについては現在でもさまざまな意見があり、デリケートな問題である。

詳しくみる ⇒参照元: 逸見政孝のステージ4のがんは前田外科病院の誤診が原因!?