Academic Box Logo

静粛性を重視した軽自動車ランキング...快適なドライブを満喫しよう!

ライターのYUKOです。この記事では、静粛性を重視した軽自動車のランキングをご紹介します。快適なドライブをお楽しみください。

軽自動車の乗り心地の良さのポイント

軽自動車で乗り心地の良さを実現させるのは難しいのはなぜ?

車高が高く、低重心にならないから

軽自動車は車高が高く、低重心にならないため、乗り心地が良くなる要素を盛り込みにくい。

また、ボディサイズに制約があるため、どうしても無駄な動きが多くなってしまう。

軽自動車で乗り心地を重視する場合は、低重心のN-ONEやデイズ、N-WGNのようなハイトワゴンを選ぶとよい。

詳しくみる ⇒参照元: 【最新版】乗り心地の良い軽自動車ランキングtop5

軽自動車の騒音比較

昔の軽自動車と今の軽自動車の高速道路での騒音の違いは?

最近の軽自動車は昔の軽自動車に比べてずっと静かになりました。

昔の軽自動車と今の軽自動車の高速道路での騒音の違いを撮影した動画では、スバルヴィヴィオは音がかなり気になりますが、ダイハツミライース、ホンダN-ONE、アイミーヴは静かであることがわかりました。

運転中に気になる音は、エンジン音、ロードノイズ、風切り音の3つです。

詳しくみる ⇒参照元: 静粛性が高い軽自動車

軽自動車の走行性能を高めたプラットフォーム

軽自動車の走行性能を高めたプラットフォームの名称は?

ハーテクト

スズキの軽自動車であるワゴンRやスペーシアは、走行性能と乗り心地の良さが特徴的です。

これらの車種は、新しいプラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用しており、ボディ剛性が高く、軽量化を実現しています。

また、構造用接着剤や高減衰マスチックシーラーを使用することで、こもり音を低減し、ロードノイズを軽減しています。

これらの構造によって、軽自動車とは思えないほど快適な乗り心地を実現しています。

詳しくみる ⇒参照元: 軽ステスタッフが乗ってみた こんなに違う?軽自動車乗り心地ラ...

広々車内空間のハスラー

荷物を沢山載せて運転することが多いのですが、車内も広々とした車種を教えてください

ハスラー

ハスラーは、2020年からは2代目が発売されており、ワゴンRにも採用されているプラットフォームの「HEARTECT」によってホイールベースが延ばされてリアシートの空間が広がりました。

見ていて楽しい車というだけでなく、乗り心地も向上しているのが特徴ですね。

先進安全技術もしっかり搭載されているので、安心して快適に運転できます。

軽自動車であるハスラーが快適な乗り心地を実現している理由に、軽量化と高剛性のプラットフォームがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 軽ステスタッフが乗ってみた こんなに違う?軽自動車乗り心地ラ...

日産デイズ/三菱ekワゴン:軽自動車の走りをワンランクアップ

どの車種が軽自動車の走りをワンランク上げたのか?

日産デイズ/三菱ekワゴン

日産デイズ/三菱ekワゴンは、2019年3月に登場したトールワゴンです。

新開発プラットフォームの採用により、軽自動車という限られたサイズのなかで「広いキャビンスペース」と「広いラゲッジスペース」を両立させているのが特徴です。

また、走行性能や安全性能もワンランクアップしています。

詳しくみる ⇒参照元: 【最新版】乗り心地の良い軽自動車ランキングtop5

最近の軽自動車の傾向

最近の軽自動車にはどのような傾向があるの?

車高が高くなっている。

最近の軽自動車は、利便性やデザインを重視するあまり車高が高くなっている傾向にある。

その結果、乗り心地は悪化している。

そこで、利便性と乗り心地の良さを兼ね備えた軽自動車をランキング形式で紹介する。

詳しくみる ⇒参照元: 快適なドライブを楽しめる!乗り心地が良い軽自動車top10

フラットな乗り心地の軽自動車

フラットな乗り心地を実現している軽自動車は?

ダイハツ ムーヴ

ダイハツ ムーヴは、軽量高剛性ボディとDサスペンションにより、フラットな乗り心地を実現しています。

また、ドライバーが運転しやすいドライビングポジションや、座り心地の良さにこだわったシート形状を採用しています。

さらに、手触りの良いシート素材を採用することで、乗る人みんなにくつろぎと上質な室内空間を提供してくれます。

詳しくみる ⇒参照元: 快適なドライブを楽しめる!乗り心地が良い軽自動車top10

乗り心地の良い軽自動車

安定した走りと乗り心地の良さを実現している軽自動車は何?

ハスラー

スズキのハスラーは、通常の軽自動車よりもやや大きめのタイヤを採用しており、安定した走りと乗り心地の良さを実現しています。

また、全タイプに4WDシステムを選択できるため、荒れた路面でも快適にドライブを楽しめます。

ヒルディセントコントロールにより、急な下り坂ではドライバーが操作しなくても速度を約7km/hに制御できます。

さらに、HYBRID Xターボ・HYBRID Gターボに搭載されている「R06A」エンジンは大人4人が乗っていてもスムーズな加速力を発揮します。

燃費性能が高く、軽自動車には珍しいパワフルな走りを見せてくれるので、乗り心地の良さだけでなく他の性能にもこだわりたい人にぴったりです。

詳しくみる ⇒参照元: 快適なドライブを楽しめる!乗り心地が良い軽自動車top10

静かで快適な軽自動車のメリット

静粛性が高い軽自動車のメリットは?

静かで快適な車内空間。

エンジンルームと室内を隔てる鉄板の両側に吸音材が配置され、エンジンからの音が聞こえにくい。

また、標準車でも、ボンネットの裏側に吸音材を張り付けるなど静粛性が向上している。

静かな車内空間は、長距離ドライブや家族での旅行など、車内で過ごす時間を快適にしてくれる。

詳しくみる ⇒参照元: 軽ステスタッフが乗ってみた こんなに違う?軽自動車乗り心地ラ...

快適な走行を実現する軽自動車

セパレートシートを搭載している場所は?

車内前部

Premium Tourerはターボエンジンを搭載し、乗り心地だけでなくパワフルな走りも重視したい人におすすめの車。

スタビライザーや吸音材で快適な走行を実現。

フルタイム4WDを設定し、滑りやすい路面でも安定した走りを実現。

チルトステアリングや運転席シートリフターで自分に合った運転姿勢を確保できるミラトコット。

女性目線に合わせた車高で、前方の死角が少ない。

詳しくみる ⇒参照元: 快適なドライブを楽しめる!乗り心地が良い軽自動車top10

軽自動車No.1の乗り心地をもつハスラーの秘密

ハスラーは、軽自動車の中で、乗り心地が最も良いモデルである

ボディ剛性を高めたことによる。

ハスラーは、スズキの新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用し、ボディのスポット溶接部に「構造用接着剤」を初めて採用することで、ボディ全体で剛性を高めています。

また、高減衰マスチックシーラーを軽自動車で初めて採用し、防音材や遮音材の最適配置も相まって静粛性が高く、その快適さは抜群です。

スペーシアベースながら専用チューニングを施したサスペンションの動きも良いのですが、何といっても「構造用接着剤」の効果が大きく、スッキリとした乗り心地は軽自動車No.1と言えます。

詳しくみる ⇒参照元: 【最新版】乗り心地の良い軽自動車ランキングtop5

静かな軽自動車

どの軽自動車の静粛性が一番高い?

ムーヴカスタム

ダイハツのムーヴカスタムは、静粛性が高い軽自動車として知られている。

前回のマイナーチェンジで防音材が追加され、さらに静かになった。

OEMであるスバルステラカスタムも同様に静粛性が高い。

高速道路でも静かに走ることができ、オーディオの音量を最小にしても聞こえるほどである。

詳しくみる ⇒参照元: 静粛性が高い軽自動車

軽自動車の人気ランキング

ホンダN BOXが軽自動車ランキングで1位になった理由は?

使いやすさ

2021年に最も売れた軽自動車はホンダ「N BOX」で、その人気は天井の高さ、広々とした室内空間、使いやすいスライド式後席ドアに起因しています。

ダイハツ「タント」は、助手席側のセンターピラーをドアに内蔵した「ミラクルオープンドア」で乗降性に優れ、ファミリーに人気です。

スズキ「スペーシア」は、オーソドックスなデザインながら、スーパーハイトワゴンならではの広さと使い勝手の良さを備えています。

また、マイルドハイブリッドシステムにより低燃費を実現しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【2022年最新】軽自動車人気ランキング!買うならどれ?選び...

スズキ 新型ハスラーの乗り心地の特徴

スズキの新型ハスラーの乗り心地はどのような特徴がありますか?

しっとり

スズキの新型ハスラーは、専用新タイヤ、ボディ剛性を高める構造用接着剤の採用、自然吸気モデルのリヤサス変更などにより、乗り心地が大きく改善されています。

乗り心地は「軽自動車最上級の快適性」と評価され、特にボディ剛性の向上度合いが高く評価されています。

ただし、柔らかめの乗り心地のため、好みが分かれるようです。

また、走行シーンによっては突き上げを感じることもあるようです。

詳しくみる ⇒参照元: 乗り心地が悪い軽自動車は嫌!乗り心地ランキング【2023年】

快適な乗り心地の軽自動車:ホンダ N-BOX

快適な乗り心地の軽自動車は何ですか?

ホンダ N-BOX

ホンダのN-BOXは、超高張力鋼板を使用したボディ剛性と、ロードノイズ対策による高い静粛性で、快適な乗り心地を提供します。

このボディ剛性は、軽自動車のレベルを超えており、段差やギャップを乗り越えてもガタガタや振動が伝わりません。

また、静粛性もコンパクトクラスと同等で、前席と後席のコミュニケーションが取りやすい快適な空間を実現しています。

詳しくみる ⇒参照元: 乗り心地が悪い軽自動車は嫌!乗り心地ランキング【2023年】