Academic Box Logo

豊川信用金庫事件の犯人・女子高生の名前やその後現在まですべてを徹底解説

豊川信用金庫事件の犯人・女子高生の名前やその後現在まですべてを徹底解説

ライターのYUKINOです。今回は、豊川信用金庫事件について徹底解説します。

豊川信用金庫デマ事件

豊川信用金庫デマ事件https://image.news.livedoor.com愛知県の豊川信用金庫で起きた事件は何ですか?

女子高生の冗談から生まれたデマ事件。

1973年12月に起きた豊川信用金庫事件は、女子高生の冗談が原因で起こった取り付け騒ぎです。女子高生が友人をからかうために「信用金庫は危ない」と言ったことがきっかけで、それが人から人へと伝わるうちに誇張されていき、最終的には豊川信用金庫がまもなく倒産するという噂に発展しました。この噂を信じた人々が殺到して預貯金を引き出し、豊川信用金庫は取り付け騒ぎに陥りました。この事件は、デマが瞬く間に社会パニックを引き起こした珍しい事例として、心理学や社会学の材料として取り上げられることが多々あります。詳しくみる ⇒参照元: 豊川信用金庫事件の犯人は女子高生?事件の概要・その後や現在ま...

信用金庫の危機

信用金庫の危機https://cdn.clipkit.coちょっとした冗談がきっかけで起こった事件とは?

豊川信用金庫事件

豊川信用金庫事件は、女子高生が友人に「信用金庫は危ないよ」と話したことをきっかけに、豊川信用金庫が倒産の危機に立たされるという騒動でした。この女子高生は特定の信用金庫の経営が危ないと話したわけではなく、豊川信用金庫に就職が決まった友達に対して「銀行強盗が入るかもしれないし、危ないんじゃない?」という軽い冗談で「信用金庫は危ない」と言っただけでした。しかし、この冗談が伝言ゲームのように広がり、女子高生が冗談を言った1週間後には「豊川信用金庫は経営が危ない」「豊川信用金庫は潰れるらしい」という話が豊川市中で囁かれるようになっていったのです。その結果、「倒産したら預金が引き出せなくなる!」と焦った顧客が豊川信用金庫の各店に殺到し、短期間に豊川信用金庫からおよそ26億円もの預金が引き出されました。詳しくみる ⇒参照元: 豊川信用金庫事件の犯人/女子高生のその後現在は?詳細などわか...

風評被害の発端

風評被害の発端https://i.ytimg.com豊中信用金庫の風評被害を引き起こした噂の最初の出所は?

女子高生による冗談

豊中信用金庫の風評被害を引き起こした噂の最初の出所は、豊中信用金庫に強盗が入るから危ないという女子高生による冗談だった。この冗談を言われた女子校生は、この冗談を信じてしまい、その日の夜に豊中信用金庫の就職先の本店近くに住んでいた親戚に「豊中信用金庫は危ないのか」と電話で尋ねた。そして、この親戚が美容院経営者に豊中信用金庫が危ないと話したことから、噂は瞬く間に広がっていった。豊中信用金庫の風評被害は、この女子高生による冗談が原因で発生したものだった。詳しくみる ⇒参照元: 豊川信用金庫事件の犯人は女子高生?事件の概要・その後や現在ま...

デマメールの危険性

デマメールの危険性https://img.nikkinonline.comデマメールによってどのような問題が発生しましたか?

騒ぎ

豊川信用金庫事件は、デマが社会に与える影響のモデルケースとして心理学や社会学の研究対象になりました。インターネットが普及した現在でも、デマメールによって金融に関する不安が広まり、佐賀銀行で取り付け騒ぎが発生しています。デマは、悪い話ほど急速に広まり、大げさになり、何度も同じ話を聞くと、真偽がわからなくても事実だとと思い込んでしまいます。デマメールは、金融の安定を脅かす可能性があるため、注意が必要です。詳しくみる ⇒参照元: 女子高生の一言でパニック!豊川信用金庫事件で起きた取り付け騒...

デマに踊らされた豊川信用金庫事件

デマに踊らされた豊川信用金庫事件https://i.pinimg.com愛知県の豊川信用金庫事件はどんな事件だったのか?

預金者が殺到して、倒産しそうになった事件。

豊川信用金庫事件は、1973年に女子高生の何気ない雑談がデマとなって、豊川信用金庫に預金者が殺到し、14億円の預金が引き出され、倒産しそうになった事件。デマは女子高生の雑談に尾ひれがついて広がり、信用金庫の経営を脅かす事態に発展した。この事件は、デマの恐ろしさと、金融機関に対する信頼の重要性を改めて認識させる出来事となった。詳しくみる ⇒参照元: 豊川信用金庫事件の真相をわかりやすく!女子高生の名前やその後...

豊川信用金庫取り付け騒ぎの収束

豊川信用金庫取り付け騒ぎの収束https://i.ytimg.com豊川信用金庫取り付け騒ぎはどのように収束を迎えたのか

日銀の損失補填。

豊川信用金庫取り付け騒ぎは、女子高生3人の冗談から始まり、噂に尾ひれや背びれがついて豊川信用金庫を倒産危機にまで追い込んだ事件である。この事件は、日本銀行が豊川信用金庫の損失を補填したことで収束を迎えた。この事件は、社会学や心理学の材料として取り上げられており、何気ない噂話が実際に大きなパニックを引き起こすことがあることを示している。詳しくみる ⇒参照元: 豊川信用金庫事件の犯人は女子高生?事件の概要・その後や現在ま...

信用金庫に対する噂の深刻化

信用金庫に対する噂の深刻化https://tonichi.net当時のタクシーの運転手が顧客から聞いた信用金庫に対する噂は、どのように変化していったのか

どんどん深刻化

信用金庫に対する噂は、「経営が危ない」から始まり、「危ない」、「潰れる」と、徐々に深刻化していった。さらに、夜には「もうシャッターは上がらないだろう」という噂まで流れ、取り付け騒ぎはピークに達した。信用金庫側は迅速に対応し、払い戻しの特例を設けたが、これが逆に誤解を生み、さらなるデマが流れることとなった。また、行列をさばくために配置された警備員を警察と勘違いする者も現れ、「警察が来ている!横領か何かがあって捜査に入っているんだ」と、信用金庫に対する別の噂まで発生した。信用金庫側はマスコミ各社に「倒産はデマ」と報じるように依頼し、日本銀行も会見を開いて信用金庫の経営が健全である旨を説明した。これにより、取り付け騒ぎは収束していった。詳しくみる ⇒参照元: 豊川信用金庫事件の犯人/女子高生のその後現在は?詳細などわか...

豊川信用金庫事件は、女子高生による冗談が原因で起きたデマ事件ですこの事件は、預金者が殺到して、豊川信用金庫が倒産しそうになるという事態にまで発展しましたこの事件は、デマの恐ろしさを改めて認識させました