Academic Box Logo

共立メンテナンスで安心!!行川アイランドの快適な滞在

共立メンテナンスで安心!!行川アイランドの快適な滞在

ライターのYUKOです。行川アイランドでの快適な滞在について、共立メンテナンスのサービスをご紹介します。

キョンの脱走

キョンの脱走https://sankei.comキョンの脱走は、野生化した先輩キョンに誘われたからかもしれないと書いてありますが、他にも考えられる理由はありますか?

飼育法のせい

行川アイランドは、戦前は旧日本軍の秘密基地でした。特撮ヒーローもののロケ地としても頻繁に活用され、子供たちに人気でしたが、鴨川シーワールドや東京ディズニーランドの開園と少子化の影響で来園者数が減り、2001年に閉園しました。キョンは、園の歴史の前半から飼育され、「放し飼い、もしくは半放し飼い」という飼育法だったため、脱走が何度かありました。野生化した先輩キョンに誘い出されて、飼育された後輩キョンが逃げ出す、なんてこともあったのかもしれません。詳しくみる ⇒参照元: 今はなき南国の楽園「行川アイランド」。その周辺で、ある生き物...

行川アイランド閉園の理由

行川アイランド閉園の理由https://chibanippo.co.jp行川アイランドが閉演したきっかけは?

人気観光施設のオープン

行川アイランドは、1970年には年間117万人の来場者数を記録し、駅まで設置されていた。しかし、70年代から鴨川シーワールドやマザー牧場などの多くの人気観光施設が近くでオープンしたため、年々来園者数が減少していった。そして、深刻な財政難に陥っていった行川アイランドは、2001年の8月31日に閉演した。現在の行川アイランド跡地は廃墟マニアに大人気となっている。詳しくみる ⇒参照元: 行川アイランド跡地の現在は?心霊現象や跡地の開発情報を紹介

行川アイランド跡地で野生化した動物

行川アイランド跡地で野生化した動物https://chibanippo.co.jp行川アイランド跡地で野生化している動物は何か

キョン

行川アイランド跡地では、キョンという鹿の一種が野生化して問題となっている。キョンは元々は行川アイランドで飼育されていたが、80年代から敷地外に逃げ出すようになり、近隣の畑を荒らすなど被害を及ぼしている。キョンが増えすぎたことで、地域の生態系にも大きな影響が出ることが予想されている。詳しくみる ⇒参照元: 行川アイランド跡地の現在は?心霊現象や跡地の開発情報を紹介

千葉県の有名な心霊スポット「行川アイランド跡地」の現在と歴史

千葉県の有名な心霊スポット「行川アイランド跡地」の現在と歴史https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com千葉県の有名な心霊スポットである行川アイランド跡地の現在と歴史について教えて

心霊スポット化された廃墟跡地。

かつては南国風レジャー施設として人気を博していた行川アイランドは、現在は心霊廃墟として注目される場所となっている。現在は数々の霊現象が多発し、千葉県外からも怖いもの好きが集まる場所となっている。心霊廃墟と噂されるようになってからは、軍事施設の跡地であったことに注目が集まり、目撃談が多数ある幽霊は、日本軍兵士の幽霊なのではという噂も飛び交った。詳しくみる ⇒参照元: 行川アイランド跡地の現在は?心霊現象や跡地の開発情報を紹介

入場者数減少の原因

入場者数減少の原因https://yuzupa.comアクセスが良くなったにもかかわらず、なぜ行川アイランドの入場者数は減り続けたのか?

アトラクションが陳腐化した。

バブル崩壊後の景気低迷とレジャーの多様化で、行川アイランドの入場者数と宿泊者数が減少して累積赤字が増加し続けました。1997年に東京湾アクアラインが開通して房総半島へのアクセスが改善されましたが、鴨川市や館山市方面と異なり接続道路から大きく外れ、また開通当初は通行料金が高額で通行量が少なく恩恵はほとんど得られませんでした。近隣の鴨川シーワールドは東京湾アクアライン開通を見越して施設拡張し、日本で初めてシャチが出産するなど話題性から集客力を得ましたが、行川アイランドはアトラクションの陳腐化などもあり2000年の入場者数は年間19万人まで減少し、売上高も最盛期の半分の6億円となりました。開園以来ショーを行ってきたフラミンゴが高齢化し、1羽50万円の購入費用も困窮し、2001年3月26日に日本冶金工業の取締役会で閉園を決定しました。詳しくみる ⇒参照元: 行川アイランド

南国の楽園の奇妙な吠え声の正体

南国の楽園の奇妙な吠え声の正体https://stat.ameba.jp南国の楽園と呼ばれた行川アイランドで、夜な夜な聞こえてくる奇妙な吠え声の正体とは?

キョンの吠え声

かつての南国の楽園、行川アイランド周辺で夜な夜な聞こえてくる奇妙な吠え声の正体は、外来生物であるキョンの吠え声である。キョンは中国南東部と台湾に分布する小型のシカで、房総半島南部一帯で大繁殖している。その特徴的な吠え声は、人や犬、鳥、サル、海獣など様々な動物に似ており、人々を恐怖に陥れている。詳しくみる ⇒参照元: 今はなき南国の楽園「行川アイランド」。その周辺で、ある生き物...

ノスタルジックな魅力ある行川アイランド

ノスタルジックな魅力ある行川アイランドhttps://stat.ameba.jp長い歴史がある人気スポットの行川アイランドですが、現在はどのような状況ですか?

再開発中

行川アイランドは、現在は再開発が具体的に進んでいます。行川アイランドの所有権は閉演後の2004年に、共立メンテナンスに渡っています。共立メンテナンスは2018年に地元の勝浦市と協力して、再開発に本格的に力を入れていくことを発表しました。2018年に共立メンテナンスは、具体的な再開発案を公表しています。その案によると、行川アイランドは立地を活かしたリゾートホテルとして再開発されるそうです。6階と7階の高層ホテルを2棟建設する予定であり、ホテルの周囲には房総湾の景色を一望できる専用列車も設ける予定もあると発表しています。再開発予定のエリアには県立公園の管轄エリアも含まれているため、千葉県からの認可を受けた共立メンテナンスは、現在より具体的な設計計画を立てているようです。ちなみに、跡地の再開発に元から積極的だった勝浦市は、この共立メンテナンスによる再開発案に全面的に賛成しています。2020年には完成予定のリゾートホテル。どのようなホテルになるのか、楽しみでしょう。詳しくみる ⇒参照元: 行川アイランド跡地の現在は?心霊現象や跡地の開発情報を紹介

行川アイランドの歴史

行川アイランドの歴史https://blog-imgs-48.fc2.comフラミンゴショーが人気のきっかけで来場者数が増加した時期はいつですか?

1970年

行川アイランドは1964年に開園し、フラミンゴショーの人気などにより1970年に年間117万人の入場者数を記録しました。しかし、近隣の鴨川町に鴨川シーワールドが開園すると、入場者数は減少しました。1976年には約50億円の負債を抱えて会社更生法を申請しましたが、日本冶金工業が経営を引き受け、現在は子会社の冶金興産株式会社が管理し、株式会社行川アイランドが運営を受託しています。開園当初は日本有数のアジサイ園を有していましたが、現在は一度も黒字になっていません。詳しくみる ⇒参照元: 行川アイランド

行川アイランド閉園の要因

行川アイランド閉園の要因https://chibanippo.co.jp行川アイランドの閉園決定の主な要因は何だったのか?

フラミンゴの高齢化と購入費用の困窮

バブル崩壊後の景気低迷やレジャーの多様化により、行川アイランドは入場者数の減少と累積赤字の増加に悩まされた。東京湾アクアライン開通も、接続道路から離れていたため大きな恩恵をもたらさなかった。加えて、フラミンゴのショーが陳腐化し、高齢化が進んだため購入費用の負担が重くなり、経営の継続が困難となった。これにより、2001年に閉園が決定された。詳しくみる ⇒参照元: 行川アイランド

千葉県のキョンの問題

千葉県のキョンの問題https://nhk.or.jp野生化したキョンが千葉県に与えている影響は?

農作物の被害

千葉県で唯一飼育されていたキョンが逃げ出して野生化し、2000年代以降、千葉県南部を中心に自然繁殖しています。2019年には千葉県全体で4万頭にまで増え、他県への侵入が懸念されています。キョンの野生化により、農作物が荒らされるという被害が発生しています。詳しくみる ⇒参照元: 懐かしい行川アイランド!?動画・画像で確認する行川アイランド...

行川アイランド閉園の経緯

行川アイランド閉園の経緯https://stat.ameba.jp閉園した理由は何ですか?

入場者数と売上高の減少

千葉県内に位置する行川アイランドは、1970年に最寄りの行川アイランド駅が開業し、当初は自然を基調とした鳥の楽園として多くの人々に親しまれていました。しかし、次第に入場者数と売上高が減少したため、2001年8月に閉園に至りました。フラミンゴショーやクジャクのダイビングショーなどのオリジナリティあふれる動物ショーも人気でしたが、閉園後は無人駅となった行川アイランド駅のみが残されています。詳しくみる ⇒参照元: 行川アイランド

行川アイランド跡地開発の遅延

行川アイランド跡地開発の遅延https://chibanippo.co.jp千葉県行川アイランドの跡地開発が遅れている理由は何か?

コロナ禍や建設資材高騰

千葉県行川アイランドは、2001年に閉園し、その後、共立メンテナンスが跡地を取得して「ウエルネスの森」として開発を目指していた。しかし、開発は進展せず、2018年に共立メンテナンスがホテル建設を計画したものの、コロナ禍や建設資材高騰により、2023年現在も着工が開始されていない。詳しくみる ⇒参照元: 行川アイランド

行川アイランド

行川アイランドhttps://i.pinimg.comこの施設は現在営業していますか?

いいえ

行川アイランドは、1964年から2001年まで千葉県勝浦市で営業していた動植物園を中心としたレジャー施設です。南国系の動物や鳥類、熱帯植物、プール、ホテル、野外ステージを備えた一大リゾート地として開発・運営されていました。現在では営業を停止しています。詳しくみる ⇒参照元: 行川アイランド

以上が、行川アイランドに関する問題と歴史の概要です