Academic Box Logo

織田秀信の子孫について知っておきたいこと

織田信長の孫にあたる織田秀信の血筋に関する情報をまとめました。

織田秀信の幼少期と織田家の後継者

幼くして祖父と父親を亡くした織田秀信は、誰の後継者として擁立された?

織田家の

織田信長の孫であり嫡孫であった織田秀信は、幼少時に本能寺の変で祖父と父親を亡くした。

その後、織田信長の家臣である豊臣秀吉が明智光秀を討ち、清洲会議で織田家の後継者を決めることになった。

織田信長の息子らと織田家の重臣らが尾張国清洲城に集まり、織田秀信を織田家の後継者として擁立した。

詳しくみる ⇒参照元: 織田秀信(三法師) 日本史辞典/ホームメイト

織田家の悲劇

織田信忠の嫡男として誕生した三法師はその後どうなった?

幼くして亡くなった。

清洲会議で織田家の家督を継承した三法師は、幼少期から不遇な人生を送った。

信忠とともに本能寺の変で横死し、家督は叔父・信孝が継いだ。

三法師の死後、信孝は羽柴秀吉に攻められ、切腹を命じられた。

詳しくみる ⇒参照元: 清洲会議以降はどうなった?「三法師(織田秀信)」その後の人生...

三法師の立場

織田家の後継者になった三法師は、どのような立場にあったのでしょうか?

嫡孫

三法師は、信長の嫡孫として誕生しました。

そのため、家督を相続する立場にありました。

当時3歳だった三法師は、本能寺の変が起きた時、岐阜城にいたことで難を逃れました。

しかし、父と祖父を同時に失った三法師は、その後、周囲の大人たちに翻弄される人生を歩むことになります。

清洲会議にて、織田家の後継者となりましたが、最終的には豊臣秀吉によって追放されてしまいます。

詳しくみる ⇒参照元: 清洲会議以降はどうなった?「三法師(織田秀信)」その後の人生...

岐阜城主織田秀信の政治

織田秀信は、城主としてどのような政治を行っていたか

経済振興と民政安定。

織田秀信は、1593年に豊臣秀吉から美濃国を与えられ、岐阜城主として治政を行った。

織田秀信は、祖父・織田信長の治世を手本に、経済振興策である「楽市楽座」を行い、また、寺院や鵜飼を保護している。

また、この時代の領内では一揆や騒動が起きていないことから、織田秀信は過酷な城主ではなかったと考えられている。

詳しくみる ⇒参照元: 織田秀信(三法師) 日本史辞典/ホームメイト

織田秀信の出陣

織田秀信は、文禄の役に出陣したか?

出陣していない。

織田秀信は、文禄の役に出陣する予定はなかった。

しかし、岐阜羽柴家の豊臣秀勝が没したため、その遺領である美濃国13万石と岐阜城を秀信に与えられた。

秀信は、秀勝の養子として継承したと「勢州軍記」には記されている。

詳しくみる ⇒参照元: 織田秀信

崇福寺の血天井

血天井として有名な崇福寺の天井に使われているのは、何の血?

家臣の血

関ヶ原の戦いで岐阜城を守りきれず多くの家臣を失った織田秀信は、出家して高野山で修行するも迫害を受け、26歳の生涯を終えました。

崇福寺の血天井は、織田秀信の家臣38名が切腹し、その血を吸った岐阜城の床板が供養のために譲り受けられたものです。

詳しくみる ⇒参照元: 織田秀信(三法師) 日本史辞典/ホームメイト

関ヶ原の戦い後、秀則の行方

関ヶ原の戦い後、秀信と共に高野山に向かう予定だったが、途中で何をしていたか?

情報なし

織田兄弟は関ヶ原の戦いで西軍に付き、東軍に奮戦。

秀信は派手な鎧兜を着用して戦ったと伝えられています。

しかし米野の戦いで敗北し、岐阜城も陥落。

秀信は改易され高野山に送られました。

秀則は当初秀信とともに高野山に向かう予定でしたが、途中で何があったかは書かれていません。

詳しくみる ⇒参照元: 織田秀則ってどんな武将?ドイツの貴族と評された織田秀信の弟

織田秀信の妻たち

織田秀信の妻は誰ですか?

正室と継室がいます。

織田秀信の妻として記録に残っているのは、正室の和田孫大夫の娘と、継室の生地町野の2人です。

正室は和田氏庶流和田氏一族の和田孫太夫の娘で、関ヶ原の戦いの際に、織田秀信の母、正室、娘は大坂城で人質となっていました。

継室の生地町野は銭坂城主・生地真澄の娘で、関ヶ原の戦いで西軍に属したため改易されてしまいました。

詳しくみる ⇒参照元: 織田秀信(三法師)が高野山に入山できなかった理由と墓所、妻と...

織田秀信が入山を許されなかった理由

織田秀信が入山を許されなかった理由は何ですか?

織田信雄・信孝の敵視と豊臣秀吉の監視

清洲会議でわずか3歳で織田家当主となった織田秀信は、幼少期から織田信雄、織田信孝から敵視され、豊臣秀吉から監視されていました。

また、織田秀信を担ぎ上げた豊臣秀吉は、豊臣政権を確立するために、織田信長の後継者は豊臣家であり、織田秀信は豊臣家の後継者であることを示すため、織田秀信を岐阜城主としました。

そのため、織田秀信は高野山に入山することが許されなかったのです。

詳しくみる ⇒参照元: 織田秀信(三法師)が高野山に入山できなかった理由と墓所、妻と...

織田秀信の高野山入山拒否

織田秀信が高野山に入山できなかった理由は?

織田信長が高野山を攻めたため

織田秀信は、織田信長の孫として高野山に入山することを希望したが、織田信長が高野山を攻めたため、入山を拒否されてしまった。

その後、入山を許されるも、高野山で肩身の狭い日々を過ごした。

慶長10年(1605年)5月8日、織田秀信は橋本で再び生活を送ろうと移住したが、わずか19日後の27日、橋本にある向副にて26歳で亡くなった。

詳しくみる ⇒参照元: 織田秀信(三法師)が高野山に入山できなかった理由と墓所、妻と...

織田秀信の子ども

織田信長の嫡流の子孫は途絶えたと言われているが、織田秀信には子がいたという説もある

3人の息子、1人の娘

織田信長の嫡流の子孫は織田秀信で途絶えたと言われているが、織田秀信には正室、継室、側室がおり、息子が3人、娘が1人いたという説がある。

しかし、この説の根拠は文献ではなく、子孫の自称に基づいているため、明確な証拠はない。

織田秀信の娘は六角義郷の側室として嫁ぎ、六角氏郷を産んだという説もあるが、この書物の信頼性は極めて低いとされている。

詳しくみる ⇒参照元: 【深い】織田信長の子孫や末裔たちをわかりやすく解説。

悲運の織田秀信

織田秀信の悲運な人生はどのようにして始まったか?

本能寺の変

織田秀信は織田信長の孫だったが、幼い頃から豊臣秀吉の傀儡とされた。

関ヶ原の戦いでは西軍に属し改易され、高野山に送られた。

そして、26歳の若さで亡くなった。

詳しくみる ⇒参照元: 織田秀信ってどんな武将?清須会議で織田家の当主となるも悲劇の...