Academic Box Logo

データサイエンスエキスパート試験の難易度と統計検定の関係を解説

データサイエンスエキスパート試験の難易度と統計検定の関係を解説

ライターのYUKOです。データサイエンスエキスパート試験の難易度と統計検定の関係について解説します。

統計検定1級合格の科目

統計検定1級合格の科目https://toukei-lab.com1級合格に必要な科目は?

統計数理と統計応用

統計検定1級に合格するには、統計数理と統計応用の2つの試験に合格する必要がある。統計数理は5題の中から3問を選択し、統計応用は5題の中から3問を選択する。試験時間は、統計数理が午前中に90分、統計応用が午後90分となる。詳しくみる ⇒参照元: AIエンジニア・データサイエンティストになるなら受けておきた...

データサイエンス学習の目標設定

データサイエンス学習の目標設定https://tech-teacher.jpデータサイエンスについて学ぶ人は、どのような目標を設定すれば良いか?

統計検定のデータサイエンス合格

データサイエンスを学ぶ人のメリットには、企業から必要とされやすくなること、大学や大学院での評価が高くなりやすいこと、明確な目標が設定できることの3つがあります。統計検定のデータサイエンスに合格することで、これらのメリットを享受することができます。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定のデータサイエンスは難しい?難易度と合格率を種類別に...

電卓の持ち込みについて

電卓の持ち込みについてhttps://alliancellp.net電卓の持ち込みは可能ですか?

はい

統計検定2級では電卓の持ち込みは可能です。ただし、関数電卓は使用不可です。統計検定2級では四則演算や百分率、平方根の計算ができる電卓が使用できます。使い慣れた電卓を忘れずに持参しましょう。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定2級とは?難易度や必要な数学レベル、勉強法・参考書ま...

統計検定:データ分析と機械学習に必須の資格

統計検定:データ分析と機械学習に必須の資格https://static.mercdn.netデータ分析や機械学習を学ぶ上で必須の資格といえば?

統計検定

統計検定は、データサイエンスや機械学習の基礎となる統計学の知識を証明する資格です。準1級はCBTで受験できる資格の中では最も難易度が高く、幅広い知識と実社会への応用力が求められます。2級は、業務で最低限活用できるレベルの資格であると言われています。大学数学基礎(理工系学生の学部1〜2年次程度)レベルの問題が出題されます。1級は、「統計数理」と「統計応用」という2つの試験が実施されます。それぞれ個別に合否が認定され、両方の合格証によって「統計検定1級」の資格を得られます。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定とは|合格率や難易度、取得するメリット、勉強方法を紹...

データサイエンス発展資格取得に向けた準備

データサイエンス発展資格取得に向けた準備https://freely-study.comデータサイエンス発展の資格を取得するためにはどんな準備が必要ですか?

数学・統計学を深く理解すること

データサイエンス発展試験では、数学・統計学についての内容が多く含まれるため、学習においても数学・統計学の理解をいかに深めるかがポイントになります。また、Pythonでのプログラミング経験があればやや難易度が下がるので、学習の難易度は下がります。ただし、単にプログラミングができるだけで有利になるという訳ではありません。Pythonのプログラムと数学・統計などを組み合わせた問題も出題されているため、コードの意味や処理の内容について深く理解しておく必要があります。詳しくみる ⇒参照元: データサイエンス発展(Ds発展)とは?基本情報・試験内容、難...

データサイエンスに関する検定の難易度

データサイエンスに関する検定の難易度https://laibo-jobq.s3-ap-northeast-1.amazonaws.comデータサイエンスに関する検定である統計検定の中でもっとも基礎的な検定は?

データサイエンス基礎

統計検定データサイエンスは、膨大なデータを分析して有効的に活用するための知識やスキルが問われる検定です。難易度は低い順から、データサイエンス基礎、データサイエンス発展、データサイエンスエキスパートに分類されます。データサイエンス基礎は、Excelを使用したデータサイエンスが中心で、関数やピポットテーブルなどの機能を使いこなす必要があります。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定のデータサイエンスは難しい?難易度と合格率を種類別に...

DS発展で問われる内容

DS発展で問われる内容https://cdn-ak.f.st-hatena.comDS発展では何を問う試験か?

データサイエンスに関する知識

DS発展は、データサイエンスに関する知識を問う試験です。データ分析に活かせる内容が含まれており、データサイエンスを学習したい場合にも適しています。DS基礎とは異なり、Excelでのデータ処理スキルを問う試験ではありません。出題範囲は、統計学、データ分析、機械学習、人工知能などです。試験問題は、多肢選択や数値・文字入力形式で、試験結果は試験終了後すぐにレポートとして確認することができます。詳しくみる ⇒参照元: データサイエンス発展(Ds発展)とは?基本情報・試験内容、難...

統計検定1級の合格基準

統計検定1級の合格基準https://m.media-amazon.com統計検定1級の合格基準は?

S、A、ランク無し、不合格者上位何%かの4段階

統計検定1級は統計学の能力を証明する上で申し分ない資格ですが、合格基準は非公表です。合格すると、S、A、ランク無し、不合格者上位何%かの4段階のいずれかの通知が送付されます。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定とは?10種の試験内容と難易度、キャリアにマッチする...

データサイエンスエキスパートの難易度と合格率

データサイエンスエキスパートの難易度と合格率https://crossnote.jpデータサイエンスエキスパートの難易度と合格率は?

大学専門レベルで、合格率は約25%と考えられる。

データサイエンスエキスパートの難易度は、大学の専門レベルである、統計検定準1級や1級と同等である。そのため、合格率も同程度で、約25%と考えられる。特に、エンジニアのように、すでにデータサイエンスに詳しくなっている人でなければ、1回で合格するのは難しい。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定のデータサイエンスは難しい?難易度と合格率を種類別に...

統計検定CBT方式の試験日

統計検定CBT方式の試験日https://sougyouschool.jpCBT方式の統計検定を受ける場合、試験日や場所は決まっていますか?

いつでも受験可

CBT方式の統計検定は、特定の試験日は決められておらず、試験会場が指定している日であれば、受験者が希望する日にいつでも受験することができます。そのため、受験生は自分の都合に合わせて試験を受けることができます。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定の難易度は?4級〜1級の合格率と受験級の選び方を解説

DSエキスパート試験について

DSエキスパート試験についてhttps://takaishi-ind.co.jpデータサイエンス(DS)のエキスパートを認定する試験として、2023年5月から実施されているのは?

データサイエンス(DS)エキスパート試験

統計検定には、データサイエンス(DS)を対象とした試験が実施されています。2023年5月からDSエキスパート試験がCBTにより運用開始となり、DS発展試験やHPDS基礎試験など他のDS試験も含めてまとめてご紹介します。DSエキスパート試験は、数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアムの応用基礎レベルのモデルに準拠した内容で、モデリングを中心に計算やプログラミングの知識を必要とする問題が課されます。これらの試験はCBTのため、問題は公開されていませんが、公式のHPではサンプル問題がアップロードされています。詳しくみる ⇒参照元: 【速報】統計検定 データサイエンス(Ds)エキスパート試験に...

統計検定の取得に意味がない理由とは?

統計検定の取得に意味がない理由とは?https://crossnote.jp統計検定の取得が意味がないと言われるのはどのような点?

時間、労力、お金がかかる割には役に立たない。

統計検定の取得は、時間、労力、お金がかかる割には役に立たないと考える人もいる。資格取得に費やす時間や労力は大きく、そのわりに得られるリターンが少ないと感じてしまう人も少なくない。資格学習にかかるお金も無視できない。統計検定の受験料は1万円を超える上、資格取得のために参考書や問題集を購入する必要もある。また、資格学習のための講習会や講座を受講するとなると、さらに費用がかさむ。詳しくみる ⇒参照元: 現役AI講師が解説!統計検定は意味ない?取得メリット・使い道...

データサイエンス基礎の難易度

データサイエンス基礎の難易度https://kspub.co.jpデータサイエンス基礎の難易度はどう?

易しい

統計検定データサイエンス基礎は、データサイエンスで利用する統計学に関する基本的な知識を測る試験で、データサイエンスやデータサイエンティストに関する資格の中では最も易しい試験と言われています。試験はCBT方式で、全国の受験センターでいつでも受験できます。DS基礎の合格率は約70%で、比較的合格しやすい試験です。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定データサイエンス(Ds)基礎とは?難易度や勉強方法

統計検定のメリットと難易度は?

統計検定のメリットと難易度は?https://skillupai.com統計検定の資格を取得することでどんなメリットが得られるのか?

データに基づく判断と問題解決の証明

統計検定とは、統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験で、合格すればデータに基づき物事を判断でき、問題を解決していく能力があると証明できます。資格を取得することで、就職や転職の際に有利になる可能性があります。また、統計検定は10種類あり、それぞれに異なる難易度の問題が出題されます。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定とは?各級の試験概要や受験メリット、勉強方法まで解説

統計検定2級のメリット

統計検定2級のメリットhttps://bellcurve.jp統計検定2級の資格を取得することで、どのようなメリットが得られるのか?

スキルアップ

統計検定2級は、理系大学レベルの数理・統計知識を問う資格試験です。この資格を取得することで、データサイエンス力、データエンジニアリング力、ビジネス力の3つのスキルが身につきます。これらのスキルは、データサイエンティストとして活躍するために必要なスキルであり、資格を取得することで、就職や昇進に有利になります。また、統計検定2級は、DXやAI活用の文脈で注目を集めており、この資格を取得することで、最新のテクノロジーを理解し、活用する能力を身につけることができます。詳しくみる ⇒参照元: 現役AI講師が解説!統計検定は意味ない?取得メリット・使い道...

統計検定の10種別

統計検定の10種別https://m.media-amazon.com統計検定の10種別は?

10種別

統計検定は、統計データに基づく客観的判断力、問題を科学的に解決する知識と能力、そして統計集計結果をビジネスに活かす力を評価します。まだメジャーとは言えない資格ではありますが、総務省や文科省などの国の機関も後援しているため、持っておくと重宝する資格です。あらゆるレベルのニーズを満たすために、統計テストは下記の10種別に分かれています。1.統計検定1級2.統計検定準1級3.統計検定2級4.統計検定3級5.統計検定4級6.統計検定 統計調査士7.統計検定 専門統計調査士8.統計検定 データサイエンス基礎9.統計検定 データサイエンス発展10.統計検定 データサイエンスエキスパート。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定とは?統計検定の10種別を徹底解説!

統計検定DS基礎:合格証が届くまでにかかる時間

統計検定DS基礎:合格証が届くまでにかかる時間https://catcherweb.com合格証が届くまでどれくらいの時間がかかる?

4〜6週間

統計検定DS基礎は、データサイエンスや統計学の基礎的な知識とスキルを身につけたいと考えている方に適した検定です。合格した場合、試験から4〜6週間後に合格証が送られます。過去問は公開されていませんが、公式サイトにサンプル問題が掲載されているので、どのような問題が出題されるかを確認できます。合格するために必要な学習時間は、どの程度Excelに慣れているか、また、統計学をどの程度理解しているかによって大きく変わります。統計学を統計検定2級レベルまで理解している場合、Excelに慣れる訓練をするだけで合格できる可能性が高いため、20〜30時間程度の学習時間で済むでしょう。一方、統計学もExcelも一から勉強する場合、50〜100時間程度の学習時間が必要となるでしょう。統計検定DS基礎は、データ分析や統計的手法を用いた業務に従事する可能性がある方におすすめです。就職や転職の際に評価される可能性はありますが、データサイエンス関連の統計検定の中で最も簡単なものなので、実務レベルのスキルを求められる場合は、あまり評価されない可能性があります。就職や転職に役立つ資格を取得したい場合は、より実践的なスキルを証明できる資格を取得した方がよいでしょう。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定データサイエンス(Ds)基礎とは?難易度や勉強方法

統計検定準1級合格への近道

統計検定準1級合格への近道https://mimikousi.com統計検定準1級に合格するのに、どのような参考書が適しているか?

自然科学の統計学

統計検定準1級の参考書として、特に「自然科学の統計学」が適しています。この参考書は、「マルコフ連鎖と確率過程の基礎」や「回帰分析」など、応用的な分野を詳しく解説しています。また、「データ解析のための統計モデリング入門」は、「質的回帰」「モデル選択」「ベイズ法」の内容をわかりやすくまとめており、ワークブックの内容がわからない場合に役立ちます。統計検定準1級は、幅広い統計学の知識と活用力を認定する試験であり、ビジネスでの知名度・評価も高いため、統計学やデータ分析を活かした仕事を行う上でのアピールや自己研鑽に最適です。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定準1級とは? 難易度や勉強法・勉強時間、参考書類を紹...

統計検定2級の配点の高い分野とは

統計検定2級の配点の高い分野とはhttps://cdn-ak.f.st-hatena.com統計検定2級で配点の高い分野は?

仮説検定と回帰分析

統計検定2級は、語句の意味を問われる問題よりも、数式を活用して応用的に問題を解くことが求められます。特に、仮説検定と回帰分析は出題傾向が高く、配点も高いため、重点的に学習する必要があります。過去問を反復して解き、問題のパターンを認識できるようになることが重要です。また、統計検定2級のチートシートを活用することで、公式を素早くチェックすることができ、学習効率を高めることができます。詳しくみる ⇒参照元: 現役AI講師が解説!統計検定は意味ない?取得メリット・使い道...

統計検定合格のための勉強法と難易度

統計検定合格のための勉強法と難易度https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com統計検定2級合格のため、最低どれくらいの勉強時間が必要ですか?

80~100時間

統計検定の難易度は、どの検定種別を受験するかで変わる。2級以上は難しく、初心者は80~100時間勉強する必要がある。勉強方法は、関連書籍を読む、オンライン講座を受ける、過去問を解く、の3つ。合格率は、3級が75.6%、4級が72.8%、2級が34.1%、準1級が23.6%。統計調査士や統計データサイエンスの難易度はやや易しいと言われている。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定とは?各級の試験概要や受験メリット、勉強方法まで解説

統計検定準1級合格のための勉強法

統計検定準1級合格のための勉強法https://sugakubunka.com統計検定準1級に合格するにはどんな勉強をすれば良いか

問題演習と参考書・テキストの併用

統計検定準1級に合格するには、問題演習を何度も繰り返し、知識の定着を図ることが大切です。ある程度過去問の内容が理解できるようになれば、本番同様に120分の時間を計って回答にあたると、試験時間の間隔を掴むことができます。また、統計検定準1級では、ワークブックを中心に問題が出題されるため、基本的にはワークブックに沿って学習を進めていきます。しかし、統計検定準1級は範囲が広いため、公式のワークブックやテキストでは説明が簡略化されている部分も多くなっています。そのため、詳細な内容は分野ごとの参考書を使用し、情報を補足する必要があります。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定準1級とは? 難易度や勉強法・勉強時間、参考書類を紹...

試験対策で問題数をこなすメリット

試験対策で問題数をこなすメリットhttps://data-viz-lab.com試験対策で、問題数をこなすメリットは?

経験と時間感覚が身につく

統計検定1級では、限られた時間内に問題を解ききれる必要があるため、過去問や演習を用いて試験問題を解くことに慣れ、経験と時間感覚を掴んでおくことが重要である。問題数をこなすことで、問題の傾向や解き方のパターンを把握し、試験本番で落ち着いて問題を解くことができるようになる。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定1級とは? 難易度や勉強法・勉強時間、参考書類を紹介...

統計検定3級の難易度・勉強方法

統計検定3級の難易度・勉強方法https://toukei-lab.com統計検定3級で求められる知識とは?

統計の基本知識・複数の数式

統計検定3級では、大学基礎統計学の知識を利用して求められる統計活用力が問われます。難易度は高くはないものの、統計の基本的な知識・複数の数式を満遍なく学ぶことが必要になります。勉強方法は、統計検定の基本的な知識を学ぶ、過去問を解いて問題の傾向・難易度を把握する、間違いやすい問題を復習するの3つがおすすめです。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定3級の難易度や勉強方法を現役データサイエンティストが...

DS基礎の学習方法

DS基礎の学習方法https://ukatta.jp統計学の知識がある場合とない場合、DS基礎の学習方法はどのように異なりますか?

統計学の知識がある場合はExcel処理を学ぶ、未経験者は統計学基礎知識を学ぶ

統計学の知識がある場合とない場合、DS基礎の学習方法は異なります。統計学の知識がある場合は、Excelによる統計処理を学ぶことができます。統計学の知識がない場合は、まず統計学の基礎知識を一通り学んだ後、Excel処理をしながら理解を深めていく学習方法がおすすめです。DS基礎試験は、公式の参考書や過去問がありません。統計の理論部分の理解を深めたい場合は、統計検定2級の公式テキストである「統計学基礎(東京図書刊)」を用いると良いでしょう。データのハンドリングについては、公式から提供されているサンプルデータセットを用いて処理方法を学ぶことができます。統計学未経験から学習する場合未経験からDS基礎の学習をする場合、まずは統計学で用いられる手法や数式について把握し、そのあと実際に手を動かしながら学習する方法が知識も定着しやすいためおすすめです。先ほど挙げた「統計学基礎(東京図書刊)」のうち、DS基礎の試験範囲に当たる内容にひととおり目を通し、量的データや質的データ、確率分布といった統計知識を習得しましょう。もっとも、本書は内容が初学者向けではなく、理解が難しい内容が多くあります。より入門向けの一般書籍として、「ゼロから始める 統計入門(マイナビ出版)」をおすすめします。こちらの書籍はDS基礎の試験範囲をカバーしており、さらにExcelを使いながら学習を進めていく構成になっています。複雑な数式も少なく直感的に理解できる内容なので、初学者から統計処理に必要な理論をわかりやすく身につけることができます。本書で理解を深めた後、不足している部分を「統計学基礎」を確認して知識を定着させると良いでしょう。ある程度データ処理の手法が理解できたら、公式のサンプル問題や学習サービスなどで提供されているデータセットを用いて、実際に分析をしてみましょう。Excelを用いたデータ処理は慣れが必要なので、わからない部分を調べながらどんどん実践してみることが重要です。詳しくみる ⇒参照元: データサイエンス基礎(Ds基礎)とは?基本情報・試験内容、難...

試験勉強の優先順位の決め方

試験勉強の優先順位の決め方https://livedoor.blogimg.jp試験勉強の優先順位を決める際に大切なことは?

得意・苦手、分かる・分からない

試験勉強の優先順位を決める際には、得意・苦手、分かる・分からない の2軸で試験範囲の勉強で優先するテーマをリサーチすることから始めると効率的です。参考になるテキストはいくつかありますが、下記の教材は学習の進める中での概要がよくまとまっています。応用基礎としてのデータサイエンス AI×データ活用の実践 北川源四郎(編),竹村彰通(編),その他 講談社本質を捉えたデータ分析のための分析モデル入門 杉山聡(著) ソシム演習をこなしたい方は、統計検定の2級〜準1級レベルをやっておくと試験範囲が重複するので、統計学の演習本や統計検定の過去問集がおすすめです。統計学演習 村上正康(著),安田正実(著) 培風館日本統計学会公式認定 統計検定準1級公式問題集[CBT対応] 日本統計学会(編) 実務教育出版。詳しくみる ⇒参照元: 【速報】統計検定 データサイエンス(Ds)エキスパート試験に...

統計検定2級合格への道

統計検定2級合格への道https://mimikousi.com統計検定2級合格のために重要なことは?

落ち着いて受験

統計検定2級に合格するためには、過去問で高得点を取っても油断しないことと、本番で落ち着いて受験することが大切です。初めての人は、PCでの受験に慣れていなかったり、慣れない環境で焦ったりするかもしれませんが、普段の勉強のように落ち着いて受験しましょう。詳しくみる ⇒参照元: 理系大学院生が統計検定2級をギリギリ合格した件 #データサイ...

データサイエンス基礎とデータサイエンス発展の違い

データサイエンス基礎とデータサイエンス発展の違いhttps://tech-teacher.jpデータサイエンス基礎とデータサイエンス発展のどちらを受験したら良いか?

得意な科目から受けるのが良い。

データサイエンス基礎はExcelを使用した実践的な分析力を問う試験、データサイエンス発展は統計学・数学やデータサイエンスに関する知識を問う試験である。どちらも統計検定2級よりも易しい。詳しくみる ⇒参照元: コラム 詳細|データサイエンスアカデミー

統計検定準1級の難易度

統計検定準1級の難易度https://mimikousi.com統計検定準1級で満遍なく出題される出題範囲を簡単に教えてください

母集団、推定、検定

統計検定準1級は、データを読み取る読解問題、母集団の推定や検定、標本の集め方、確率の計算などが出題されます。出題範囲は広く、難易度は高いので、合格のためには効率的な学習が必要です。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定準1級とは? 難易度や勉強法・勉強時間、参考書類を紹...

データサイエンス資格の種類と難易度

データサイエンス資格の種類と難易度https://d3vjgmbflpysnn.cloudfront.netデータサイエンスの資格はどのような種類があり、どのような難易度でしょうか?

データサイエンス資格には「DS基礎」「DS発展」「DSエキスパート」の3種類があります。難易度はDS基礎が最も易しく、DSエキスパートが最も難しいです。

データサイエンス資格には「DS基礎」「DS発展」「DSエキスパート」の3種類があり、難易度はDS基礎が最も易しく、DSエキスパートが最も難しいです。DS基礎は大学入試レベルの数学知識とExcelを用いたデータ処理スキルが必要で、未経験の場合は学習時間を確保する必要があります。統計検定2級以上を取得済みの人は難易度は大幅に下がります。DS発展やDSエキスパートなどの上位の資格からの挑戦も視野に入るでしょう。詳しくみる ⇒参照元: データサイエンス基礎(Ds基礎)とは?基本情報・試験内容、難...

資格試験合格への道

資格試験合格への道https://shop.r10s.jp資格試験対策には何が必要か?

過去問を解き、テキストや問題集を活用する。

資格試験に合格するためには、過去問を解き、テキストや問題集を活用することが重要です。過去問を解くことで、試験本番を意識して勉強することができます。また、テキストや問題集を活用することで、重要な箇所を効率的に学習することができます。さらに、セミナーに参加して、統計学の勉強に役立つ情報を収集することも有効です。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定とは?各級の試験概要や受験メリット、勉強方法まで解説

統計学入門書

統計学入門書https://long-life-tour.comこの本の著者はどんな人?

北海道大学の先生

この本は、北海道大学の先生が執筆した統計学の参考書です。著者は20年以上理系学部2-3年への統計学講義を続けてきた実績があり、カリキュラムは「仮説検定」「相関分析」「単回帰分析」など統計検定2級程度の必須統計知識を網羅しています。本書の特徴は、数学のハードルが低く、カラーかつ図でわかりやすく説明していることです。詳しくみる ⇒参照元: 現役AI講師が解説!統計検定は意味ない?取得メリット・使い道...

DSエキスパート試験の予想問題

DSエキスパート試験の予想問題https://pc-yanagi.comDSエキスパート試験の問題は著作権で守られているが、どんな情報があるのか

基礎ベース知識と、最近の統計手法

DSエキスパート試験の問題は著作権で守られており、詳細は不明ですが、基礎ベースの知識と、最近の統計手法に関する問題が出題されると予想されます。そのため、DS検定(統計検定と異なるもの)レベルや統計検定2級程度の知識があると、基礎ベースが作れるでしょう。詳しくみる ⇒参照元: 【速報】統計検定 データサイエンス(Ds)エキスパート試験に...

統計検定1級の試験対策教材

統計検定1級の試験対策教材https://m.media-amazon.com統計検定1級の試験対策として、どのような教材が利用できるか?

参考書と過去問集

統計検定1級は、統計学の深い知識と応用力を認定する試験で、統計学を活用する職種において知名度・評価ともに高く、データの解析に関連するスキルのアピールや自己研鑽に最適です。統計検定1級の試験対策として、統計検定1級の内容を意識して執筆された参考書と、統計検定の過去問集を利用することができます。参考書は解説が非常に丁寧で、曖昧な概念についても数式で詳細に解説されています。章末問題と解説の量も充実しており、この書籍でしっかりと演習をこなすことで確実に実力をつけることができます。過去問集は、統計検定の過去問が掲載されており、自身の理解度の確認と出題の傾向を掴む用途に使用することができます。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定1級とは? 難易度や勉強法・勉強時間、参考書類を紹介...

データサイエンスの基本を問う資格

データサイエンスの基本を問う資格https://skillupai.com統計検定DS基礎とは何か?

データサイエンスの基本となる統計学の知識と、Excelを用いたデータ処理のスキルを問う資格です。

データサイエンスの基本となる統計学の知識と、Excelを用いたデータ処理のスキルを問う資格です。理論を押さえながら実務的なデータハンドリングスキルも身につけることができる実践的な内容となっており、勉強で身につけたExcelでのデータ処理は、実務でもすぐに生かすことができます。業務に直接活用できる知識を習得できる点でも、DS基礎は非常に良い資格と言えるでしょう。詳しくみる ⇒参照元: データサイエンス基礎(Ds基礎)とは?基本情報・試験内容、難...

統計検定3級と2級の難易度比較

統計検定3級と2級の難易度比較https://static.mercdn.net統計検定3級と2級の難易度を比較して、どちらが難しいのか

2級が難しい

統計検定3級は、大学や社会人で始めて受ける方が4級をとばして始めても問題ない難易度ですが、2級は大学で統計基礎分野を修了した程度なので、統計学を専門的に学ぶ機会がなかった人には難しいでしょう。数学的知識(特に微分積分)が必要なため、文系で数学が苦手な方は問題を理解するのが難しいでしょう。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定とは?統計検定の10種別を徹底解説!

データ分析の重要性

データ分析の重要性https://dsk-cloud.comデータハンドリング技能、データ解析技能、解析結果の適切な解釈で、一番重要な能力は何ですか?

解析結果の適切な解釈

データハンドリング技能は、データを自由に操作、加工する力。データ解析技能は、Excelでの基本的なデータ分析に必要な能力。解析結果の適切な解釈は、推定や検定など、確率による意思決定に関する能力。データハンドリング技能、データ解析技能、解析結果の適切な解釈で、一番重要な能力は解析結果の適切な解釈です。統計検定DS基礎の合格率は5割程度ではないかと推測できます。詳しくみる ⇒参照元: 統計検定データサイエンス(Ds)基礎とは?難易度や勉強方法

データサイエンス試験「基礎」と「発展」の違い

データサイエンス試験「基礎」と「発展」の違いhttps://xica.netデータサイエンスの試験で「基礎」と「発展」の違いは何ですか?

「基礎」はデータサイエンスの基礎知識、「発展」はデータサイエンスの応用知識

統計検定には4級から1級とは別に、「データサイエンス基礎」と「データサイエンス発展」という試験があります。「データサイエンス基礎」はデータサイエンスの基礎知識を問う試験、「データサイエンス発展」はデータサイエンスの応用知識を問う試験です。「基礎」ではデータサイエンスの基本的な概念や手法を、「発展」ではデータサイエンスをビジネスや社会問題の解決に応用する知識を問われます。詳しくみる ⇒参照元: コラム 詳細|データサイエンスアカデミー

「統計検定」は「データサイエンスエキスパート試験」の勉強にも役立ちます