Academic Box Logo

越谷の竹下家、その後の波乱万丈なストーリー。一家は今何をしているのか!!

ライターのYUKOです。越谷の竹下家、その後の波乱万丈なストーリーをご紹介します。一家は今何をしているのでしょうか。

竹下家北海道移住失敗の原因

北海道への移住失敗の原因は?

浪費・職場トラブル

竹下家は北海道に移住したが、浪費や職場トラブルにより出戻りを余儀なくされた。

浪費の例としては、北海道で築100年の家を改修した際に、2@–@000万円もの費用がかかったことが挙げられる。

また、職場トラブルとしては、竹下勝裕氏が勤務先でパワハラを受けたことが挙げられる。

詳しくみる ⇒参照元: 竹下家のその後。浜頓別の自宅の現在。娘のブログと骨肉腫の噂

漂流家族 竹下家の母の名前は?

このドキュメンタリー番組『漂流家族 竹下家』の母親の名前は?

敦子

大家族「漂流家族 竹下家」は、2009年にフジテレビ系の番組『ザ・ノンフィクション』で放送されたドキュメンタリー番組である。

竹下家は埼玉県に住む、父親と母親、全員が女の子という6人姉妹の8人家族である。

生活が困窮していたことから、北海道・浜頓別の自治体が行っていた街の活性化計画である田舎移住計画に参加した。

しかし、両親の無謀な散財により、マイホームを建てる貯金が貯まらず、町との約束の3年が過ぎてしまった。

両親は現地でお世話になっていた牧場経営の桜庭さんに保証人になってもらいマイホームを建てたが、直後に仕事を辞めてしまいローンが払えなくなった。

一度は職場に頭を下げて復帰したが、両親は再び仕事を辞めてしまい埼玉に戻ることを余儀なくされた。

埼玉に戻っても状況は改善されず、両親は定職につかずに子供の収入に頼りながらも贅沢な暮らしを続けた。

北海道のマイホームのローンを支払っていないことが発覚し、桜庭さんが激怒して埼玉までやって来た。

母親が北海道に戻ることで桜庭さんも納得したが、その後母親が失踪し、この番組は終了となった。

詳しくみる ⇒参照元: 漂流家族・竹下家の現在!家系図やその後のエピソードまとめ【大...

竹下家の山村留学とマイホーム新築

竹下家はどのような条件で浜頓別に移住した?

マイホームを建てること

竹下家は、浜頓別に移住して3年のうちに現地にマイホームを建てることを条件に、その間の住居や仕事等を自治体が世話してくれる山村留学を利用した。

生活が困窮していた竹下家にとってこれは救いの神のように映り、意気揚々と北海道に移住した。

しかし、両親が無計画に散財を繰り返したため、3年以内に家を建てるための堅実な貯蓄ができず、頭金が用意できない状態に陥った。

そこで、普段からお世話になっていた近所の牧場を経営する桜庭正昭さんに保証人にして頭金なしの30年ローンを組むことを思い立った。

桜庭正昭さんは町おこしの為ならとあっさりと快諾したが、当時竹下勝裕さんは43歳で、住宅ローンを支払い終えるのは73歳と言うことになった。

詳しくみる ⇒参照元: 漂流家族・竹下家の現在!家系図やその後のエピソードまとめ【大...

土木の仕事に従事する父親

娘達に働きづめさせていた父親の現在

現在も土木の仕事に従事

竹下家は北海道から埼玉に出戻り、父親は土木の仕事に就いた。

しかし下っ端の立場に耐えられず退職。

生活費は子供たちがバイトをして稼ぐことになった。

その後、北海道のローンが払えず滞納し、保証人になっていた桜庭さんの方に滞納分の催促がいった。

桜庭さんは竹下家の埼玉県の住所を聞いて直接駆けつけた。

激怒する桜庭さんを前に頭を下げる父。

頭をペチンを叩かれながらも、ただ謝り続けるしかない状況だった。

こんな状況であっても、父は北海道の自宅は手放せないと主張。

桜庭さんは”ローンは払わないのに、家だけは手放せない”という竹下家の無責任さに怒り爆発だった。

ここで竹下家は北海道の家を売りに出すという決断はせず、猶予をもらって出直すとしました。

詳しくみる ⇒参照元: 竹下家のその後。浜頓別の自宅の現在。娘のブログと骨肉腫の噂

埼玉での生活苦

竹下さんは仕事が見つからず、家族を埼玉に連れて帰ることにした

金銭的に困窮した

竹下さんは仕事が見つからず、家族を埼玉に連れて帰った。

しかし、住むところが決まっておらず、ミニバンでの車上生活の危機に直面した。

その後、ファミリーマンションの契約にこぎつけたが、家賃は9万円で敷金と礼金で50万円が消えてしまった。

また、家電類を持ってこなかったため、布団や日用品以外にもテレビや冷蔵庫などを購入して少ない貯金を使い果たした。

竹下さんは日勤給料の土木作業員として正社員で働き始め、子供たちのアルバイト代等を合わせて月々の竹下家の収入は50万円ほどとなった。

しかし、竹下家には浜頓別に建てたマイホームのローン残高が1800万円残っており、さらに車のローンを合わせると家賃と借金だけで月の支出は24万円に上った。

8人家族が残り25万円であらゆる支出を賄いながら生活するのは非常に苦しい状況である。

詳しくみる ⇒参照元: 漂流家族・竹下家の現在!家系図やその後のエピソードまとめ【大...

突然の退職

竹下勝裕と敦子が仕事をやめた理由は?

トラブル

竹下勝裕はマイホーム完成後に職場でトラブルを起こし、それを理由に仕事を辞めてしまった。

敦子も同様に仕事を辞め、竹下家は無収入となった。

この無謀な行動に保証人である桜庭正昭は激怒し、竹下家両親を烈火のごとく叱りつけた。

桜庭正昭は竹下夫婦の破産を避けるため、一緒に職場に頭を下げて何とか復職を認めさせた。

竹下家は再び仕事を求めて埼玉に戻ることを決意した。

詳しくみる ⇒参照元: 漂流家族・竹下家の現在!家系図やその後のエピソードまとめ【大...

竹下家の娘たちの現在

番組終了後、竹下家の娘たちの現在が知りたいです

生存は確認されている。

竹下家は北海道の自宅を手放し、埼玉県に戻った。

その後、母・敦子さんは失踪したが、連絡があり生存を確認。

娘たちはブログで元気そうだったが、離婚説や母の死亡説がネット上に流れている。

末っ子(六女・秀美)が骨肉腫か癌を理由に足を切断したという噂や、母が他の男性と不倫同棲しているなどの都市伝説もあるが、いずれもソース不明で信憑性はない。

詳しくみる ⇒参照元: 竹下家のその後。浜頓別の自宅の現在。娘のブログと骨肉腫の噂

竹下家と桜庭さんのトラブル

竹下家は、住宅ローン滞納の件で誰とトラブルになった?

保証人の桜庭さん

竹下家は、住宅ローンを滞納し続けていたため、保証人である桜庭正昭さんから何度も電話がかかってきたが、全て無視していました。

桜庭さんはついに堪忍袋の緒が切れ、埼玉に住む竹下家の元に訪れ、竹下夫婦とトラブルになりました。

桜庭さんは竹下勝裕さんを殴り、竹下夫婦は言い訳ばかりを続けました。

結局、竹下家は浜頓別のマイホームを手放すことになりましたが、売却しても桜庭さんには数百万円単位の赤字が出る可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 漂流家族・竹下家の現在!家系図やその後のエピソードまとめ【大...

竹下登の政治的理想

竹下が生涯をかけて追求してきた政治的理想とは?

「政治家は常に国益を第一に考えるべき」

竹下登は、日本の第74代総理大臣を務めた政治家である。

彼は、自由民主党の最大派閥であった経世会の創設者であり、大蔵大臣を4期務めた。

竹下は、金融引締め、円高推進、対米輸出削減、対米輸入増加、対米投資を進める歴史的な合意であるプラザ合意を結び、総理大臣就任後は消費税を導入した。

また、ふるさと創生1億円などの政策も実施した。

竹下は、リクルート事件により総辞職したが、その後も政界に大きな影響力を誇り、「経世会支配」の時代を築いた。

昭和最後の内閣総理大臣であり、平成改元の際の内閣総理大臣でもある。

竹下は、政治家として常に国益を第一に考え、日本の経済成長と発展に尽力した。

詳しくみる ⇒参照元: 竹下登