Academic Box Logo

直方市の大家族支援プログラムとその効果的な活用法

直方市の大家族支援プログラムとその効果的な活用法

直方市に住んでいる大家族の皆さんはこんにちは。ライターのYUKOです。今回の記事では、直方市の大家族支援プログラムとその効果的な活用法についてご紹介します。

山積紘一氏のサクソフォン演奏

山積紘一氏のサクソフォン演奏https://shotoku.ac.jpサクソフォン演奏を50年以上続けている人は?

山積紘一氏

山積紘一氏はサクソフォン演奏を50年以上続けており、現在はボランティア訪問演奏を中心に、男声四重唱やギター同好会、オカリナ教室などで活躍しています。山積紘一氏とロス・フレスカによるコンサートが、午後3時から3時40分まで開催されます。コンサートでは、サクソフォン、オカリナ、ギター、マンドリンの演奏やボーカル演奏が行われます。演奏される曲は、「エーデルワイス」、「昴」、「ヒマワリ」などです。コンサートは、午後2時50分から3時までの10分間休憩を挟んで行われます。詳しくみる ⇒参照元: 直方市公式ホームページ|認知症の人と家族の会直方

直方認知症講演会&コンサート

直方認知症講演会&コンサートhttps://kashibun.jp認知症の人と家族の会直方創立30周年記念事業とはどんな内容?

認知症講演会とありがとうコンサート。

認知症の人と家族の会直方は1993年6月から活動を続けており、2023年6月に創立30周年を迎えた。創立30周年を記念して、講演会とコンサートを開催する。講演会では、輪田順一氏が「認知症・がん末期の人への24時間対応訪問診療の役割」について講演する。コンサートでは、直方市民による合唱や演奏が行われる。参加費は無料だが、定員は130名。参加を希望する人は、チラシと申込書を郵送またはFAXで申し込む必要がある。詳しくみる ⇒参照元: 直方市公式ホームページ|認知症の人と家族の会直方

認知症の人や家族が安心して暮らせるまちづくりを目指す地域活動

認知症の人や家族が安心して暮らせるまちづくりを目指す地域活動https://nihon-kaigo.comこの地域活動の目標は?

認知症の人や家族が安心して暮らせるまちづくり

この地域活動の目的は、認知症への正しい理解を広め、認知症の人やその家族が安心して暮らし続けることができるまちづくりを目指しています。活動内容は、認知症の人や家族のつどい、認知症相談、男性介護者のつどい、若年性認知症交流会、認知症、認知症予防、介護の学習会、認知症や介護体験の講演活動、アルツハイマーデー交流会、ケア・カフェのおがたの開催などです。活動場所は直方市社会福祉協議会ボランティアルームやその他の場所で行われます。活動時間は、認知症相談の面談日は毎月第3水曜日午後1時~4時、電話相談日は月~金曜日午前10時~午後4時です。対象者は認知症の人や家族、ケアにかかわる全ての専門職、ボランティア関係者などどなたでも参加できます。詳しくみる ⇒参照元: 直方市公式ホームページ|認知症の人と家族の会直方

直方市の大家族支援プログラムとその効果的な活用法に関する記事です