Academic Box Logo

相沢友子の逃亡劇!!新作ドラマでの不祥事が原因でSNS非公開に!!?

はじめまして、ライターのYUKOです。今回は、相沢友子の逃亡劇についてお伝えします。

原作に忠実なドラマVS改変されたドラマ

原作に忠実なドラマと、改変されたドラマ、どちらに魅力を感じる?

原作に忠実なドラマに魅力を感じる。

原作に忠実なドラマは、原作の世界観やキャラクターをそのまま映像化してくれるので、原作ファンが安心して楽しめる。

また、改変されたドラマは、原作の世界観やキャラクターを大胆にアレンジして新しいドラマに生まれ変わっているので、原作を知らない人でも新鮮な気持ちで楽しめる。

原作に忠実なドラマは、原作ファンに支持されやすいが、改変されたドラマは、原作ファンから批判されることもある。

原作に忠実なドラマと、改変されたドラマ、どちらに魅力を感じるかは、人によって異なる。

詳しくみる ⇒参照元: 相沢友子の『セクシー田中さん』が改悪過ぎて悪い評判殺到!?現...

脚本家、ドラマの脚本を巡る投稿を反省

亡くなった漫画家と関係が深い、テレビドラマの脚本家が、ドラマの脚本を巡る自分の投稿を反省した

脚本家・相沢友子氏が謝罪

芦原妃名子さんは、昨年10月に放送された連続ドラマ「セクシー田中さん」の原作者である。

相沢友子氏は、同ドラマの脚本を担当した脚本家である。

芦原さんは、1月26日に自身のSNSで、脚本をめぐり局側と折り合いがつかず、自らが9、10話の脚本を書くことになったとして視聴者に向けて謝罪。

当初提示していた「漫画に忠実に描く」などの条件が反故になっていたと明かしていた。

日本テレビは、同作について「日本テレビの責任において制作および放送を行ったもの」と説明し、芦原さんを追悼した。

詳しくみる ⇒参照元: ドラマ「セクシー田中さん」脚本家・相沢友子氏が追悼「頭が真っ...

芦原妃名子さんの訃報に相沢氏「大きな衝撃を受け、未だ深い悲しみに」

芦原妃名子さんが映像化にあたり、相沢さんに伝えたこととは?

情報なし

芦原妃名子さんが、映像化の経緯についてブログに投稿していたことについて、相沢さんは初めて知り、言葉を失った。

芦原さんが何を求めていたのか、何を求められていたのか、何が事実なのか、どうしたらいいのかを考え、答えが出ないうちに、芦原さんの訃報を聞いた。

詳しくみる ⇒参照元: ドラマ「セクシー田中さん」脚本家・相沢友子氏が追悼「頭が真っ...

「セクシー田中さん」脚本家への誹謗中傷で家族に身の危険

「セクシー田中さん」の脚本家がSNSで受けた誹謗中傷に、文筆家・写真家の泉美咲月さんが反論した

家族への身の危険を訴えた

脚本家・相沢友子氏のSNSに、文筆家・写真家の泉美咲月さんがコメントしたところ、泉美咲月さん自身に誹謗中傷が相次いだ。

泉美咲月さんはインスタグラムでコメントを書き込んだ経緯を説明し、家族も身の危険を感じていると訴えた。

また、泉美咲月さんは「私も物書きの1人として尊厳を傷つけられたお気持ち、お察しします」と、芦原妃名子さんの気持ちを理解していると述べた。

詳しくみる ⇒参照元: 「もう世に出てくるな」「詫びろ」芦原妃名子さん死去で誹謗中傷...

未完のまま終了の衝撃

動画を投稿し、芦原妃名子の作品が映像化されることが決まったが、その数日後に訃報が伝わった

未完のまま終了

小学館は、芦原妃名子の逝去により、彼女の作品は未完のまま終了すると発表しました。

主演を務めた木南晴夏や安田顕ら俳優陣も芦原妃名子を悼んでいました。

芦原妃名子の映像化経緯について書かれたブログの記事を初めて読み、相沢氏は動揺し、数日が過ぎた後、訃報を受け取ってからは頭が真っ白になったと述べています。

詳しくみる ⇒参照元: ドラマ「セクシー田中さん」脚本家・相沢友子氏が追悼「頭が真っ...

映画の原作との違い

原作や原作のキャラとドラマのキャラはどのようなイメージの差があった?

外見が異なる。

映画のキャスティングでは、原作の栞子と剛力彩芽の外見のイメージが異なっていたが、剛力彩芽のミステリアスなムードが栞子に合っていると判断し、脚本を剛力彩芽のイメージに近づけるように心がけた。

また、映画「私の青おに」では、高畠町の風景の力強さを伝えたいという思いがあった。

主演の村川絵梨は、脚本を読んで辻村莉子という役に自分と重なる部分があったと述べている。

詳しくみる ⇒参照元: 相沢友子

関根タツヤさん炎上騒動

関根タツヤさんの炎上騒ぎの主な原因は?

芦原妃名子さんの脚本を担当したことに対する相沢友子さんのインスタへのコメント

関根タツヤさんはドラマ「セクシー田中さん」の9・10話を相沢友子さんが担当できなかったことに対し、悔しいという気持ちをインスタに投稿。

相沢友子さんは芦原妃名子さんが9・10話の脚本を担当したことに対し「残念である」というニュアンスのコメントを投稿しており、関根タツヤさんの投稿が相沢友子さんの投稿に追従しているように見えたため炎上しました。

関根タツヤさんはその後、投稿を削除し、謝罪しました。

詳しくみる ⇒参照元: 脚本家・関根タツヤは何したの?理由4つ!相沢友子に追従&垢消...

芦原さんの訃報後、泉美さんが受けた脅迫や攻撃

芦原さんの訃報後の炎上に関して泉美さんはどのようなコメントをしたか?

脅迫や攻撃で家族も恐怖を感じている

泉美さんは、相沢先生の投稿にコメントしたことがきっかけで炎上したことに対して、身も知らぬ方々から攻撃されている事態に面喰い、相沢先生がすでに閉じていられるコメント欄をスクショされたものが公開され、私や他の方々にまで攻撃が集まっていることに驚いたと説明した。

さらに、芦原さんの訃報後、泉美さんは「人殺し」「もう世に出てくるな」「詫びろ」という恫喝の言葉や、「なぜ芦原先生を攻撃した」というメッセージが多々届いたといい、「寄せられる言葉に恐怖すら感じております。

今や家族も身の危険を感じております」と述べた。

詳しくみる ⇒参照元: 「もう世に出てくるな」「詫びろ」芦原妃名子さん死去で誹謗中傷...

関根タツヤ炎上の理由

関根タツヤさんの炎上理由は何ですか?

原作者に対する悪口

関根タツヤさんは、芦原妃名子さんをSNSで批判し、芦原妃名子さんが担当した脚本をディスったことが炎上理由です。

芦原妃名子さんは、人気漫画「ゴールデンカムイ」の原作者です。

関根タツヤさんは、芦原妃名子さんを「無能」「脚本が下手」などと批判しました。

また、関根タツヤさんは、芦原妃名子さんが担当した脚本を「つまらない」「見る価値がない」などとディスりました。

関根タツヤさんの批判は、多くの漫画ファンやアニメファンの怒りを買い、炎上しました。

詳しくみる ⇒参照元: 脚本家・関根タツヤは何したの?理由4つ!相沢友子に追従&垢消...