Academic Box Logo

池田小学校事件の真実!トイレに隠された秘密と犯人の衝撃の動機

ライターのYUKOです。今回は、池田小学校事件の真実についてお伝えします。この事件は、2001年6月8日に大阪府池田市で発生した小学生殺害事件です。この事件では、7人の小学生が殺害され、12人が負傷しました。犯人は、当時14歳の少年でした。

凶悪な池田小学校事件

校舎内に侵入してから、犯人はどのように児童を襲ったのか?

突き刺したり切り付けたりした。

2001年に起こった池田小学校事件は、日本犯罪史上でも類を見ないほど残酷な無差別大量殺人事件である。

犯人は宅間守で、2001年6月8日の10時5分ごろに小学校に侵入し、10分間で23名に被害を与えた。

そのうち8名が死亡し、全員が児童だった。

宅間は特定の誰かを狙ったわけではなく、そこにいた児童を無差別に襲った。

校舎に侵入すると、1階の二年生の教室で5名の児童を突き刺し、その後、二年生の西の教室に移動して3名の児童を刺し、さらに西側の廊下と校舎出入り口付近で5人の児童を襲った。

詳しくみる ⇒参照元: 【池田小学校事件】逃げた教師が死亡した?犯人の現在や真相を徹...

附属池田小学校事件の犯人が侵入した門

小学校へ侵入し、事件を起こした犯人が学校の門をすり抜けたのは、その門が常に開いていたから?

そう。

2001年に起きた附属池田小学校事件の犯人は、普段から自動車で児童の送迎をする保護者が多いことを知っており、児童の送迎に使われていた自動車用の東門が常に開いていることを知っていた。

犯人は正門からの侵入を諦めて、開いていた東門から自動車で小学校へと侵入し、犯行を起こした。

また、犯人が侵入した東門は、職員室や事務室から詳細が見えにくい場所にあったことも犯行を食い止められなかった一因である。

さらに、当時この学校では外部の人が入ってきても面と向かって要件を聞くことは失礼とされており、外部の人に対する警戒心が薄かったことも問題であった。

詳しくみる ⇒参照元: 附属池田小学校事件の詳細!犯行動機・被害者遺族・トイレの話ま...

対処の遅れによる悲劇

この事件では児童たちはなぜ亡くなってしまったのか?

すぐに対処できなかったから

この事件では、犯人に切り付けられた児童たちが20分ほど放置されて出血死してしまった。

児童たちは訓練通りに決められた場所に逃げればすぐに現状の詳細を把握することができたが、そうしなかったことが原因である。

また、教員が病院に付き添わなかったため、保護者に対する病院の搬送先などの詳細についての連絡が遅れたことも問題だった。

詳しくみる ⇒参照元: 附属池田小学校事件の詳細!犯行動機・被害者遺族・トイレの話ま...

附属池田小学校事件と宇多田ヒカル

死亡した児童の中で、宇多田ヒカルさんのファンだった人がいたのですか?

いた

2001年に大阪で起こった附属池田小学校事件は、8人の小学生が死亡し、15人が重軽傷を負った凶悪殺人事件です。

犯人は宅間守という36歳の男性で、理不尽な犯行動機で児童を襲いました。

この事件で、死亡した児童の中には宇多田ヒカルさんのファンだった人がおり、宇多田ヒカルさんは追悼メッセージを寄せました。

詳しくみる ⇒参照元: 附属池田小学校事件の詳細!犯行動機・被害者遺族・トイレの話ま...