Academic Box Logo

和菓子界に革命を起こす元ギャル女将榊萌美の挑戦と成功への軌跡

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、和菓子界に革命を起こした元ギャル女将榊萌美さんの挑戦と成功の軌跡をご紹介します。

経営者の父からの言葉が人生を変えた

和菓子屋の6代目として、経営を立て直した女将の幼い頃の言葉とは?

「自分の好きなようにやったほうがいい」

埼玉県桶川市で135年続く老舗和菓子店「五穀祭菓 をかの」の6代目女将である榊萌美さんは、幼い頃、職人になりたいと父に相談したことがあった。

しかし、父は「お前は職人にならないほうがいい」と反対し、「お前は自分の好きなようにやったほうがいいと思うから、つくることだけじゃなくて、いろいろな世界を見なさい」と言った。

この言葉がきっかけで、榊さんは職人になることを諦め、経営者としての道を歩むことになった。

榊さんは、父からの言葉通り、自由な感性と発想力を活かして、新商品開発やSNSでの宣伝など、さまざまなことにチャレンジし、経営を立て直した。

今では、桶川の小さな和菓子店から、一躍、全国区な和菓子店へと成長させた。

詳しくみる ⇒参照元: 135年続く老舗の和菓子で周りの人を1秒でも長く笑顔に!失敗...

商店街で育った榊萌美さん

あなたは、両親が忙しくて暇な時にいつも何をしていましたか?

商店街で遊んでいました。

榊萌美さんは、両親が忙しい時は、商店街にある八百屋さんやパン屋さんなど様々なお店を訪問していました。

榊萌美さんは、八百屋さんに「ママに頼まれて買い物に来た」とアピールしてリンゴをもらったり、パン屋さんに「いらっしゃいませ」と声をかけるとパンをもらったりするなど、商店街の人々と親しく接していました。

榊萌美さんは、小さい頃から商店街の人々と一緒に育ってきたため、商店街の人々を家族のように感じており、商店街を盛り上げたいと考えていました。

しかし、榊萌美さんが大きくなるにつれて、商店街のお店がどんどん減っていき、榊萌美さんは商店街の現状を憂慮していました。

そこで、榊萌美さんは、商店街を盛り上げるために和菓子屋を継ぐことを決意しました。

詳しくみる ⇒参照元: 135年続く老舗の和菓子で周りの人を1秒でも長く笑顔に!失敗...

和菓子屋女将への道

榊萌実さんが教師の道を諦め和菓子屋女将になるまでの経緯を教えてください

大学中退後、ギャル系アパレルショップで働いた。

榊萌実さんは、和菓子屋「をかの」の長女として生まれ、大学では教師の道を目指していました。

しかし、大学では勉強や友人に馴染めず中退。

その後、アパレルショップで社会経験を積みました。

そして、2023年11月19日には埼玉県桶川市議会議員選挙にてトップ当選を果たしました。

詳しくみる ⇒参照元: 和菓子屋をかの女将榊萌美(moemi)の経歴がすごい!元ギャ...

榊萌美さんの葛ゼリーの原点

榊萌美さんが葛ゼリーを売り出すきっかけとなった思い出は?

幼少期の凍らせた葛ゼリー

榊萌美さんは、地元の商店街に恩返ししたいという思いから、アパレルショップのアルバイト店員を経て、20歳のときに『をかの』で働き始めました。

しかし、当時はお店の業績が振るわず、10年間赤字が続いていました。

榊萌美さんが継いだあとも、徐々に客足が減退の一途を辿っていました。

その後、榊萌美さんはお店の再建にあたり商品の見直しを行っていたとき、お客様にあまり人気がなかった葛ゼリーに着目しました。

幼少期に凍らせて食べるのが好きだった思い出がヒントになり、溶けないアイス「葛きゃんでぃ」として地元のお祭りで試しに販売したところ、2日間で1000本を売り上げたため本格的に商品化。

1年後に、たまたまテレビの取材に取り上げられ、なんと1日で2500件もの注文が舞い込みました。

これによって店自体の知名度も上がり、2020年には10年ぶりの黒字化を達成しました。

しかし、生産が追いつかず、従業員にはムリをさせてしまい、何人もの従業員がお店を去ってしまいました。

また、ネット販売に慣れていないこともあり、ミスが多発し、お客様にも多大なご迷惑をかけました。

詳しくみる ⇒参照元: 榊萌美さん /『五穀祭菓をかの』6代目女将 人生には理由があ...

幼い頃の商店街の思い出

幼い頃、彼女は商店街でどのようなお店が軒を連ねていたのか?

八百屋とパン屋

榊萌美さんは、子供の頃から地元の商店街で八百屋とパン屋などたくさんの店が軒を連ねていた。

今では商店街の活気もなくなってしまったが、彼女の心には商店街への愛着が残っている。

詳しくみる ⇒参照元: 榊萌美さん /『五穀祭菓をかの』6代目女将 人生には理由があ...

若き和菓子職人の挑戦

若い女性は、老舗和菓子屋を継いで、どんな仕事をしているの?

和菓子屋を経営。

老舗和菓子屋を継いだ若い女性は、葛アイスキャンディーの販売や、若い世代向けの和菓子の開発など、伝統を守りつつも新しいことにチャレンジしている。

詳しくみる ⇒参照元: 和菓子屋をかの女将榊萌美(moemi)の経歴がすごい!元ギャ...

和菓子業界を盛り上げたい榊萌美さんの思い

老舗和菓子店の榊萌美さんは、和菓子業界をどうしたいですか?

全国の和菓子屋さんに足を運ぶ人を増やすこと。

榊さんは、和菓子業界を盛り上げるために、全国の和菓子屋さんに足を運ぶ人を増やしたいと考えている。

彼女は、ケーキのようにもっと日常に溶け込むようにすることで、和菓子が目的がないと選ばれない現状を変えたいと述べている。

榊さんは、そうやって和菓子業界全体を盛り上げることができれば嬉しいと語っている。

詳しくみる ⇒参照元: 榊萌美さん /『五穀祭菓をかの』6代目女将 人生には理由があ...