Academic Box Logo

高橋ナツコ脚本家の評判は?うどん事件とは?原作クラッシャーの過去を徹底解説

ライターのYUKOです。今回は高橋ナツコ脚本家の評判と、彼女を襲ったうどん事件、原作クラッシャーの過去について徹底解説します。

脚本家高橋ナツコさんの活躍

日本の女性脚本家高橋ナツコさんがNHKの脚本募集に応募したシナリオは使われた?

不明

日本の女性脚本家高橋ナツコさんは、バラエティ番組やドラマ、映画やアニメの脚本家として活躍しています。

バラエティ番組では「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」、クイズ番組では「なるほど!ザ・ワールド」の脚本も担当していたようです。

数々のアニメやドラマの脚本を手がける現在でもバラエティ番組やクイズ番組の脚本も手がけられているようですが、アニメやドラマの脚本を手がけられる事が多いようです。

ドラマ「名前をなくした女神」では、原案協力もされています。

アニメでは「妖怪ウォッチ!」や「おしりたんてい」などの脚本もされていました。

詳しくみる ⇒参照元: 高橋ナツコ(脚本家)はなぜ評判が悪い?原作クラッシャーやうど...

高橋ナツコと原作クラッシャー

高橋ナツコはなぜ評価が悪いとされている?

原作クラッシャーだから。

高橋ナツコは、多くの作品を手掛けてきた脚本家ですが、原作からアニメやドラマなどの派生作品を作る際、原作とはかけ離れた内容に改変する行為、またはそうしたことを行う人物や団体を指す「原作クラッシャー」と言われてしまうことが多く、そのため評価が悪いとされています。

彼女が犠牲にしたと言われる作品や、原作ファン達の反応、逆に高評価と言われる作品についても、多くの情報が公開されています。

詳しくみる ⇒参照元: 原作クラッシャー高橋ナツコが起こした「うどん事件」とは?

脚本家高橋ナツコさんの主な作品

高橋ナツコさんが脚本を担当したアニメ「プリキュア」シリーズをいくつか教えてください

「Go!プリンセスプリキュア」、「ドキドキ!プリキュア」、「ハピネスチャージプリキュア」

高橋ナツコさんは、脚本家として多くのアニメ作品に携わっています。

特に、「プリキュア」シリーズでは、「Go!プリンセスプリキュア」、「ドキドキ!プリキュア」、「ハピネスチャージプリキュア」の脚本を担当し、高い評価を得ています。

また、「鋼の錬金術師」や「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」などの人気アニメの脚本も手がけています。

詳しくみる ⇒参照元: 高橋ナツコ(脚本家)はなぜ評判が悪い?原作クラッシャーやうど...

脚本家・高橋ナツコが起こした『うどん事件』とは?

原作クラッシャーと呼ばれているアニメやドラマの脚本家、高橋ナツコが、SNSで暴露された『うどん事件』とは?

脚本の提出期限を守らなかったこと。

高橋ナツコは、アニメやドラマの脚本家として活躍する一方で、原作クラッシャーと呼ばれることもある。

原作クラッシャーとは、原作を改変しすぎると言われる脚本家のこと。

高橋ナツコが起こした『うどん事件』とは、アニメ『うどんの国の金色毛鞠』の脚本を提出期限を守らずに提出したという事件。

この事件は、SNSで井端義秀監督が高橋ナツコの本性を暴露したことで発覚した。

高橋ナツコは、シナリオの上がりがギリギリだったこと、いい加減な脚本を書いたこと、提出期限を守らないこと、自分の意見が通らないとキレることなど、さまざまな問題点を指摘されている。

高橋ナツコは、鋼の錬金術師、BLEACH、創世のアクエリオン、花より男子(第1シーズン)、一休さん、笑う犬の生活などの作品を手掛けている。

しかし、高橋ナツコは、咎狗の血、覇穹 封神演義、戦国BASARA Judge End、学園ヘヴンスパイラル、ぬらりひょんの孫異世界はスマートフォンとともになどの作品で、原作を改変しすぎていると批判されている。

詳しくみる ⇒参照元: 原作クラッシャー高橋ナツコが起こした「うどん事件」とは?

高橋ナツコさんの評判が悪い理由

高橋ナツコさんが、原作ファンから批判される理由は?

原作にない独自の設定が多い

高橋ナツコさんは、原作にない独自の設定や展開を導入することが多く、原作ファンから「原作を無視している」と批判されることが多い。

また、高橋ナツコさんは、原作を無視するだけではなく、携わっているアニメやドラマをよくしていこうという気持ちがみられないとも言われている。

詳しくみる ⇒参照元: 高橋ナツコ(脚本家)はなぜ評判が悪い?原作クラッシャーやうど...