Academic Box Logo

弟子屈でヒグマが人間を襲う事件が発生!!飼い犬をかみ殺したヒグマが子供を襲う【弟子屈熊襲撃事件】

弟子屈でヒグマが人間を襲う事件が発生!!飼い犬をかみ殺したヒグマが子供を襲う【弟子屈熊襲撃事件】

こんにちは、ライターのYUKOです。弟子屈でヒグマが人間を襲う事件が発生しました。飼い犬をかみ殺したヒグマが子供を襲うというショッキングな事件です。今回はこの事件についてご紹介します。

無視したオスのクマ

無視したオスのクマhttps://image.news.livedoor.com事故発生当時、オスのクマは、土産物店の店主の注意や改善勧告をどのように受け止めていたか

無視していた。

北海道弟子屈町で起きたヒグマによる人身事故の3件目を考察。1969年9月15日、川上郡弟子屈町屈斜路の土産物店で飼育されていたオスのヒグマが、店を訪れていた5歳の男児に襲いかかり、男児は死亡した。このヒグマは3歳8カ月で、体長120センチ、体重100キロだった。事故当時、店主は警察と町役場から危険だから全面に金網を張るよう改善勧告されていたが放置していた。詳しくみる ⇒参照元: ヒグマに引っぱられた右腕が千切れた!子供を喰われた店では12...

弟子屈町での飼育グマによる人身事故

弟子屈町での飼育グマによる人身事故https://mineba.net12年間で3件発生した、北海道・弟子屈町での飼育グマによる人身事故はなぜ起きたのか?

グマが柵の中に入り込んだ男児を襲ったから

北海道・弟子屈町では、12年間で飼育グマによる人身事故が3件発生している。1件目は、1969年に土産物店で、5歳の男児がオスのヒグマに襲われて死亡した事故である。2件目は、1973年に牧場で、3歳の女児がメスの子グマに襲われて重傷を負った事故である。3件目は、1981年に農場で、4歳の男児がオスのヒグマに襲われて死亡した事故である。いずれの事故も、グマが柵の中に入り込んだことが原因で発生している。詳しくみる ⇒参照元: ヒグマに引っぱられた右腕が根元から千切れた!子供を喰われた店...

店主を襲ったヒグマ

店主を襲ったヒグマhttps://data.smart-flash.jp成獣ヒグマを檻で飼っていたある店での出来事について教えてください

繁殖期に気が立ったヒグマに襲われ、店主が死亡。

昭和56年、ヒグマを飼育している檻の中で店主が血まみれになって倒れているのが発見され、猟友会が駆けつけたところ、ヒグマを3頭射殺し、店主を救出したが、すでに死亡していた。店主はヒグマを毎日世話をしており、事件当時、檻には成獣3頭、幼獣4頭の計7頭のヒグマが飼育されていた。事件が起こった季節はヒグマの繁殖期にあたり、ヒグマが気が立っていたことが原因のひとつとされている。12年前には、同店では男児がヒグマに襲われて死亡する事件も起きていた。詳しくみる ⇒参照元: ヒグマに引っぱられた右腕が根元から千切れた!子供を喰われた店...

ヒグマの飼育・管理の注意点

ヒグマの飼育・管理の注意点https://city.chitose.lg.jpヒグマを飼育していた男性が、ヒグマに噛み殺されるという事件が起きました

繁殖期は気が立ちやすく、危険。

ヒグマは、繁殖期になると気が立ちやすくなり、攻撃的になる傾向があります。また、ヒグマは、人間に慣れると、油断して近づいてくることがありますが、油断していると、突然襲われる危険性があります。ヒグマを飼育・管理する際には、繁殖期の管理を徹底し、人間に慣れさせないようにすることが大切です。詳しくみる ⇒参照元: ヒグマに引っぱられた右腕が千切れた!子供を喰われた店では12...

弟子屈での飼育グマによる人身事故は、地域の安全にとって深刻な問題です今後は、飼育や管理に関する注意点を再確認し、地域住民が安心して生活できるような対策が求められます