アルコール中毒の親から虐待を受け、死の間際の少女はウイスキー会社に手紙を書いた。『私はあなたのことが嫌いです。』

 
 

 

ヒロミ

こんにちは。ヒロミです。

今日は世界中で話題になったある少女のお話をしようともいます。


 

ケント : こんなのが人の親なんだと思うと悲しくなるね


 

ウイスキーメーカーに手紙を書いた8歳の少女「あなたのことが嫌い」と訴えた理由に涙が堪えきれない

6339939867_fcabbdbf7e_z (1)

あなたはお酒とどのように付き合っていますか?
飲まない人であっても、人付き合いなどさまざまな場面で関わらざるをえないお酒。

コミュニケーションを円滑にさせる楽しいお酒が、いつの間にか現実逃避の道具に・・。

現実から逃げるために、大量のアルコールを飲み、人生を棒に振る人はけっして少なくありません。
アルコール依存症、それは薬物依存の一種で精神が錯乱しており、とても危険な状態なのです。

そうなると、周囲の家族や友達に迷惑がかかることは言うまでもありません。なんとアメリカでは、警察が介入する家庭内問題の39%がアルコール依存症によるものだそうです。

アルコール依存症の父に虐待を受けていた8歳の少女。今回はそんな彼女が書いたお酒の怖さを訴えた手紙をご紹介します。