Academic Box Logo

天官賜福の郎蛍の謎に迫る!世界観を彩る重要キャラクターを徹底解説

天官賜福の郎蛍の謎に迫る!世界観を彩る重要キャラクターを徹底解説

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、中国の人気BLアニメ「天官賜福」の郎蛍の謎に迫りながら、世界観を彩る重要キャラクターを徹底解説します。

謝憐の飛昇

謝憐の飛昇https://prtimes.jp武神だった謝憐が再び天界に飛昇できたのはいつ?

800年後

架空の古代中国を舞台にしたファンタジー小説「天官賜福」は、天から与えられた才能を持つ仙楽国の太子である謝憐が、人々を救うために修行を積み、武神となるが、2度にわたって天界から追放されてしまうという物語です。800年後、謝憐は3度目となる飛昇を果たしますが、「三界の笑い者」と呼ばれる彼に対して祈りを捧げる者はどこにもいませんでした。詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福

太子と花城の出会い

太子と花城の出会いhttps://i.pinimg.com神官になった太子が人界で奔走した事件の詳細は?

失踪事件の解決

神官になった太子は功徳を集めるため、人界で花嫁失踪事件の解決に奔走する。そしてその道中で三郎と出会い行動をともにする。そして三郎の正体が花城という鬼の王であることに気づく。詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』原作小説を最新話まで全話ネタバレあらすじ&感想!...

神官と願いを叶える法力

神官と願いを叶える法力https://thechara.xsrv.jp地上に住む人々が、神官に期待することは何か?

願いを叶えること。

神官は、信徒からのお供物や信仰心によって得られる功徳を法力の源とし、その法力によって信徒の願いを叶えることができる。神官の中には、天界に上昇した太子殿下や、北方の武神である明光将軍を祭る明光殿、東南の武神である風信を祭る南陽殿、君吾を祭る神武殿、霊文を祭る霊文殿などがある。また、鬼花婿が花嫁をさらうという噂があった与君山は、謝憐の初任務地となった。詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』キャラクター一覧・相関図まとめ!中国のWEB小説...

包帯の少年の正体

包帯の少年の正体https://tgcf-anime.com包帯の少年の正体は?

仙楽国の元皇太子

天官賜福で太子殿下が花嫁になり鬼花婿を探し出したとき、山の中に隠れ住んでいる包帯の少年に出会いました。実は、その少年は仙楽国を滅ぼした永安国の太子。郎蛍は、謝憐の出身国である仙楽国を滅ぼした永安国の太子でした。言い換えると、一つの国の古い王朝の皇子が謝憐、新しい王朝で太子殿下と呼ばれるはずだった人物が包帯の少年なのです。詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福の包帯の少年・郎蛍の正体は?なぜ人面疫の跡がある?

花城と包帯の少年の過去

花城と包帯の少年の過去https://tgcf-anime.com800年前の花城と包帯の少年の関係は?

師弟関係

原作の読者の間では、800年前の花城と包帯の少年が接点があったと推測されています。もし包帯の少年が鬼だとすると、800年以上生きており、相当な力を秘めている可能性があるため、花城が少年に厳しい態度をとる理由の一つと考えられています。また、彼らには未解決の問題や深い関係があるのかもしれません。詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福 包帯の少年・郎蛍:深遠なる謎の解明

包帯の少年の過去

包帯の少年の過去https://tgcf-anime.com過去に隠された真実とは?

失われたアイデンティティ

郎蛍は、かつては永安国の太子として栄光に包まれた生活を送っていたが、何らかの理由でアイデンティティと地位を失った。彼は現在、包帯で顔を隠した姿で登場し、その正体は謎に包まれている。彼の失われた過去は、彼の内面に深い影を落としており、現在の行動や感情に大きな影響を与えている。詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福 包帯の少年・郎蛍:深遠なる謎の解明

太子を殺害しようとした黒幕の正体

太子を殺害しようとした黒幕の正体https://i.ytimg.com戚容(チーロン)は、太子とその従兄弟である永安国の皇族一族虐殺事件の黒幕として、太子にどのようなことをした?

太子とその従兄弟を殺そうとした。

戚容(チーロン)は、太子とその従兄弟である永安国の皇族一族虐殺事件の黒幕として、太子の祖国・仙楽国とそれを滅ぼした永安国の皇族一族を皆殺しにする計画を立て、太子を殺そうとしました。太子は計画を知って駆けつけ、永安国王を殺害しました。その後、太子は仙楽国と永安国を救おうと奔走しましたが、すべて裏目に出てしまい、闇落ち寸前まで追い詰められていきました。詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』原作小説を最新話まで全話ネタバレあらすじ&感想!...

天官賜福の郎蛍の謎や世界観を彩る重要キャラクターについて解説しましたこの作品には、まだまだ多くの謎が隠されているので、ぜひ原作を読んでみてください