Academic Box Logo

天官賜福: 漫画で味わう、感動のネタバレあらすじと感想

天官賜福を漫画で読んだライターのYUKOです。ここでは、ストーリーのネタバレあらすじと、漫画を読んで感じた感想を紹介します。

飛昇を果たした主人公

主人公は天から与えられた才能をいかして何をしていたのか

人々を救う

主人公の謝憐は、仙楽国の太子として天から与えられた才能を持ち、人々を救うために修行を積み、武神となった。

しかし、2度にわたって天界から追放されてしまう。

800年が経過し、謝憐は3度目となる飛昇を果たすも、「三界の笑い者」と呼ばれる彼に対して祈りを捧げる者はどこにもいなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福

天官賜福日本語版あらすじ

中国で人気のBL小説『天官賜福』の日本語版のあらすじとは?

複雑な歴史とBL展開

天官賜福は、中国で人気のBL小説です。

小説は6巻で完結しており、日本語版は2024年1月現在も続いています。

物語は、三郎の正体を知った謝憐が、花城の住処を訪れるところから始まります。

2人は鬼市でデートを楽しむものの、仙楽国の滅亡と永安国皇族一族虐殺事件の真相が突如判明します。

黒幕は戚容という謝憐の従兄弟であり、謝憐の永安国王殺害に大きく関係していました。

この事件の真相判明により、小説は謝憐の過去編が描かれることになります。

天官賜福は、世界観が非常に奥深く、キャラクターや種族の設定も作り込まれています。

また、謝憐と三郎のBLが非常に美しく、多くの女性読者を虜にしています。

詳しくみる ⇒参照元: 【天官賜福】ネタバレあらすじと感想!アニメ化でも話題の中華B...