Academic Box Logo

司忍の秘められた素顔!本名や出身地、生い立ちの真実とは!

皆さん、こんにちは。ライターのYUKOです。今日は、司忍の秘められた素顔についてお話しします。彼の本名、出身地、生い立ちなど、これまであまり知られていなかった真実を明らかにします!

山本広支持の弘田組

竹中正久が四代目山口組組長に決定する前、弘田武志と司忍は何を表明していたか

山本広支持

弘田武志は、司忍の親分であり、山口組の三代目組長・田岡一雄と親交が深かった。

田岡の死後、弘田は山本健一と親交を深め、山本が四代目を継ぐ事を支持していた。

しかし、山本が亡くなったため、弘田は竹中正久と山本広の間で揺れていた。

結局、弘田は山本広支持を表明し、組が割れるなら山本広に付いて出ると明言した。

司忍も弘田組に所属していたため、山本広支持を表明していたと考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 六代目組長

司忍が戦い抜いた抗争

司忍は山口組の若頭補佐に就いた後、どのような抗争を戦い抜いたのか?

山波抗争、名古屋抗争、北関東抗争。

司忍は山口組の若頭補佐に就いた後、山波抗争、名古屋抗争、北関東抗争と続く大きな抗争を戦い抜きました。

これらの抗争で司忍は多大な功績を挙げ、山口組の重要なポストを務めることになりました。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組6代目組長 生きる伝説『司忍(本名:篠田建市)』の壮絶...

弘道会三代目会長の竹内照明

竹内照明は、弘道会で現在、どのような立場にあるか?

三代目会長

弘道会は、司忍が弘田武志の地盤を引き継いで結成した組織。

四代目山口組の盃を受けた直後、四代目山口組組長・竹中正久が暗殺され、弘道会は一和会と抗争を繰り広げる。

竹内照明は、弘道会内薗田組幹部ら3人による一和会系水谷一家隅田組幹部中本昭七と組員島上豊の拉致事件の実行犯で、現在、弘道会の三代目会長となっている。

詳しくみる ⇒参照元: 六代目組長

司忍の右目が開かない理由

山口組6代目組長の司忍は、なぜ右目が開かないのでしょうか

いたずらで接着剤を付けられてしまったから。

山口組6代目組長司忍は、弘道会時代から高山清司を右腕としていた。

ある日、司忍は高山が眠っている間にいたずらをして、高山は右目が開かなくなってしまい、瞼の筋肉が断裂して自力で開けられなくなった。

上告が棄却され、実刑判決を受けた後も組員からの信頼は厚く、2011年4月に出所後も6代目組長を務めた。

司忍の人柄は組員を信頼させるのに十分だった。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組6代目組長 生きる伝説『司忍(本名:篠田建市)』の壮絶...

司忍の借金に関する方針

司忍は、借金に関してどんな方針を持っていますか?

遺族にお金を返却

司忍は、借金の取り立てをしない方針を持っています。

借金をした相手がなくなった場合、その遺族にお金を返却し、借金を貸した相手がなくなった場合は香典と考えるようにしています。

また、暴力団は一般市民に恐怖を与えてはいけないと考え、一般市民に気を遣っています。

さらに、健康にも気を使っており、めったにお酒は飲みません。

また、クラブに行くことがあっても、客の少ない早い時間帯に行き、他の客が来だしたらすぐに帰ると言われています。

これは、暴力団が場に入ると他の客が気持ちよくお酒を飲めないため気を遣ってのことだとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 司忍の若い頃の伝説や現在!指の画像・嫁や息子の噂・年収も総ま...

ヤクザの親分・司忍の質素な生活

昔のヤクザの親分は質素な暮らしをしていたと聞くが、弘道会・六代目会長の司忍は質素な生活を送っていた?

過ごしていた。

弘道会の六代目会長である司忍は、ヤクザの最高位に上り詰めながらも質素な生活を送っていたことで知られています。

食事や生活も質素で、健康にも気を使い、肉体鍛錬も欠かさず行っていました。

また、若い者を大事にし、服役している者の家族への配慮も手厚く、阪神大震災の時には神戸で焼きそばを作って人々にふるまっていました。

詳しくみる ⇒参照元: 六代目組長

司忍の魅力は公平な人柄

伝説的な山口組6代目組長・司忍の魅力とは?

公平な人柄

司忍は、酒やタバコを控え、健康的な食生活や運動を心がけるなど、ストイックな生活を送っています。

また、公平な人柄で知られており、暴力団の世界に生きる男とは思えないほど温厚な性格をしています。

そんな司忍の魅力は、組員や一般市民からも尊敬を集めています。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組6代目組長 生きる伝説『司忍(本名:篠田建市)』の壮絶...

名古屋抗争の終結

弘道会と運命共同会が和解したのはいつですか?

2月12日

1991年に発生した名古屋抗争は、弘道会と運命共同会の抗争であった。

抗争の発端は、鉄心会が運命共同会に対して弘道会への加入を求めたことだった。

運命共同会はこれを拒否し、鉄心会組員全員を破門にした。

これを受けて、弘道会は鉄心会組員を銃撃したり、自宅や関係企業を襲撃したりした。

抗争は、2月12日に弘道会と運命共同会の間に和解が成立して終結した。

この和解をきっかけに、中京五社会は崩壊し、瀬戸一家、平井一家は五代目山口組の傘下へ入り、中京浅野会、平野一家、導友会、稲葉地一家は弘道会傘下となった。

詳しくみる ⇒参照元: 六代目組長

司忍の健康へのこだわり

司忍さんは組員のために何を大切にしているか

健康を大切にしている

司忍さんは武闘派として知られているが、同時に知識も豊富で文武両道の人物。

組員のために健康を大切にしており、そのためジョギングを日課にしており、食生活にも気をつけている。

司忍さんは「弘道会」を率いて修羅場を潜ってきた武闘派でありながら、同時に知識についても豊富と言う文武両道として知られている。

司忍さんは組員のために健康に気を遣う司忍さんは常に心身ともに健康でなければ良い親分では無いと考えており、それは組のために体をなげうってお勤めをした組員が娑婆に戻った時、いつでも戻れる場所がなければかわいそうだと言う精神から来ているようです。

そのため司忍さんはジョギングを日課としており、30分間変わらないペースで走る続けるためついていけない舎弟も多くいると言われています。

また、食生活にも非常に気をつけており、司忍さんは和食中心で低カロリー、栄養のバランスがとれた質素な食事を摂っています。

詳しくみる ⇒参照元: 司忍の若い頃の伝説や現在!指の画像・嫁や息子の噂・年収も総ま...

組長の日常動画が話題

6代目山口組の組長である司忍の日常の動画がYouTubeにアップロードされた

組長の何気ない日常

6代目山口組の組長である司忍の日常の動画がYouTubeにアップロードされ、話題となった。

動画には、組長の何気ない日常が写っており、ネットでは微笑ましい気分になるのと同時に、若衆を心配する声もあった。

司忍はプライベートを明かさないと言われてきたが、この動画により、その一端が垣間見えた。

司忍は現在80歳とすでに後期高齢者となっており、もうすぐ引退して組長の座を若頭の高山清司さんにとも言われている。

詳しくみる ⇒参照元: 司忍の若い頃の伝説や現在!指の画像・嫁や息子の噂・年収も総ま...

山口組の3つの派閥

暴力団が大きく3つに分裂した理由は?

組織の規模が大きすぎるため。

山口組は指定暴力団として日本最大規模を誇る暴力団ですが、2015年には6代目山口組、神戸山口組、任侠山口組の3つに分裂しました。

その理由は、組織が大きすぎるために資金を得るのが難しくなったことや、警察の取締強化により暴力団の秩序が乱れ始めたことなどが挙げられます。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組6代目組長 生きる伝説『司忍(本名:篠田建市)』の壮絶...