Academic Box Logo

南極物語:生き延びた犬のその後とひどい犬置き去りの理由

こんにちは、ライターのYUKOです。今日は、南極物語に登場する犬たちのその後についてご紹介します。南極物語は、1957年に起きた南極観測隊の犬たちの物語です。この物語は、映画化もされており、多くの人に感動を与えました。

南極物語の犬のその後

南極に置き去りにされた犬ぞり犬15頭のその後の運命は?

生き残った犬は2頭だけだった

『南極物語』は、1956年に南極地域観測隊第1次越冬隊が、天候や観測船の不調で犬ぞり犬15頭を置き去りにせざるを得なくなり、その後の2頭を生き残った犬の運命を描いた実話をもとにした作品である。

生き残った犬は、兄弟犬のタロとジロの2頭だけであり、第3次越冬隊として参加した犬ぞり係と再会した。

この作品は、高倉健、渡瀬恒彦、夏目雅子など豪華出演者陣が揃った話題作となった。

詳しくみる ⇒参照元: 【不朽の名作】犬の演技と制作陣の本気で大ヒットした「南極物語...

南極物語の奇跡

日本映画歴代興行収入で1位を記録した映画は何?

南極物語

1950年代に実際に起きた南極観測隊と樺太犬の奇跡の実話に基づく作品である「南極物語」は、日本映画歴代興行収入で1位を記録した映画です。

南極に取り残された樺太犬たちが、過酷な自然環境を生き抜いた感動的なドラマが描かれています。

詳しくみる ⇒参照元: 映画「南極物語」本当にあった奇跡の生還!悲しい現実と感動の再...

タロとジロのその後

タロとジロのその後はどうなったのか?

剥製として保存されている。

南極物語に登場するタロとジロは、南極調査隊とともに南極に派遣された樺太犬です。

過酷な環境の中、タロとジロは調査隊を支えましたが、昭和基地に残されたタロとジロは、翌年に病死してしまいました。

タロとジロの死は日本中に大きな衝撃を与え、2匹をたたえる歌が作られたり、記念像が立てられたりしました。

現在、タロとジロの剥製は、北海道大学植物園と国立博物館に保存されています。

詳しくみる ⇒参照元: 南極物語(映画)のあらすじまとめ!実話の真相や生き延びた犬の...

犬たちの苦悩

南極観測隊員が苦悩したことは?

置き去りにされた犬達のこと。

昭和31年(1956年)に、11人の隊員と15匹の樺太犬を乗せた南極観測船「宗谷」が南極に向かった。

彼らは、ボツンヌーテンの標高を計測し、地質を調査するという任務を与えられていた。

しかし、昭和基地に到着して間もなく、南極の厳しい気象条件に耐えられなくなった犬達を置き去りにせざるを得なくなった。

犬係だった潮田暁(高倉健)と越智健二郎(渡瀬恒彦)は、犬達を置き去りにしたことを深く苦悩した。

詳しくみる ⇒参照元: 南極物語(映画)のあらすじまとめ!実話の真相や生き延びた犬の...

南極の氷点下で耐える犬たち

氷点下の南極で犬たちを救うために、彼らは何をしたのか?

空腹と寒さに耐えながら、人間が戻ってくるのを待った。

南極で越冬隊に取り残された犬たちは、空腹と寒さに耐えながら人間が戻ってくるのを待っていた。

しかし、いくら鳴いても誰も戻ってきてくれず、時間ばかりが過ぎていく。

そんな中、最初にアンコという犬が鎖を切り、体の自由を確保する。

その後、ジャック、リーダー犬のリキ、ジロとシロが首輪を抜け、自由の身となる。

5頭は餌を求めて基地を離れ、大陸方面に向かう。

その後、風連のクマとタロも首輪を抜け、5頭の後を追う。

最後に鎖を切ることに成功したデリーも7頭と合流することができた。

しかし、鎖に繋がれたままの7頭は、その場で餓死してしまう。

初夏、ついに宗谷が昭和基地に戻り、犬たちは無事に救助された。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『南極物語(1983)』のネタバレあらすじ結末と感想

南極物語の犬達の生還

昭和基地に置き去りにされた犬達がどうやって生き延びられたのか?

寒さに強く体力があったから

南極観測隊が昭和基地に置き去りにした犬達は、寒さに強く体力があったため生き延びることができた。

犬達は鎖につながれたまま置き去りにされたが、野生化や共食いをしないように工夫されていた。

置き去りにされた犬達は、食べ物を求めて狩りをして生き延びた。

詳しくみる ⇒参照元: 南極物語(映画)のあらすじまとめ!実話の真相や生き延びた犬の...

南極物語の真実

「南極物語」の撮影にはどのような問題があったのか

犬が死んだ。

「南極物語」の撮影が過激であったために、犬が命を失ったという現実はあるようです。

その結果、映画撮影には大きな問題があったようです。

また、「南極物語」がひどいと言われる理由は、15匹の犬たちを南極大陸に置き去りにしてしまったことであるようです。

詳しくみる ⇒参照元: 南極物語のひどい?犬の置き去り理由は?犬死亡の実話とは?

南極物語の悲劇

なぜ15匹の犬は南極に置き去りにされたのか?

人間の勝手な行動

映画『南極物語』は、1957年に南極に置き去りにされた15匹の樺太犬の悲劇を描いた実話です。

この映画は、犬たちを置き去りにした人間の勝手な行動を批判する内容となっています。

映画の撮影は厳しい環境で行われ、犬たちは過酷な状況に耐えながら撮影に臨みました。

撮影終了後、犬たちは南極に置き去りにされ、そのうち12匹が死亡しました。

この悲劇は、映画『南極物語』によって広く知られるようになり、犬たちを置き去りにした人間の勝手な行動を批判する声が上がりました。

詳しくみる ⇒参照元: 南極物語のひどい?犬の置き去り理由は?犬死亡の実話とは?

過酷な南極で生き延びた犬たち

南極観測隊が犬を置き去りにしてしまった理由は?

厳しい気象状況のため

南極観測隊は、観測隊の帰国時に、厳しい気象状況のため、犬を置き去りにせざるを得なかった。

犬は、南極で過酷な環境を生き延び、奇跡的に生存が確認された。

この出来事は、犬の忠誠心と、南極観測隊の苦渋の決断を物語っている。

犬たちは、南極の厳しい環境に適応し、生き延びるための知恵を持っていた。

彼らは、仲間同士で助け合い、食べ物や隠れ場所を確保することで、生き延びることができた。

詳しくみる ⇒参照元: 南極物語はひどい?犬を置き去りの理由や何年かその期間を調査!