Academic Box Logo

加茂前ゆきちゃん失踪事件と怪文書の真相、家族の現在と犯人の情報まとめ!なんjでも話題の三重女児行方不明事件

こんにちは、ライターのYUKOです。三重県で起きた女児行方不明事件について調べました。事件の概要や家族の現在、犯人の情報などについてまとめましたので、ご確認ください。

加茂前ゆきちゃん失踪事件の怪文書

加茂前ゆきちゃん失踪事件の怪文書はなぜ話題になっているの?

真相が隠されているとされるから

加茂前ゆきちゃんは1991年に当時8歳(小2)で失踪した。

失踪事件の3年後に届いた怪文書には、事件に関する真相が隠されているとされる。

その怪文書には「トミダノ股割レ」という言葉が出てきて、これは「富田の股割れ」を意味することがわかる。

「股割れ」は売春婦を意味する言葉であるため、気持ちの悪い事件の匂いがする。

この怪文書を解読することで、事件の真相に迫りたい。

詳しくみる ⇒参照元: カアイソウ…加茂前ゆきちゃん失踪事件と怪文書を解読【三重女児...

行方不明のゆきちゃん

もし、ゆきちゃんの親がGPSを所持していたら、誘拐は防げただろうか?

不明

2005年3月26日、小学2年生の加茂前ゆきちゃんは誘拐され、その行方は現在も不明である。

ゆきちゃんは、誘拐される直前まで友人と遊んでいたが、突然「約束がある」と言って友人を振り切り、そのまま行方不明になった。

ゆきちゃんの母親は、午後8時頃、警察に通報したが、現在に至るまでゆきちゃんの行方はわからないままである。

警察は、ゆきちゃんの誘拐事件について、複数の目撃情報を基に捜査を進めている。

ある目撃者は、ゆきちゃんが白い車に乗ったパンチパーマの男と話しているところを目撃している。

また、別の目撃者は、ゆきちゃんが近鉄富田駅にいるところを目撃している。

警察は、これらの目撃情報から、ゆきちゃんが誘拐された可能性が高いと見ている。

しかし、ゆきちゃんの行方は現在も不明のままである。

詳しくみる ⇒参照元: 三重小2女児失踪事件|親に届いた「怪文書」が怖い未解決事件

加茂前ゆきちゃんの失踪

加茂前ゆきちゃんは失踪する前に姉に何を伝えていたでしょうか

別の約束がある

加茂前ゆきちゃんは1991年3月15日に三重県四日市市富田で発生した「三重小2女児失踪事件」で行方不明になった当時8歳の女子児童です。

加茂前ゆきちゃんは失踪する前の14時頃に学校から自宅に帰宅し、その日の14時半頃パート先に出ていた母親が帰宅が遅くなる事を伝えるために自宅に電話をしており、加茂前ゆきちゃんと会話をしています。

15時半頃に姉が自宅に帰宅していますが、この時には既に自宅に加茂前ゆきちゃんの姿はありませんでした。

加茂前ゆきちゃんは失踪する前に姉に「別の約束がある」と伝えており、姉はその答えを聞いていつもと違う行動をとることを心配していました。

その後、加茂前ゆきちゃんの姿は見つからず、2021年12月の現在も未解決のままです。

詳しくみる ⇒参照元: 加茂前ゆきちゃん失踪事件と現在!怪文書の解読・父親と母親など...

少女の行方不明事件

三重県四日市市富田に居住していた8歳の少女は、行方不明になった後どうなったのか?

発見されていない。

三重県四日市市富田に住んでいた8歳の少女、加茂前ゆきちゃんは1994年7月23日に自宅近くの公園で遊んでいる最中に姿を消した。

行方不明になった当時は、水玉模様が描かれた水色のトップス、薄い茶色のスカート、黒い靴を身に着けていた。

警察は捜査を行ったが、現在も発見には至っていない。

加茂前ゆきちゃんの性格は、明るく活発で友達もたくさんいた。

また、家族思いで、仕事で疲れている父親を起こさないように静かに過ごしたりと、気遣いができる子でもあった。

家族構成は、50歳の父親、40歳の母親、そして2人の姉がいた。

詳しくみる ⇒参照元: 加茂前ゆきちゃん行方不明事件!怪文書の真相&犯人の情報まとめ...

加茂前ゆきちゃん誘拐事件の謎

加茂前ゆきちゃんは、友達から誘われた遊びに自ら行かなかった理由が判明した?

判明していない

加茂前ゆきちゃんは、学校帰りに友達から遊びに誘われたが断っていた。

いつもはピンクの上着を着て自転車に乗って出かけるが、事件発生当時は自宅に残っていた。

自ら外出した可能性は低く、自宅から連れ出された可能性も考えられるが、決定的な証拠はない。

事件発生から3年後、犯人が加茂前ゆきちゃんの自宅住所宛てに怪文書を送ってきた。

怪文書の内容は、ひらがな、カタカナ、漢字が混ざっていて、意味が分からないものだった。

詳しくみる ⇒参照元: 加茂前ゆきちゃん行方不明事件!怪文書の真相&犯人の情報まとめ...

三重小2女児失踪事件

小学2年生の加茂前ゆきちゃんはいつ行方不明になったか?

1991年3月15日

1991年3月15日、三重県四日市市で小学2年生の加茂前ゆきちゃんが失踪。

学校から帰った形跡があり、家には飲みかけの温かいココアが残され、上着も家に置いたままだった。

自転車も家にあり、目撃情報は数件あったが、ゆきちゃんは見つからず、2006年には時効が成立してしまった。

詳しくみる ⇒参照元: 三重小2女児失踪事件|親に届いた「怪文書」が怖い未解決事件

富田駅周辺での目撃情報

当時の捜査で有力視されていた目撃情報は何だったのか?

白いライトバンに乗った運転手との会話

事件当日、加茂前ゆきちゃんは学校のジャングルジムで遊んだり、自宅住所近くの富田駅周辺にいたりしたという目撃情報があった。

また、自宅から近い場所で白いライトバンに乗った運転手と話していたという非常に有力な情報もあったが、決め手とはならず、途中から足取りも分からなくなってしまった。

警察は誘拐の可能性も考慮して捜査したが、犯人からの要求がなく、誘拐なのか失踪なのかも分からず、行方は謎のままとなった。

詳しくみる ⇒参照元: 加茂前ゆきちゃん行方不明事件!怪文書の真相&犯人の情報まとめ...

怪文書のミユキサン

失踪した加茂前ゆきちゃんへのメッセージが書かれた怪文書で、ミユキサンと記載されているのはなぜ?

改名させられた?

加茂前ゆきちゃん行方不明事件で発見された怪文書には、「ミユキ カアイソウ カアイソウ」と記されていた。

この「ミユキサン」という表記が意味するのは、被害者である加茂前ゆきちゃんのことなのか、それとも別の女性を指しているのか。

もし別の女性をイメージして書かれていたとしたら、さらに不気味な感じがする。

また、拐われた後に改名させられたという推測もある。

真相は不明だが、この怪文書は事件の謎を深めている。

詳しくみる ⇒参照元: カアイソウ…加茂前ゆきちゃん失踪事件と怪文書を解読【三重女児...

父親が娘の失踪に気づかなかった理由

なぜ父親は失踪した娘の帰宅に気づかなかったのか

夜勤明けで熟睡中だったから

三重県で小学2年生の加茂前ゆきちゃんが失踪した事件。

父親は夜勤明けで自宅で熟睡しており、ゆきちゃんの帰宅に気づかなかった。

また、ゆきちゃんは普段から父親が夜勤明けで眠っている時は、起こさないように気を遣って静かに行動していた。

そのため、父親はゆきちゃんの帰宅に気づかなかった可能性が高い。

また、ゆきちゃんは普段から学校から帰宅後に友達と遊びに出かけるのは日常茶飯事だったため、父親はゆきちゃんの帰宅を気にしていなかった可能性もある。

詳しくみる ⇒参照元: 加茂前ゆきちゃん失踪事件と現在!怪文書の解読・父親と母親など...

加茂前ゆきちゃん行方不明事件の真相

加茂前ゆきちゃんは誰に、何の目的で、連れ去られたのでしょうか?

理由は不明

1991年3月、三重県四日市市で発生した加茂前ゆきちゃん行方不明事件は、未だに未解決の謎に包まれた事件です。

加茂前ゆきちゃんは当時8歳で、何者かに連れ去られて行方が分からなくなりました。

身代金の要求がなく、犯人の目的も不明で、事件発生から3年後に加茂前ゆきちゃんの自宅に読解が難しい不気味な怪文書が送られてきたり、犯人が自ら電話をかけてきて自分の特徴を伝えるなど、犯人の行動は本当に謎ばかりです。

警察の捜査も情報が多いわりに難航し、真相が分からず結局2006年には時効を迎えてしまいました。

加茂前ゆきちゃんは未だに発見されず、犯人の目的や加茂前ゆきちゃんの行方は不明のままとなっています。

詳しくみる ⇒参照元: 加茂前ゆきちゃん行方不明事件!怪文書の真相&犯人の情報まとめ...

怪文書の送り主

この怪文書を誰が出したという説がネット上で唱えられていますか?

父親の関係者

加茂前ゆきちゃんの自宅に届いた怪文書は、父親の犯行を隠蔽するためにあえて名前を書き間違えるようにしたのではという仮説がネット上で唱えられています。

また、この母親を責める目的で父親の親族によって出されたものという仮説もあります。

この怪文書は3枚の紙に書かれており、鉛筆で下書きされた後に上からボールペンで清書された痕跡がありました。

さらに、筆跡から書き手の特定を避ける目的からか、利き手でない方の手で書かれたような歪な文字で書かれており、その内容とも相まってより一層不気味な印象を与えました。

詳しくみる ⇒参照元: 加茂前ゆきちゃん失踪事件と現在!怪文書の解読・父親と母親など...

加茂前ゆきちゃん行方不明事件

加茂前ゆきちゃんが行方不明になったのはいつですか?

1991年3月15日の午後2時30分ころ

1991年3月15日の午後2時30分ころ、三重県四日市市豊田在住の加茂前芳行さんの三女『加茂前ゆきちゃん』が自宅を出たまま行方不明になった。

加茂前さん宅は両親と3人の子供の5人暮らしで、 父、芳行さんは車の板金工場勤務、母市子さんはパート勤務。

3人の子供はいずれも女の子で、高校生の長女、小学6年生の次女、失踪したゆきちゃんは三女で小学2年生(当時8歳)だった。

当時学校は卒業シーズンで、通常よりも帰宅が早くなっており、ゆきちゃんが友達と別れて帰宅したのは、午後2時頃だった。

母・市子さんはパートに出ており、板金工場で夜勤の仕事をしていた父・芳行さんも、夜勤明けで寝ていた。

普段からゆきちゃんは父親を起こさないように、家に帰ると物音をたてなかったので芳行さんは帰宅にきづかなかった。

午後2時半に市子さんがパート先から自宅に電話を入れる。

この時ゆきちゃんが電話に出て「今日夜勤で遅くなる」「わかった」と会話。

その後、小学6年生の次女が帰ってきたが、既にゆきちゃんの姿はなく、テーブルに上にはまだ暖かいココアが残されていた。

ゆきちゃんはココアが好きで、よく自分で作って飲んでいた。

午後4時頃、芳行さんが起床。

詳しくみる ⇒参照元: 実在事件ファイル

加茂前ゆきちゃん失踪事件の謎

当時8歳の加茂前ゆきちゃんが失踪した際、自宅に残されていたものは何だった?

温かいココア

1991年3月15日に三重県で8歳の加茂前ゆきちゃんが失踪した。

事件当時、自宅には加茂前ゆきちゃんが作った温かいココアが残されていた。

目撃証言は多数あったが有益な情報は得られず、その後父親のもとに怪文書が届いた。

霊能者からの手紙や謎の男からの電話など、不可解なことが多く、加茂前ゆきちゃんはいまだに見つかっていない。

詳しくみる ⇒参照元: 加茂前ゆきちゃんの失踪事件・行方不明の真相!怪文書の解読は?

加茂前ゆきちゃん失踪事件

ゆきちゃんが最後に自宅で確認されたのは何時?

午後2時半頃

1991年3月15日、三重県四日市市で当時8歳の小学2年生の加茂前ゆきちゃんが失踪した。

ゆきちゃんは午後2時頃に帰宅し、母親と午後2時半頃に電話で会話した。

その後、午後4時頃に帰宅した次女によって自宅にいないことが判明した。

テーブルにはまだ温かい飲みかけのココアが残されており、午後4時半頃に起床した父親はゆきちゃんがいないことに気づかなかった。

午後4時半頃に父親が出勤し、入れ替わりに長女が帰宅した。

詳しくみる ⇒参照元: 加茂前ゆきちゃん失踪事件①

ゆきちゃん失踪事件の謎

ゆきちゃんは最後に誰と約束していたのか?

不明

ゆきちゃんは、午後8時頃に母親によって警察に届けられましたが、現在も行方が不明です。

失踪当時、ゆきちゃんはいつものように一緒に遊ぶ友だちの誘いを断り、誰かと「約束がある」と言っていました。

目撃情報によると、白いライトバンに乗ったパンチパーマの男とゆきちゃんが自宅近くで話している姿や、近鉄富田駅でゆきちゃんが目撃されたという情報があります。

しかし、この約束が誰と交わされたものなのかは不明のままです。

詳しくみる ⇒参照元: 加茂前ゆきちゃん失踪事件①