Academic Box Logo

ガンツウの評判はどう?値段が高いけど価値ある?

ガンツウの評判はどう?値段が高いけど価値ある?

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、ガンツウの評判について、値段が高いけど価値があるのかどうか、徹底的に調べてみました。

船旅の始まりを告げる音

船旅の始まりを告げる音https://stay-concierge.img-ikyu.com「ガンツウ」で旅行した際、船が出発する合図となる音はどのような音でしょうか?

汽笛

ガンツウは2017年に就航した、瀬戸内海を巡る客船です。今回紹介するのは、宮島や音戸の瀬戸などを巡る「西回り2泊3日」の旅です。船の発着は広島県尾道市にある「ベラビスタマリーナ」で、専用ラウンジで荷物を預け、チェックイン手続きを行います。ラウンジでゆっくりくつろいだ後は、専用カートに乗っていざ乗船です。出港時は、シャンパンで乾杯するのがお約束。はやる気持ちを抑えて、まずは最上階の3階にあるオープンデッキへ向かいましょう。出港の合図を告げる大きな汽笛の音に、これから始まる船旅への期待も高まります。木の香り漂う洗練された空間。詳しくみる ⇒参照元: ガンツウ

瀬戸内海を巡る客船「ガンツウ」

瀬戸内海を巡る客船「ガンツウ」https://cruisetraveller.jp船の名前「ガンツウ」の意味は?

備後地方の方言でイシガニ

「ガンツウ」は、瀬戸内海の航路を巡る客船である。船名は備後地方の方言でイシガニを意味し、船内のレストランではイシガニを使った味噌汁やカニクリームコロッケを提供している。ガンツウでは、航路の途中でテンダーボートに乗って瀬戸内の町々を訪れる船外体験を実施しており、高松盆栽、備前焼、日本刀鍛錬の体験・見学を用意している。ガンツウの船外体験は、瀬戸内の伝統文化の普及や経済面での支援に貢献している。また、ガンツウのリピーターには船外体験を楽しみに再び参加するお客さんも多く、伝統建築が保存される本島や石積み練塀が残る祝島といった魅力的な寄港地が航路ごとに用意されている。詳しくみる ⇒参照元: 「guntû(ガンツウ)」で巡る瀬戸内。世界でここにしかない...

唯一無二の宿泊客船ガンツウ

唯一無二の宿泊客船ガンツウhttps://yutakaclub.co.jpガンツウという宿泊客船は、他のクルーズ船と何が異なるのか?

世界にただ一つであること

ガンツウは、住宅建築の名手・堀部安嗣氏が設計・デザインを担当した宿泊型客船です。クリやアルダー、タモなどの木材を多用し、情緒と機能性を兼ね備えた客室は、まさに「帰ってきたくなる家」のような居心地のよさです。また、客室が位置するのは1・2階で、部屋から海面がかなり近く感じられ、海と一体になる感覚が味わえるのも大きな魅力です。ガラス窓が木枠のフレームとなって瀬戸内の風景を切り取るのだが、これがアートのような美しさで永遠に眺めていたくなります。詳しくみる ⇒参照元: 「guntû(ガンツウ)」で巡る瀬戸内。世界でここにしかない...

ガンツウの航路はいくつ?

ガンツウの航路はいくつ?https://guntu.jpガンツウの航路はいくつあるの?

7〜10種類

瀬戸内海を周遊するガンツウの旅は、7〜10種類の航路があり、季節によって異なる景色を楽しむことができる。秋には虫の鳴き声も聴こえ、夏には青々とした瀬戸内海、冬には澄んだ空気で眺める夕日など、何度訪れても新鮮な気持ちで五感が研ぎ澄まされる旅が楽しめる。詳しくみる ⇒参照元: 「guntû(ガンツウ)」で巡る瀬戸内。世界でここにしかない...

船旅の贅沢な時間

船旅の贅沢な時間https://wlifejapan.com船内の過ごし方で、特に印象に残った事は?

瀬戸内海を眺めながらの朝食

瀬戸内海を巡るガンツウのクルーズは、自然の美しさや瀬戸内海の食を満喫できる贅沢な旅です。船内の客室はスイート仕様でテラスも付いており、瀬戸内海の景色を一望できます。また、船内では好きなものを好きなだけ食べることができるため、瀬戸内の海の幸を堪能することができます。ガンツウは多島美の織り成す魅力が季節毎に異なり、景色や食などいろいろな楽しみ方ができるため、異なる季節の乗船もおすすめです。詳しくみる ⇒参照元: クチコミ・評判

絶え間なく流れる景色を望む非日常的なガンツウの旅

絶え間なく流れる景色を望む非日常的なガンツウの旅https://guntu.jpガンツウの旅の楽しさとは?

絶え間なく流れる景色を望む非日常的な体験。

ガンツウの旅は、まるで海面を滑っていくかのような船の滑らかさ、静粛性の高い船内のラウンジでの季節の和菓子や縁側での料理長おすすめの酒と肴(さかな)、スパエリアでのトリートメントなど、すべての体験が自分本来の感覚を呼び戻してくれるかのように感じられる。景色は絶え間なく流れてゆくが、まるで止まっているかのような非日常的な体験を楽しめる。詳しくみる ⇒参照元: 「guntû(ガンツウ)」で巡る瀬戸内。世界でここにしかない...

瀬戸内海の島で贅沢な時間を過ごす

瀬戸内海の島で贅沢な時間を過ごすhttps://discoverjapan-web.com島を訪れて何ができる?

絶景を眺めながらコーヒーを飲んだり、船で島々を巡ったりできる。

島では、島の高台にある「天心閣」で淹れたてのコーヒーをいただき、絶景を一望できるテラス席で贅沢な時間を過ごすことができる。また、クルーの方たちに見送られ、来島海峡の急流体験に参加することもできる。来島海峡大橋をくぐり抜け、周辺の島々や造船所、村上水軍の居城跡などを見学することができる。さらに、間近で見る潮流は、荒々しく迫力満点で、ガイドの方の説明を聞きながら、大自然のパワーを全身で感じることができる。詳しくみる ⇒参照元: ガンツウ

秋の瀬戸大橋ライトアップクルーズ

秋の瀬戸大橋ライトアップクルーズhttps://photohito.k-img.com瀬戸大橋のライトアップはいつ見られますか?

秋に瀬戸大橋のライトアップを楽しみに、瀬戸内海の景色を堪能しました。前回とは違った景色を楽しむことができました。夕食は念願の縁側での晩酌から始まり、瀬戸内の食材、地酒を満喫しました。翌朝は念願のガンツウ汁をいただき、絶品でした。その後は小雨の中、船外体験で小豆島でのオリーブの搾油見学、試飲等を堪能しました。帰船時には海上に停泊中の海王丸を鑑賞しました。ランチは金婚式を迎えられた素敵な2組のご夫婦と鮨カウンターで楽しいひと時を過ごしました。夕方に私は大浴場、サウナ、妻は前回もお世話になった大好きな整体師さんの最高の施術を受けて体調万全で夕食に備えました。小雨の中、ライトアップされた瀬戸大橋を鑑賞し、その後の夕食は洋食中心で堪能しました。和食も最高でしたが洋食も負けず劣らず美味でした。明るい挨拶や笑顔の若いクルーの皆さん、必ず名字で呼んでくださるクルーの皆さん、風雨の中、安定した運航をしていただいたキャプテンや操縦室の皆さん、雨中の船外体験をきめ細かなフォローをしていただいたクルーの皆さん、ジャム店の情報をいただいたバーカウンターのクルー、何気なく話した事が共有されその話題で話し掛けていただいたり、楽しく、満足感・ホスピタリティに溢れる素敵な旅でした。詳しくみる ⇒参照元: クチコミ・評判

豪華客船ガンツウの経営状況

豪華客船ガンツウの経営状況https://myfairthings.comガンツウはコロナの社会で上手く経営できているか?

赤字経営

株式会社せとうちクルーズが運航しているガンツウは、コロナ社会以前から赤字経営であると情報がある。2019年の赤字は4億6300万円で、コロナ禍ではさらに厳しい状況が考えられる。株式会社せとうちクルーズの親会社はツネイシホールディングスであり、2020年の連結売上は2598億円であるが、ガンツウの直近の経営状況は公表されていない。詳しくみる ⇒参照元: ガンツウは赤字経営で失敗?1泊47万5千円は高いけど評判は?...

株式会社せとうちクルーズの採算を取る方法

株式会社せとうちクルーズの採算を取る方法https://i.ytimg.com株式会社せとうちクルーズはコロナ前でも赤字だったそうですが、評判は良いとのこと

経営戦略を見直す

株式会社せとうちクルーズは、ガンツウを運航させている会社です。コロナ前でも赤字でしたが、評判は良いようです。採算を取る方法は何かあるでしょうか?経営戦略を見直すことで、採算を取れる可能性があります。例えば、ガンツウの運航ルートや運航頻度を変更したり、ガンツウの料金体系を見直したり、ガンツウのサービス内容を充実させたりすることで、採算を取れる可能性があります。詳しくみる ⇒参照元: ガンツウは赤字経営で失敗?1泊47万5千円は高いけど評判は?...

瀬戸内海を巡る客船「ガンツウ」は、備後地方の方言でイシガニを意味します船内では、瀬戸内海の景色を眺めながらコーヒーを飲んだり、島々を巡るツアーに参加したりすることができます