Academic Box Logo

三島市事件の謎を解け!怨恨説の真偽を追う

三島市で起きた凄惨な殺人事件を取り上げます。怨恨説の真偽について、記事をもとに考えていきます。

怨恨説

怨恨説が渦巻く三島市の事件

怨恨説

三島市の事件現場ではどのような特徴が見られたか?

焦げ跡と灯油の臭い

三島市の事件現場では、拡幅工事用のコンクリートブロックが黒く焼け焦げており、灯油の臭いが漂っていた。

残虐な犯行手口から怨恨説が浮上したが、被害者の佐知子さんが人から恨まれるような素振りは一切なかった

佐知子さんは成績優秀で、バスケット部に所属する活発な女子高生だった。

ボーイフレンドもおらず、交友関係は狭かったため、捜査は難航を極めた。

➡️ 続きを読む「早く覚醒剤を注射したい」それだけの理由で人を殺せるものなの...出典/画像元: https://note.com/jitsuwa_knuckles/n/n7399b96891ae

被害者は地元でも評判のよい女子高生だったようです。動機が怨恨説だとすると、辛いですね。

覚醒剤

覚醒剤のために女を殺害

覚醒剤

未舗装の道路に無理に座らせ、ポリタンクの灯油を頭から浴びせかけた挙句、髪の毛に火をつけて殺害した男の目的は?

覚醒剤を早く打ちたい

服部純也は、山根佐知子さんを拉致して車から降ろし、口をガムテープで塞ぎ、両腕を後ろ手に縛った上で、無理矢理歩かせて、工事現場の未舗装の道路上に無理に座らせました。

そして、ポリタンクの灯油を頭から浴びせかけ、「火、つけちゃうぞ」などと言って再び脅しました。

山根佐知子さんは恐怖のあまり、身動きひとつせず、声も出しませんでしたが、服部純也はこの様子を「警察に通報しようと考えているのではないか」と思い込み、また、「早くこの女を殺害して仲間の元へ向かって覚醒剤を打ちたい」という衝動が抑えられなくなり、ライターを使って山根佐知子さんの髪の毛に火をつけました。

服部純也はしばらくその場に留まり、山根佐知子さんの身体に火が燃え広がったのを確認した後に、その場から逃走しています。

➡️ 続きを読む服部純也の生い立ちと家族!死刑執行と最後の言葉・マジかよ発言...MATOMEDIA 『マトメディア』|芸能・ゴシップ・事件まとめMATOMEDIA 『マトメディア』|芸能・ゴシップ・事件まとめ出典/画像元: https://newsmatomedia.com/hattori-junya

犯行の様子は詳細に記載されていますが、被害者の恐怖が痛いほど伝わってきます。犯人の冷酷さにゾッとします。

抵抗

抵抗した短大生

抵抗

短大生は犯人に抵抗した?

抵抗した

三島女子短大生焼殺事件は、2002年1月22日深夜から23日未明にかけて発生した殺人事件です。

被害者を強姦し、その後に灯油をかけて生きたまま焼殺するという凄惨な事件でした

犯人の服部純也は、捜査が難航しましたが、別件で逮捕・実刑判決を受けていた犯人の服部純也が捜査線上に浮かび、逮捕に至っています。

犯人の服部純也が殺害した人数は1人のみですが、死刑判決が言い渡されました。

金銭目的の殺人ではなく、さらに殺人の前科がない殺人犯に死刑判決が出たという異例の判決でも注目された事件でした。

➡️ 続きを読む三島女子短大生焼殺事件の犯人/服部純也は死刑執行!経緯と場所...NewSee|有名人の現在・芸能・ゴシップ・事件まとめNewSee|有名人の現在・芸能・ゴシップ・事件まとめ出典/画像元: https://newsee-media.com/junya-hattori

犯人は死刑判決を受けたようですが、被害者が1名でもそこまで重い刑が下ることに驚きました。

山根佐知子

存在しない噂が拡散

あなたが言及されている噂は、検索エンジンにインデックスされておらず実際には存在しないか非常に限られた範囲内でのみ広まっている可能性があります。

➡️ 続きを読む検索結果 「山根佐知子」GoogleGoogle出典: https://www.google.com/search?q=山根佐知子

検索して見つからない情報は、憶測か古い情報かもしれません。真偽は慎重に判断する必要がありますね。

三島女子短大生焼殺

三島女子短大生焼殺事件

強姦現場は、犯人の服部純也が勤めていた会社がある軽井沢事務所から車で10分ほどの場所で、深夜には真っ暗になり、人が来ないことを服部は把握していたようです。

殺害場所は三島ジャンボゴルフセンターの北側の場所で、夜でも車の通りはまばらにはあった場所でした。

そのため、事件から30分後にはトラックの運転手が遺体を発見しています。

被害者の山根佐知子さんは地元の三島南高校を卒業後、神奈川県秦野市にある上智短期大学に進学していました。

物静かでまじめな子で、控えめで優しく、誰からも好かれる誠実な人柄でした。

まじめで授業にもきちんと出席しており、対人トラブルとも無縁で、学費の足しにするために居酒屋でアルバイトをしていました。

事件当初は「男女間のもつれか?

」や「普段から遊んでいて、痴情のもつれで火をつけられたのでは?

」と報道されたり、噂が立ったりしていました

しかしこれは間違った憶測報道であり、被害者自身には何の落ち度もないのに、不運にも事件に巻き込まれただけで、まじめな子で対人トラブルはなかったことがわかっています。

犯人の服部純也は1972年2月21日に北海道上川郡上川町で生まれますが、その後すぐに、静岡県三島市に移住してきています。

➡️ 続きを読む三島女子短大生焼殺事件の犯人/服部純也は死刑執行!経緯と場所...NewSee|有名人の現在・芸能・ゴシップ・事件まとめNewSee|有名人の現在・芸能・ゴシップ・事件まとめ出典: https://newsee-media.com/junya-hattori

被害者は内気・誠実な性格だったんですね。思わぬ事件に巻き込まれてしまったことが残念でなりません。

逮捕

服部純也逮捕のきっかけ

服部純也は、2002年1月25日に当て逃げ事故を起こし、同年2月に逮捕されていた。

三島女子短大生焼殺事件の捜査は難航していたが、服部純也の過去の犯歴から容疑者として浮上し、2002年7月11日に唾液を提出させた。

その結果、服部純也の唾液と、三島女子短大生焼殺事件の現場から検出された慰留物のDNAが一致したため、服部純也は重要参考人として取調べを開始し、同日中に逮捕された。

服部純也は当初容疑を否認していたが、警察が証拠を積み上げた上で取り調べを続けたところ、同年7月30日までに犯行を認める供述をするようになり、同年8月13日に、ようやく殺人容疑での逮捕となった。

➡️ 続きを読む服部純也の生い立ちと家族!死刑執行と最後の言葉・マジかよ発言...MATOMEDIA 『マトメディア』|芸能・ゴシップ・事件まとめMATOMEDIA 『マトメディア』|芸能・ゴシップ・事件まとめ出典: https://newsmatomedia.com/hattori-junya

犯人逮捕のきっかけとなったのが当て逃げ事故とは意外です。犯行につながる糸口ってどこにあるかわからないものですね。

三島市事件は、複数の記事からその概要を捉えることができました。事件の全容が明らかになってきて、改めて犯人の残忍さに憤りを覚えます。