Academic Box Logo

絶歌の売上に関する真実とは?元少年Aの手記出版に見る公益性とマスコミ報道の嘘

絶歌の売上に関する真実とは?元少年Aの手記出版に見る公益性とマスコミ報道の嘘

ライターのYUKOです。今回は、絶歌の売上に関する真実について、元少年Aの手記出版に見る公益性とマスコミ報道の嘘について、考察していきます。

絶歌「気持ち悪い」に関するSNS、ネット上の声

絶歌「気持ち悪い」に関するSNS、ネット上の声 https://1blog.jp 絶歌「気持ち悪い」に関するSNS、ネット上の声は?

気持ち悪いという声が多く見られます。

絶歌「気持ち悪い」に関するSNSやネット上の声では、多くの人が気持ち悪いと感じているという意見が見られます。 詳しくみる ⇒ 参照元: 絶歌「気持ち悪い」|ネットの声【まとめ】

犯罪者の苦しみが伝える犯罪の抑止力

犯罪者の苦しみが伝える犯罪の抑止力 https://alpha-biz.com 被害者ではなく、自分自身と向き合う犯罪者の苦しみを伝える意味とは?

罪を犯した者のリアリティある苦しみを伝えること。

犯罪者の手記である本は、被害者や遺族ではなく、犯罪者自身と向き合っている。だからこそ、その苦しみはリアリティをもって伝わってくる。この本を読んで、犯罪を犯すことがいかにすべてを壊してしまうか、その恐怖におののくはずだ。そういう意味では、犯罪の抑止力になっても、犯罪を助長することはありえない。 詳しくみる ⇒ 参照元: 元少年aの手記出版には公益性がある!『絶歌』が明らかにした警...

神戸連続児童殺傷事件手記の遺族への伝達

神戸連続児童殺傷事件手記の遺族への伝達 https://i.ytimg.com この本の出版前に、その内容を神戸連続児童殺傷事件の遺族に伝えていたか?

いいえ。

この本は、神戸連続児童殺傷事件の加害男性の手記であるが、出版前に遺族に内容を伝えることはなかった。加害男性側の弁護士から、発売から1週間経った後に遺族に連絡があったが、遺族は受け取りを拒否した。 詳しくみる ⇒ 参照元: 絶歌

金の力に敗れた元少年A

金の力に敗れた元少年A https://neetsha.jp 元少年Aはどのような状態に置かれていたのか

金の力に敗れた状態

元少年Aは、自分自身を特別な存在であると信じていたため、事件を掘り起こして絶歌を書いて金儲けに成功した。しかし、その後のホームページ運営はうまくいかず、金がなくなると自由が抑制された状態に陥った。このことは、彼にとってホームページ運営は単なるビジネスの一環であり、特別な存在であるという証を立てた気になっていた心境を打ち砕くものだった。結局は糾弾されて、現在は昔の勢いがなくなり、逃げるように再び社会の藻屑となって目立たずに生きようとしている。これは、元少年Aの家族が現在、メディアに取り上げられているの涙の告白をみれば明らかである。これほどの怪物であっても、やはり金の力にはかなわなかったということである。 詳しくみる ⇒ 参照元: 元少年aの絶歌の内容と印税は? ネタバレの感想に唖然・・・

少年Aが淳君を殺した理由

少年Aが淳君を殺した理由 https://i.ytimg.com なぜAは淳君を殺したの?

淳君に特別な感情を抱いており、自分が醜いことを自覚していたため。

少年Aが出版した手記「絶歌」では、少年Aが淳君を殺した動機は、淳君に特別な感情を抱いていたためであると明かされた。これまでの報道や専門家の分析では、Aの歪んだ心理の背景には母親の厳しいしつけがあり、そのために、屈折や反発をおぼえてきたとされてきた。しかし、「絶歌」には、こうした分析と矛盾する生育歴、母親との幼少時のエピソードがいくつも綴られている。 詳しくみる ⇒ 参照元: 元少年aの手記出版には公益性がある!『絶歌』が明らかにした警...

酒鬼薔薇聖斗の手記『絶歌』出版への反応

酒鬼薔薇聖斗の手記『絶歌』出版への反応 https://pds.exblog.jp 酒鬼薔薇聖斗の手記『絶歌』が出版されたことに対して、人々はどのような反応を示しているか

不快感を示す声が多い。

酒鬼薔薇聖斗の手記『絶歌』が出版されたことに対して、人々は不快感を示す声が多いです。この本を扱う本屋、出した出版社、ひいては凶悪犯罪でも早く出所して金儲けをしようとする犯人に怒りを覚えている人も少なくありません。また、被害者のことを想像すると読む気になれない、文章から罪悪感が伝わらない、金儲けにすることが許せないといった理由で、この本を不快に思う人も多いです。 詳しくみる ⇒ 参照元: 絶歌「気持ち悪い」|ネットの声【まとめ】

母親元凶説は刷り込み

母親元凶説は刷り込み https://ktv.jp 父親のしつけが厳しすぎたから殺人事件が起きたのか?

母親は犯行と無関係。

Aは、犯行前、同級生の男児を激しく殴り、ナイフをかざしたことがあった。その際、両親に対して「悪口を言いふらされた」と嘘をついた。Aの母親は「暴力振るってもうたら、最終的にはあんたが悪者にされてまうねんで」と諭した。Aは、母親と事件の関係について「何の因果関係もない」ときっぱり否定。少年院側から「母子関係の改善をはかるように」との要望が出されたが、Aは「いかにもドラマ仕立のストーリーはわかりやすいし面白い」と評している。また「母親を悪く思わなくてはならない」と考えるようになったと述べている。 詳しくみる ⇒ 参照元: 元少年aの手記出版には公益性がある!『絶歌』が明らかにした警...

犯罪抑止力の可能性

犯罪抑止力の可能性 https://d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net なぜ彼の言葉が犯罪抑止力になると考えるのか?

反省と後悔を促すから

彼の言葉が社会に伝われば、犯罪の抑止力になる可能性がある。なぜなら、彼の言葉は、犯罪を犯す人間が、普通の人間と同じように後悔や反省の念を抱いていることを示しているからである。これは、犯罪を犯す可能性のある人々に、犯罪を犯せば、必ず後悔することになると気づかせることになる。また、彼の言葉は、犯罪を犯した人間が、更生して社会に復帰することが可能であることを示している。これは、犯罪を犯した人々に、更生する希望を与えることになる。 詳しくみる ⇒ 参照元: 元少年aの手記出版には公益性がある!『絶歌』が明らかにした警...

表現の自由と被害者遺族の感情

表現の自由と被害者遺族の感情 https://sankei.com 少年Aの手記『絶歌』出版の是非について、被害者遺族の感情をどう考えるべきか

遺族の感情は尊重されるべき。

少年Aの手記『絶歌』の出版に対して、被害者遺族が不快に思うのは当然の感情である。しかし、被害者遺族の感情を尊重しつつも、表現の自由を保障するためには、こうした本の出版の機会は奪われてはならない。表現の自由は、民主主義社会において重要な権利であり、たとえ不快な内容であっても、表現する権利は守られるべきである。また、少年Aの手記は、事件の背景や犯人の心理を知る上で貴重な資料であり、その出版は公共の利益にも資するものである。 詳しくみる ⇒ 参照元: 元少年aの手記出版には公益性がある!『絶歌』が明らかにした警...

『絶歌』の印税はいくら?

『絶歌』の印税はいくら? https://i.ytimg.com 犯罪ノンフィクション小説『絶歌』の印税はどのくらいもらえたのでしょうか?

2000万円以上

犯罪ノンフィクション小説『絶歌』は、元少年Aの犯罪後の社会復帰過程を描いた作品で、ベストセラーとなりました。印税は少なくとも2000万円以上と考えられますが、元少年Aはこの印税の使い道を明らかにしていません。 詳しくみる ⇒ 参照元: 元少年aの絶歌の内容と印税は? ネタバレの感想に唖然・・・

絶歌の売上は、元少年Aの手記出版に見る公益性とマスコミ報道の嘘、母親元凶説は刷り込み、母親は犯行と無関係、金の力に敗れた元少年A、金の力に敗れた状態、絶歌「気持ち悪い」に関するSNS、ネット上の声など、さまざまな要因が考えられます