Academic Box Logo

黒歴史から現代まで…プリクラの変遷を辿る。

黒歴史から現代まで…プリクラの変遷を辿る。

どうも、ライターのYUKOです。今回はプリクラの変遷についてお話ししたいと思います。

女子のプリ機選びのこだわり

女子のプリ機選びのこだわり https://apptopi.jp 流行を先取る女子が好むプリ機の特徴は何か?

機種の「盛れる」機能

プリ機で「盛れる」機能を重視する女子たちは、最新の機種をこぞって使う。女子がもつ、流行を先取りしたいという欲求を満たしてくれるのが、「盛れる」機能を備えた最新の機種なのだ。 詳しくみる ⇒ 参照元: Google

プリクラの歴史

プリクラの歴史 https://stat.ameba.jp プリクラの歴史はどのくらい?

約20年

1995年に誕生したプリクラは、その後低迷期がありながらも、約20年もの間、若者の遊びとして進化を続けてきた。プリクラブームが到来した頃、毎日友達とのプリクラ交換に励んでいた人も多いだろう。あの頃を懐かしみながら、プリクラの歴史を振り返る。 詳しくみる ⇒ 参照元: 進化を続けるプリクラの歴史をプレイバック!

内蔵カメラで撮影するシール製造機

内蔵カメラで撮影するシール製造機 https://newscast.jp 顔や姿の撮影に、どのような機器が内蔵されているのか?

カメラ

プリント倶楽部は、内蔵カメラで自分の顔や姿の撮影をし、シールを製造する機械。略称は「プリクラ」。写真をデジタル化することで、画像や風景の合成写真撮影、フレームやスタンプ模様の挿入、ペンタブレットによる文字の書き込みが可能に。昭和の証明写真機の延長だが、デジタルカメラの普及と携帯電話の移動通信技術の「合わせ技」が生んだヒット商品である。 詳しくみる ⇒ 参照元: プリント倶楽部

プリクラの起源

プリクラの起源 https://pic.prepics-cdn.com 全国各地に設置されているプリクラの原型になった機体は?

プリホンカード

プリクラの原型は、1997年7月8日に東京・池袋のアミューズメントセンター「池袋GIGO」に登場した「プリホンカード」である。プリホンカードはプリクラとほぼ同様の操作で自分だけのテレホンカードが作れるオリジナルテレカ作成機・購入器である。フレームを選択した後、自分の電話番号やメッセージを入力。そして顔写真を撮影してから約40秒後に名刺に近いデザインのオリジナルテレカが完成する。作成価格は1回(1000円)である。その後はトーワジャパン製の「ストリートスナップ」により全身を写せるほどの広範囲化が実現された。 詳しくみる ⇒ 参照元: プリント倶楽部

プリクラの盛り文化のきっかけ

プリクラの盛り文化のきっかけ https://eggegg.jp 女の子たちの『盛り』文化のきっかけとなったプリクラの機種の名前は?

花鳥風月

2000年代前半、プリクラの機種には『おもしろ系』が多かった。合成や風が吹くなど、プリクラを撮るたびに『物語作り』を楽しんでいた感じがあった。そして、2003年にバンダイナムコの『花鳥風月』という機種が登場し、プリクラでよく写るために『化粧で盛る』というニュアンスから、『プリを使ってきれいになる』というニュアンスに変わった。女の子たちの『盛り』文化が本格的にはじまったのは、2007年頃。 詳しくみる ⇒ 参照元: Google

プリクラ流行のきっかけ

プリクラ流行のきっかけ https://trepo.jp 1990年代にプリクラが流行したきっかけは?

SMAPのテレビ番組。

プリクラは、パソコンも入っていないシンプルな作りで、デジカメとプリンターを繋いだだけのものだった。流行のきっかけは、SMAPがレギュラー出演するテレビ番組で毎週「SMAPが撮ったプリクラをプレゼントします」という企画を行ったこと。応募ハガキに自分で撮ったプリクラを貼る人が多く、そこから広がっていった。結果的には女子高校生だけでなく、老若男女に一気に広がった。 詳しくみる ⇒ 参照元: Google

プリクラの進化は止まらない

プリクラの進化は止まらない https://fashionsnap.com 最近のプリクラは昔と比べてどのくらい進化した?

比較にならないほど進化した。

最近のプリクラは、鮮明な画質と肌をきれいに見せる画像技術で人気を集めている。撮影範囲が大きくなり、ポーズで遊ぶこともできる。筆者がプリクラブームを体験した世代だが、現代のプリクラに挑戦してその進化に驚いた。プリクラの歴史はドラマチックであり、今後も進化は続きそうだ。 詳しくみる ⇒ 参照元: 進化を続けるプリクラの歴史をプレイバック!

プリクラの進化

プリクラの進化 https://kutie.me 昔と比べてプリクラの機能はどう変化した?

大幅に向上

昔のプリクラはフレームを選んだり、撮りながら落書きしたりという程度だったが、現在は加工機能が充実し、よりかわいく盛れるようになった。プリクラのかわいさは参考にならないという考えが男子学生の間に広まり、ブームは去ったが、加工機能の向上により再び人気上昇している。 詳しくみる ⇒ 参照元: 進化を続けるプリクラの歴史をプレイバック!

プリクラブームと女性たち

プリクラブームと女性たち https://imgopt.asahi.com 女性がプリクラに夢中になった理由は?

流行に乗って友達とつながるため。

プリクラブームでは、女性がプリクラに夢中になりました。プリクラを撮ることは、友達とのつながりを深めるための手段でした。当時を懐かしむ人たちは、プリクラ巡りをしたり、プリ帳を持ったりして、友達とプリクラを交換したことを語っています。男性は、女性に付き合ってプリクラを撮ることに照れくささを感じていたようです。 詳しくみる ⇒ 参照元: 進化を続けるプリクラの歴史をプレイバック!

プリントシール機の撮影画像送信先

プリントシール機の撮影画像送信先 https://mdn.co.jp 3G通信機能を搭載したプリントシール機の撮影画像はどこへ送信される?

サーバー

プリントシール機の撮影画像は、3G通信機能を搭載した筐体からプリントシール機メーカーが管理するサーバーへ送信される。この機能により、ソフトウェアのアップデートやプロモーションの更新が行われたり、撮影した画像をユーザーに提供したりすることが可能になっている。また、以前は印刷トラブルに備えて撮影データを過去数回分蓄積して再プリントすることができる機種もあったが、この機能を悪用される例があったことや、個人情報保護意識の高まりもあり、現在は印刷が完了した撮影データの閲覧や再プリントはできないようになっている。 詳しくみる ⇒ 参照元: プリント倶楽部

プリクラは、若者の間で流行している写真シール機の一種ですプリクラの歴史は、1995年に誕生したプリホンカードから始まりましたその後、プリクラは進化を続け、現在では、さまざまな機能を搭載したプリクラ機が登場しています