Academic Box Logo

ヴィラ・フィレンツェ:ビバリーヒルズの超豪邸が競売にかけられるってホント?その値段、聞いてビックリ!

ヴィラ・フィレンツェ:ビバリーヒルズの超豪邸が競売にかけられるってホント?その値段、聞いてビックリ!
📘 この記事で分かる事!

💡 ビバリーヒルズの超豪邸「ヴィラ・フィレンツェ」が競売にかけられている。

💡 ヴィラ・フィレンツェは13のベッドルーム、17のフルバスルーム、3つのゲストハウス、プール、テニスコート、庭園など、豪華な設備を備えている。

💡 競売は2021年1月26日から8日間開催され、最低価格は設定されていない。

それでは、最初の章に入っていきましょう。

ヴィラ・フィレンツェ:ビバリーヒルズの豪華邸宅

ヴィラ・フィレンツェは、まさに夢のような邸宅ですね。

🔖 関連記事の要約!2年間買い手が付かず、オークションに…ビリオネア所有のビバリーヒルズの豪邸を見てみよう

公開日:2021/01/04

2年間買い手が付かず、オークションに…ビリオネア所有のビバリーヒルズの豪邸を見てみよう

✅ ハンガリー生まれの億万長者、スティーブン・ウドヴァーヘイジー氏が所有するビバリーヒルズの豪華邸宅「ヴィラ・フィレンツェ」が、2年以上にわたる売却活動の後、オンラインオークションに出品されることになりました。

✅ この邸宅は、13のベッドルーム、17のフルバスルーム、3つのゲストハウス、リゾートスタイルのプール、テニスコート、噴水のある庭園など、贅沢な設備を備えています。

✅ オンラインオークションは2021年1月26日から8日間開催され、最低価格は設定されていません。ウドヴァーヘイジー氏は、このオークションを通じて、ヴィラ・フィレンツェに対して最高の入札額を受け入れることを目指しています。

さらに読む ⇒Business Insider Japan|ビジネス インサイダー ジャパンBusiness Insider Japan|ビジネス インサイダー ジャパン出典/画像元: https://www.businessinsider.jp/post-226811

このような素晴らしい邸宅が競売にかけられるとは、驚きです。

ビバリーヒルズの広大なゲーテッドコミュニティ、ノース・ビバリー・パークに位置するヴィラ・フィレンツェは、13のベッドルーム、17のフルバスルーム、8つのハーフバスルームを備えた豪華な邸宅です。1858平方メートルの敷地内には、3つのゲストハウス、リゾートスタイルのプール、テニスコート、噴水のある格式高い庭園などがあります。この邸宅はハンガリー生まれのビリオネアでエア・リース・コーポレーションの会長であるスティーブン・ウドヴァーヘイジー氏によって所有されています。

え、まじ!?こんな豪邸に住みたいわ!

うっわ、すげーな!俺もいつかこんな豪邸に住みたい!

昔はね、こんな豪邸なんかあったもんじゃないのよ。戦争中は、みんな地下室で暮らしてたんだから!

売却されなかったヴィラ・フィレンツェの競売

競売の結果がどうなったのか、気になりますね。

🔖 関連記事の要約!ヴィトラ」がジャン・プルーヴェによる名作ラウンジチェアを限定復刻

公開日:2022/06/22

ヴィトラ」がジャン・プルーヴェによる名作ラウンジチェアを限定復刻

✅ ジャン・プルーヴェがデザインしたラウンジチェア「フォトゥイユ カングルー」とレターオープナー「クープ パピエ」が復刻され、ヴィトラから限定発売された。

✅ ゛フォトゥイユ カングルー゛はカンガルーを連想させるゆったりとした座席が特徴で、オーク材、金属、ブークレ生地を使用し、プルーヴェ ブルー マルクールという青色のカラーを採用している。

✅ 1938年にデザインされた゛クープ パピエ゛は、ステンレススチール製のプロトタイプが復刻され、機能性とオブジェとしての美しさを兼ね備えている。

さらに読む ⇒Fashion Magazine - Beauty Tips, Fashion Trends, & Celebrity News - ELLEFashion Magazine - Beauty Tips, Fashion Trends, & Celebrity News - ELLE出典/画像元: https://www.elle.com/jp/decor/decor-interior-design/a40304133/reebok-eames-office-collaboration-2206-1655337005/

最低価格が設定されていないとのことなので、どんな価格で落札されるのか、注目ですね。

ヴィラ・フィレンツェは、2018年に1億6500万ドルで最初に売りに出されましたが、買い手が見つかりませんでした。そこで、ウドヴァーヘイジー氏は2021年1月26日からコンシェルジュ・オークションズを通じて競売にかけることを決定しました。最低価格は設定されておらず、ウドヴァーヘイジー氏は最高入札額を受け入れる予定です。

え、売れてないの?何で?

まあ、値段が高いから売れないんやろ。

昔はね、金持ちでもこんな豪邸は持てなかったのよ。今の若い人は、贅沢すぎるわね。

富裕層の増加とセキュリティ対策

富裕層の増加とセキュリティ対策は、社会問題として注目されています。

🔖 関連記事の要約!米CEOの警備費用ランキング、首位ザッカーバーグは年間10億円
米CEOの警備費用ランキング、首位ザッカーバーグは年間10億円

✅ アメリカで最も裕福な企業創業者たちの資産は過去5年で2倍以上に増加しましたが、その身辺警備費用は資産額ほどには増加していません。

✅ 唯一の例外はフェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグで、昨年4月に発生したユーチューブ銃乱射事件を受け、ザッカーバーグの警護費用は年間1000万ドルに増加しました。

✅ 他の企業創業者、例えばアマゾンのジェフ・ベゾスやバークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェットなどは、近年警護費用を大幅に増やすことなく、比較的安定した費用で警備体制を維持しています。

さらに読む ⇒Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)出典/画像元: https://forbesjapan.com/articles/detail/26104

富裕層のセキュリティ対策は、もはや常識になりつつあるのでしょうか。

富裕層の住宅地に対する懸念の高まりにより、高度なセキュリティシステムの需要が高まっています。フロリダ州のザ・サンクチュアリでは、650万ドルから700万ドルの家があり、各世帯は年間約3万ドルを警備に費やしています。敷地内では、武装した警備員が陸上と水上を巡回し、赤外線センサー付きの壁が設置されています。コミュニティへの入場は厳しく制限されており、郵便配達員さえも入ることができません。

セキュリティって、めっちゃ大事やん!

うっわ、セキュリティもすごいな!でも、俺には関係ない話やな。

昔はね、セキュリティなんていう言葉はなかったのよ。みんな、近所の人を信用して暮らしてたんだから!

不安の高まりとセキュリティへの投資

セキュリティ対策は、富裕層だけでなく、一般の人にとっても重要な課題ですね。

🔖 関連記事の要約!ウルトラリッチ、やっぱりカリフォルニア州が好き-出戻りの動きも

公開日:2023/08/03

ウルトラリッチ、やっぱりカリフォルニア州が好き-出戻りの動きも

✅ カリフォルニア州では、超富裕層の増加と同時に、低所得者層の賃金は停滞し、生活費の高騰により多くの人々がテキサス州やアリゾナ州などのより安い州に移住しています。

✅ この人口減少は、カリフォルニア州の経済成長を阻害する可能性があり、州政府は生活費の抑制やインフラ整備など、低所得者層への支援策を講じる必要性が高まっています。

✅ 一方で、カリフォルニア州は依然として世界的に富が集まる場所であり、AI産業などの成長によって新たな富が生まれています。しかし、富の偏在は社会不安や格差の拡大につながる可能性があり、カリフォルニア州はこれらの課題に対処するための政策を検討する必要があります。

さらに読む ⇒Bloomberg.co.jpBloomberg.co.jp出典/画像元: https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2023-08-03/RYQVN4DWLU6801

富の偏在は、社会不安や格差の拡大につながる可能性があり、深刻な問題です。

ザ・サンクチュアリの事例は、アメリカの富裕層の間で高まる不安を反映しています。シカゴでは民間警察の雇用が増加し、ロサンゼルスではセーフルームの需要が高まっています。ホームセキュリティ研究機関SafeHomeの調査によると、49%のアメリカ人が暴動を恐れ、35%が強盗や空き巣を恐れています。経済的に余裕のある人々は、ホームセキュリティの設備を整えるために多額の投資をする傾向があります。ザ・サンクチュアリを販売するエージェントは、特にニューヨークやシカゴなどから移住してきた富裕層は、高度なセキュリティを当然のことだと考えていると述べています。

え、マジ!?怖い!

ま、でも、うちにはセキュリティなんていらんな。

昔はね、こんな不安はなかったのよ。戦争が終わった後は、みんな平和に暮らしてたんだから!

今回の記事では、ビバリーヒルズの超豪邸「ヴィラ・フィレンツェ」の競売や、富裕層のセキュリティ対策についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 ヴィラ・フィレンツェは競売にかけられたものの、売却には至らなかった。

💡 富裕層の増加と同時に、セキュリティ対策の需要も高まっている。

💡 富の偏在は、社会不安や格差の拡大につながる可能性があり、社会問題となっている。