Academic Box Logo

SMSってホントに便利?使いこなせてる?知っておきたいSMSの基礎知識とは!?

SMSってホントに便利?使いこなせてる?知っておきたいSMSの基礎知識とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 SMSは電話番号だけでメッセージを送受信できるサービスです。

💡 画像や動画などのファイルは送信できません。

💡 送信できる文字数には制限があります。

それでは、SMSの基本情報から詳しく見ていきましょう。

SMSの基本情報

SMSの基本情報について説明しました。

🔖 関連記事の要約!SMSで送信可能な文字数について
SMSで送信可能な文字数について

✅ SMSの送信可能な文字数は、キャリアや機種によって異なりますが、最大で全角670文字(半角英数字で1530文字)まで送信可能です。ただし、古い機種やフィーチャーフォンなどでは送信可能な文字数が異なる場合があります。

✅ SMSの送信料金は文字数によって異なります。通常は70文字程度で3円ですが、70文字を超える場合は文字数に応じて料金が変わります。例えば、100文字のSMSを送信する場合は、2通分の送信料金が発生します。

✅ スペースや改行は文字数にカウントされます。改行は1つにつき2バイト、スペースは全角の場合は2バイト、半角の場合は1バイトとしてカウントされます。

さらに読む ⇒株式会社メディア4u株式会社メディア4u出典/画像元: https://www.media4u.co.jp/sms_solution/word_count/

送信できる文字数に制限があるのは、ちょっと不便ですね。

SMS(ショートメッセージサービス)は、電話番号だけでメッセージを送受信できる便利なサービスです。ただし、画像や動画などのファイルを送信することはできません。また、送信できる文字数には制限があり、機種によって異なります。AndroidやiOS搭載のスマートフォンでは最大670文字、フィーチャーフォン(ガラケー)では最大70文字まで送信できます。さらに、SMSを送信するには、送信する文字数に応じて料金がかかります。SMSを送信する方法も端末によって異なり、iPhoneやAndroidでは「メッセージ」アプリ、フィーチャーフォン(ガラケー)では「メール」機能から送信できます。

まじ!?そんな制限あるんや!知らんかったわ。

そうやね、今はみんなLINEとか使ってて、SMS使う人あんまりおらんもんなー。

あら、SMSってまだあるんね?昔はよく使ってたわよ。

SMSの制限事項

SMSの制限事項について説明します。

🔖 関連記事の要約!SMSには文字数制限がある!機能別文字数の一覧や送信時の注意点を紹介
SMSには文字数制限がある!機能別文字数の一覧や送信時の注意点を紹介

✅ SMSの文字数制限は機種やサービスによって異なる。AndroidとiOSは最大670文字(半角1530文字)だが、古い機種やアプリでは制限される場合がある。ガラケーは最大70文字(半角160文字)まで。

✅ SMS送信料金はキャリアによって異なるが、概ね文字数が多いほど高くなる。個人利用では1通あたり3円〜33円程度。SMS送信サービスを利用する場合は1通あたり15〜18円程度が相場。

✅ SMS送信エラーが発生した場合、文字数の確認、件名や画像の削除、24時間待つ、国内SMS送信サービスを利用するなどの対処法がある。SMS送信サービスを利用することで、長文送信や送信エラー回避など、さまざまなメリットがある。

さらに読む ⇒LISKULLISKUL出典/画像元: https://liskul.com/sms-limit-104967

送信できる文字数や量に制限があるんですね。

SMSには、送信できる文字数や1日に送信できる量に制限があります。文字数制限は機種によって異なり、AndroidとiOS搭載のスマートフォンでは最大670文字まで、フィーチャーフォン(ガラケー)では最大70文字まで送信できます。また、送信できるSMSの量にも制限があり、キャリアによって1日に送信できる上限が設定されています。

マジかよ!SMSってこんなに制限あるんや!

まあ、そうなるわな。昔と違って、今はもっと便利なツールがあるし。

あら、そうなんね。時代は変わるもんやねぇ。

SMSを送信できない場合の原因

SMSを送信できない場合の原因について説明します。

🔖 関連記事の要約!SMSが送信できない原因とは?事業者側・顧客側別に徹底解説【法人向け】
SMSが送信できない原因とは?事業者側・顧客側別に徹底解説【法人向け】

✅ この記事はSMS送信サービスの基礎知識と活用方法、特に法人におけるSMS活用のメリットと課題について解説しています。

✅ SMS送信サービスの機能として、一括送信、API連携送信、IVR連携送信、SMS認証、業務連絡など、様々な活用方法が紹介されています。

✅ SMSが送信・返信できない原因として、事業者側の設定ミスやサービスの利用制限、通信環境などの問題が挙げられています。

さらに読む ⇒SMS配信サービスSMSLINK - 業界最安値水準1通6円から利用可能SMS配信サービスSMSLINK - 業界最安値水準1通6円から利用可能出典/画像元: https://smslink.nexway.co.jp/column/38

様々な原因があるんですね。

SMSを送信できない原因はいくつかあります。考えられる原因としては、文字数制限を超過している、送信上限を超過している、電話番号を間違えている、受信側がSMSを受信拒否している、格安SIMを利用している、キャリア側で受信拒否設定がされている、海外製のSMSサービスを利用している、電波状況が悪いなどが挙げられます。

なんで送れんねん!まじむかつくわ!

まあ、よくあることやで。落ち着いて対処法を試してみよう。

あら、そうなることもあるわよね。焦らずに落ち着いて対処しないとね。

SMSの既読機能とチェックマーク

SMSの既読機能とチェックマークについて説明します。

🔖 関連記事の要約!+メッセージで相手が既読にならない
+メッセージで相手が既読にならない

✅ 「+メッセージ」アプリのチェックマークは、LINEの既読機能と同様に、相手がメッセージを表示した際に2つになる。しかし、実際にはガラホなどのSMS対応端末では、メッセージを読んだ場合でもチェックマークは1つのままである。

✅ これは、相手が「+メッセージ」アプリを使用していない場合にチェックマークが2つにならない可能性があることを示唆している。

✅ 「+メッセージ」アプリは、ガラホとの連携やSMS送信設定など、使い勝手の面で課題があり、相手が同じアプリを使用していることを前提とした説明となっているため、分かりづらく、不親切な印象を受ける。

さらに読む ⇒hide98゛s bloghide98゛s blog出典/画像元: https://hide98.hatenablog.com/entry/2022/10/03/133213

既読機能がないのは不便ですね。

AndroidのSMSメッセージには既読機能はなく、メッセージが読まれたかどうかを確認することはできません。ただし、メッセージの横に表示されるチェックマークは「送信済み」を表しており、メッセージが相手に送信されたことを確認できます。iPhoneでは、SMSメッセージに既読機能があり、メッセージが読まれると送信元のメッセージの横に「既読」と表示されます。

え、既読機能ないん?まじ!?LINEみたいに確認できないんかな?

まあ、SMSは基本的な機能だから、既読機能がないのは仕方ないんじゃないかな。

あら、SMSにも既読機能があるのね?知らなかったわ。

SMSの料金

SMSの料金について説明します。

🔖 関連記事の要約!SMSの文字数制限や料金を機種やキャリア別に徹底解説!

公開日:2024/03/14

SMSの文字数制限や料金を機種やキャリア別に徹底解説!

✅ この記事は、SMS(ショートメッセージ)の文字数制限について解説しています。

✅ 具体的には、キャリア別・機種別の文字数制限、SMSのメリット・デメリット、送信エラー時の対処法、SMSサービスの選び方などを詳しく説明しています。

✅ また、法人向けSMS送信サービス「KDDI Message Cast」の紹介も含まれています。

さらに読む ⇒SMS送信サービス「KDDIメッセージキャスト」SMS送信サービス「KDDIメッセージキャスト」出典/画像元: https://sms.supership.jp/blog/sms/post-134/

文字数によって料金が変わるんですね。

SMSの料金は送信する文字数によって異なります。1通あたり3円から33円までかかり、送信する文字数が増えるほど料金も高くなります。料金体系はキャリアによって異なるため、詳細は各キャリアの公式サイトでご確認ください。

え、SMSって料金かかるん?知らんかったわ。

まあ、昔はもっと高かったらしいよ。今は安くなったみたいだけどね。

あら、SMSにも料金がかかるのね?昔はタダで送れたような気がするんだけど。

SMSについて詳しく解説しました。

🚩 結論!

💡 SMSは電話番号だけでメッセージを送受信できるサービスです。

💡 画像や動画などのファイルは送信できません。

💡 送信できる文字数や料金に制限があります。