Academic Box Logo

インドの成長率は世界一!その驚くべき経済成長の秘密とは?

こんにちは、ライターのSatukiです。今回は、インドの経済成長についてご紹介します。インドは、現在世界で最も成長している国の一つです。その経済成長率は、世界一とも言われています。今回は、インドの経済成長の秘密について解説していきます。

インド、中国に代わって世界の成長センターへ

インドが中国に代わって世界の成長センターとなる理由は?

人口増加と経済成長

2023年、インドは中国を抜いて人口世界一となる。

インドは27年には日本を抜いてGDP(国内総生産)で世界3位となる一方、中国の成長率は今後も低下を続ける見込みである。

これにより、中国に代わってインドが世界の成長センターとなる。

インドはすでに100カ国以上で事業を展開し、約1億5000万人以上の生徒にサービスを提供しているオンライン教育のバイジューズ社など、新興企業が成長している。

詳しくみる ⇒参照元: Google

世界情勢とインドの国内総生産(実質GDP)成長率(年率)

インドと中華人民共和国では、人口数の多い国同士でも、国内総生産(実質GDP)成長率(年率)には圧倒的な差があるとしたら、どう思いますか?

世界情勢の変化に関連する国内情勢の変化が大きいと考えられる。

インドの国内総生産(実質GDP)成長率(年率)は、中国、アメリカ、日本と比較して高い。

特に日本と比較すると、7倍もの差がある。

インドの国内総生産(実質GDP)成長率(年率)が高い理由は、世界情勢の変化に関連する国内情勢の変化が大きいと考えられる。

また、インドは世界で34番目に高い国内総生産(実質GDP)成長率(年率)を誇っている。

詳しくみる ⇒参照元: インドの国内総生産(実質GDP)成長率(年率)(推移と比較グ...

中国の人口問題が経済に及える影響

中国の少子化は経済にどのような影響を与えるか

経済的な衰退

中国の生産者人口はピークに達し、2042年以降急速に減少し、税収や社会保険料などの社会を支える経済的な資本が不足する。

政府が経済成長を重視した政策をとり、国民の不満が鬱積し、社会情勢は悪化の一途をたどる。

また、インド、ベトナム、バングラデシュ、エジブト、インドネシアの発展が中国を追い抜く。

詳しくみる ⇒参照元: Google

インドの半導体工場建設

インドで半導体の工場を建設する企業は?

台湾・鴻海精密工業

インドは、半導体の国産化を進めており、台湾の鴻海精密工業がインドの資源関連複合企業ヴェダンタと組んで、グジャラート州に半導体の新工場の建設をインド政府に申請している。

総投資額は1.54兆ルピー(約2兆6000億円)にものぼる見込みだ。

また、ベルギーの世界最先端の半導体研究機関imec(アイメック)は22年10月、インド政府とインドにおける技術支援を行うことで合意した。

imecが供与する微細加工技術のレベルは、回路線幅28ナノメートル(ナノは10億分の1)かそれ以下と、最先端の半導体製品とは開きがある。

しかし、インドで半導体を国産化するうえで、産業のエコシステム(経済的な生態系)を作る基礎固めとみられる。

詳しくみる ⇒参照元: Google

インド経済の未来は製造業にかかっている

政府が製造業振興策に成功すれば、インド経済はどうなるか?

持続的な高成長が実現する。

インドの経済成長を続けるには、製造業の振興が必要不可欠。

製造業が発展すれば、質の高い雇用が生まれ、経済の底上げにつながる。

政府が製造業振興策に成功すれば、インド経済は持続的な高成長を遂げることができ、世界経済をけん引する存在となる可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 世界一の人口大国となるインド経済の見通し-当面は底堅い成長が...

インドIT産業の強さの秘密

インドはなぜIT分野に強いのか

カースト制度の影響を免れたため

インドは、IT分野に強い理由の一つとして、カースト制度の影響を免れたことが挙げられる。

カースト制度では、職業が各集団に付随して維持されてきたが、ITは新しい産業であるため、カーストの制約がなく、優秀な人材が集まった。

また、インドは1991年に経済自由化政策に切り替え、発展の基礎を築いた。

現在は、モディ現政権が製造業、特に半導体分野に注力しており、中国依存からの脱却を目指している。

詳しくみる ⇒参照元: Google

インド経済の見通し

インドの景気は今後どうなる?

底堅い成長が続く

インド経済は、コロナ禍からの回復の勢いが弱まるなか、内需と外需の鈍化により減速が予想される。

しかし、公共投資が景気の下支え役となり、底堅い成長を維持するだろう。

内需は、インフレの高止まりや金融引き締め策の継続が重石となり、消費と投資の増勢が鈍化しそうだ。

また、世界経済の減速により輸出が鈍化傾向にあり、外需のマイナス寄与は続くだろう。

詳しくみる ⇒参照元: 世界一の人口大国となるインド経済の見通し-当面は底堅い成長が...