Academic Box Logo

横浜生まれ横浜育ちの老舗海苔問屋「蔦金商店」が閉店!!出川哲朗の実家として知られる海苔問屋の今後

横浜生まれ横浜育ちの老舗海苔問屋「蔦金商店」が閉店!!出川哲朗の実家として知られる海苔問屋の今後

横浜生まれ横浜育ちのライターYUKOです。老舗海苔問屋「蔦金商店」が閉店したと聞いて、とても驚きました。出川哲朗さんの実家として知られるこの海苔問屋は、どのような今後を迎えるのでしょうか。

蔦金商店の復活

蔦金商店の復活https://matchworking.net蔦金商店が倒産の危機から救われたのはなぜ?

債務者やお客様の助けがあったから

蔦金商店は、経営難に陥り、倒産の危機に瀕した。その際、大勢の債務者や多くのお客様に助けられ、今日まで一日たりともシャッターを閉めずに営業を続けている。現在も、蔦金商店は海苔の産地を直接訪れて海苔を買い付け、全国各地に海苔を卸している。詳しくみる ⇒参照元: 横浜生まれ横浜育ちの老舗海苔問屋『蔦金商店』

出川哲朗さんの実家は海苔問屋

出川哲朗さんの実家は海苔問屋https://sabucaru.com出川哲朗さんの実家は、どのようなお店を経営しているの?

海苔問屋

出川哲朗さんの実家は、横浜市にある120年以上続く老舗海苔問屋「つた金海苔店」を家族で経営しています。株式会社蔦金商店という会社名で、現在は出川さんの兄が5代目社長を務めています。海苔問屋として長い歴史を持ち、家族経営で事業を続けてきました。詳しくみる ⇒参照元: 出川哲朗 実家は海苔問屋『つた金』を経営するなど金持ち

蔦金の販売戦略

蔦金の販売戦略https://cdn.snsimg.carview.co.jpなぜ蔦金は倒産しかけたのか?

販売戦略のため。

蔦金は、2019年に楽天市場と高島屋の催事、通販から閉店しました。しかし、公式HPからの注文は可能で、出店手数料がかからないため、販売価格を安く抑えることができています。蔦金は海苔の問屋としても業績が好調で、倒産はありえないと考えられます。楽天市場や高島屋ネットショッピングなどで販売すると、手数料がかかるため、公式HPと店頭販売に絞ることで、コスト削減を図っています。詳しくみる ⇒参照元: 出川哲朗の実家の場所は蔦金商店!金持ち家系で閉店になりかけた...

出川哲朗の叔父「修治」さんの正体

出川哲朗の叔父「修治」さんの正体https://moneypost.jp出川さんの叔父に当たる「修治」さんの正体は?

初代海苔問屋創業者の次男

出川哲朗の叔父に当たる修治さんは、出川哲朗の曽祖父で初代海苔問屋である金蔵さんの次男でした。金蔵さんが56歳で亡くなり、金蔵さんの長男である政雄さんが2代目として海苔問屋を引き継ぎましたが、政雄さんも56歳という同じ年齢で亡くなってしまい、政雄さんの長男である誠一郎さんが3代目を継ぎました。詳しくみる ⇒参照元: 出川哲朗 実家は海苔問屋『つた金』を経営するなど金持ち

海苔問屋の蔦金商店

海苔問屋の蔦金商店https://jimotto.jp蔦金商店は何を販売している?

海苔問屋

蔦金商店は、神奈川県横浜市神奈川区栄町にある海苔問屋です。創業は明治時代で、100年以上もの歴史があります。海苔問屋として、海苔の販売だけでなく、乾物や削り節なども販売しています。海苔問屋として、海苔の販売だけでなく、乾物や削り節なども販売しています。詳しくみる ⇒参照元: 横浜生まれ横浜育ちの老舗海苔問屋『蔦金商店』

海苔屋の実家

海苔屋の実家https://jimotto.jp海苔屋さんとして知られる出川哲郎さんの実家は、どんな名前?

蔦金

出川哲郎さんの実家は、神奈川県横浜市にある「蔦金」という海苔屋を経営しています。創業明治27年から営業していて、かなり歴史ある老舗。昔の名前は「蔦金海苔店」として営んでいましたが、現在は法人化していて「株式会社蔦金商店」に名称が変りました。詳しくみる ⇒参照元: 出川哲朗の実家の場所は蔦金商店!金持ち家系で閉店になりかけた...

焼き海苔体験で食文化を継承

焼き海苔体験で食文化を継承https://m.media-amazon.com焼き海苔の美味しさを多くの人に知ってもらうためには、どんな方法があるでしょうか?

焼き海苔体験をしてみる。

焼き海苔を焼くときには、フワっと海苔の香りが広がります。昔は、各家庭で焼き海苔を焼くのが一般的でしたが、最近はそれを知らない人も増えてきました。その昔ながらの焼き海苔の美味しさを多くの人に知ってもらうためには、焼き海苔体験をしてみるのが良いでしょう。詳しくみる ⇒参照元: 根底にあるのは生まれ育った横浜への愛 市場を中心に、かつての...

横浜生まれ横浜育ちの老舗海苔問屋「蔦金商店」は閉店しましたが、焼き海苔体験を通じて食文化を継承する取り組みや、債務者やお客様の助けがあったからこそ復活できたというエピソードなど、さまざまな話題が注目を集めました