Academic Box Logo

笠置シズ子の知られざる生涯:ヒロポンと娘、そして波乱万丈の恋愛遍歴

笠置シズ子の知られざる生涯:ヒロポンと娘、そして波乱万丈の恋愛遍歴

ライターのYUKOです。今回は、歌手であり女優としても活躍した笠置シズ子の知られざる生涯についてお届けします。

笠置シズ子、芸事好きな養親に育てられ少女時代に夢中になったこと

笠置シズ子、芸事好きな養親に育てられ少女時代に夢中になったことhttps://showa-g.org笠置シズ子は、芸事が好きな養親のもとで、歌って踊る少女に育った

大阪松竹楽劇部

笠置シズ子は1914年に香川県に生まれた。偶然、出産のために帰省していた大阪市福島区の米屋(のちに銭湯を開業)の妻・亀井うめ(花田ツヤのモデル/ツヤ 演-水川あさみ)がシヅ子を引き取ります。大阪市へ連れ帰って養女としました。芸事が好きな養父・音吉(おときち)(花田梅吉のモデル/梅吉 演 -柳葉敏郎)と養母・うめに育てられ、歌って踊るのが大好きな少女に育ちます。1927年、大阪松竹楽劇部に入団し、4ヶ月後、三笠静子の芸名で舞台デビューしました。詳しくみる ⇒参照元: 『ブギウギ』スズ子のモデル・笠置シヅ子のプロフィール&略歴!...

スウィングの女王への道

スウィングの女王への道https://imgopt.asahi.com笠置シヅ子はどのようにして歌手を目指すようになったのか?

スカウト

笠置シヅ子は、1938年に松竹歌劇団(SGD)のスカウトを受け、上京した。作曲家・服部良一から厳しいレッスンを受け、スウィング歌手としてデビューした。スウィングの女王と呼ばれ、人気を得た。しかし、戦争が激化し、松竹歌劇団は解散。地方巡業をしながら活動していた。詳しくみる ⇒参照元: 『ブギウギ』スズ子のモデル・笠置シヅ子のプロフィール&略歴!...

ブギから女優へ転身

ブギから女優へ転身https://nikkansports.comブギ歌手をやめ、女優・タレントになった笠置シズ子の理由は何ですか?

時代の変化への適応

ブギ歌手の笠置シズ子は、1950年代にアメリカ公演で美空ひばりと確執が生じ、疎遠となりました。その後、ブギが下火になりマンボが流行すると、美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみの三人娘がそろってマンボを歌い、全盛期を迎えます。笠置シズ子は、時代の変化をはっきりと読み取り、歌手を廃業し、女優業に専念することを決意しました。芸名をシヅ子に改め、ギャラダウンを申し出て、以後、さまざまなドラマや映画に出演し、活躍しました。また、TBS「家族そろって歌合戦」のレギュラー審査員や、カネヨ石鹸「カネヨン」のCMにも起用されました。歌手としては、1960年に「服部良一銀婚式記念シルバーコンサート」に特別出演して歌ったのが、公における最後の場だと言われています。詳しくみる ⇒参照元: 朝ドラ『ブギウギ』のモデル:笠置シヅ子の生涯/娘/死因

ブギの女王

ブギの女王https://columbia.jp服部良一が笠置シズ子のために用意した曲は?

「東京ブギウギ」

笠置シズ子は戦争により、ジャズを歌う敵性歌手とみなされ、活動を極端に制限されることになりました。1941年にはSGDも解散し、笠置は松竹を退団して服部の援助を受け「笠置シズ子とその楽団」を設立しました。地方巡業や工場慰問など地味な活動を余儀なくされていたなか、吉本興業の御曹司である吉本頴右と恋に落ちますが、頴右は結核を発症します。闘病する頴右と同棲・交際を続けるかたわら、日劇の再開第一回公演に出演し、徐々に活動を再開させていきますが、頴右は1947年5月19日に死去します。そんなどん底のシズ子のために、服部が用意したのが「東京ブギウギ」でした。曲は爆発的な大ヒットを記録し、シズ子は「ブギの女王」として敗戦後の日本を明るく照らす国民的スターへと躍り出ました。詳しくみる ⇒参照元: 朝ドラ『ブギウギ』のモデル:笠置シヅ子の生涯/娘/死因

笠置シズ子の波乱万丈な生涯は、多くの人々に愛され、そして今もなお語り継がれています