Academic Box Logo

中国の危急事態:不動産不況の深刻度と経済の急失速

中国の危急事態:不動産不況の深刻度と経済の急失速

、ライターのYUKOです。中国の不動産不況と経済の急失速について、最新の情報を皆様にお伝えします。

中国のマンション建設再開

中国のマンション建設再開 https://www3.nhk.or.jp 中国の不動産不況に政府が力を入れている対策は?

マンション建設再開

中国では、新型コロナウイルス感染症の感染の影響が最初に広がった2020年以来の低い水準まで不動産の販売額が下落し、GDPも政府目標を大きく下回ると予想されています。政府は規制を強めてきた姿勢を転換し、住宅ローンの基準となる実質的な政策金利や、住宅を購入する際の頭金の比率を引き下げたり、デベロッパーに対して融資の返済期限の延長や社債発行への支援を打ち出したりしています。また、頭金を現金で支払う代わりにニンニクなど農作物でも払えるといったキャンペーンも行われています。中でも、政府が力を入れているのがマンション建設の再開です。地方政府の傘下にある国有企業を使って基金を設立し、そこから資金を注入して工事を完了させる対応策などが進められています。 詳しくみる ⇒ 参照元: Google

バブル崩壊前の共通点

バブル崩壊前の共通点 https://i.pinimg.com 過去にバブル崩壊を経験した国は、どのような共通点を持っていたのか?

傲慢になる。

バブルのころの日本と似ている奥山)経済成長が鈍化していて、国力がピークから落ち始めると、人間もそうですけれども、ピークから落ちたときは傲慢になる部分があるではないですか。バブル崩壊前後の日本もそうだったのではないでしょうか。飯田)エズラ・ヴォーゲルさんが『ジャパン・アズ・ナンバーワン』という書籍を刊行しました。奥山)あのときの日本は、いまの中国と同じようなことをやっていると仮定すると、やはり似ているなと思います。当時の日本は「アメリカから学ぶものはない」と言っていました。石原慎太郎さんが『「NO」と言える日本』という本を書きました。飯田)大ベストセラーになりました。奥山)これと同じような形で、いま中国はやる気満々なところがあって、「アメリカ何するものぞ」という感じですよね。飯田)そうですね。奥山)我々は忘れていますけれども、90年代の日本には強い反米意識がありました。同様に中国のなかでは反米意識が出ていて、あのころの日本と似て来ているのです。そういうときは危ないということです。焦りから「いまのうちにやっておこう」というメンタリティが働きがち ~台湾を先に獲ってしまおうと奥山)日本の場合はアメリカと同盟国として仲よくやっているなかで、少しビジネス方面で反目しているという状況でした。ジャパンバッシングなどもありましたけれど、いまの中国は当時の日本と体制も違いますし、敵国同士です。経済的な結びつきは強いですけれども、敵国同士という状況なので衝突に向かう部分が大きいのです。 詳しくみる ⇒ 参照元: 中国が「ヤバイ」状況にある「5つのポイント」

共産党大会とオミクロン株がもたらす経済リスク

共産党大会とオミクロン株がもたらす経済リスク https://static.tokyo-np.co.jp 経済の減速をもたらす可能性のあるリスクとは何ですか?

経済リスク

共産党大会が実施されたことで、中国の経済が急激に失速しました。この経済の悪化は、オミクロン株の影響に加え、政治的なリスクが主な原因とされています。経済の減速は、世界経済にも悪影響を及ぼす可能性があり、チャイナリスクが世界経済の最大の経済リスクとなっていると指摘されています。 詳しくみる ⇒ 参照元: 世界が衝撃「中国経済そんなに悪いのか!」 急失速にエコノミス...

中国不動産市場の低迷が深刻化

中国不動産市場の低迷が深刻化 https://assets.bwbx.io 住宅建設が止まった理由は?

資金不足

経済の立て直しを急ぐ中国では、不動産市場の低迷が深刻な問題となっている。特に、鄭州ではマンションの建設が中断し、住民たちはプレハブ住宅で生活を余儀なくされている。住宅建設が進まない理由は、不動産業者がお金がなく、給料が払えないため。住宅ローンを借りて購入したマイホームに住めないという事態が社会を揺るがしている。 詳しくみる ⇒ 参照元: Google

中国経済の回復がもたらす世界経済への影響

中国経済の回復がもたらす世界経済への影響 https://foreignaffairsj.co.jp 中国の経済回復は世界経済にどのような影響を与えるか?

新たなリスク

中国の経済回復は、世界経済に新たなリスクをもたらす。中国がオミクロン株を制圧できず、共産党大会まで「ゼロコロナ」戦略を継続すれば、世界経済は低迷し続ける。また、共産党大会後に中国経済が回復しても、それは世界経済にとって大きな脅威となる。中国の高学歴化が進み、大学卒業生が増えているが、それが深刻な失業率の増加を招いている。 詳しくみる ⇒ 参照元: 世界が衝撃「中国経済そんなに悪いのか!」 急失速にエコノミス...

中国の不動産市場が抱えるリスク

中国の不動産市場が抱えるリスク https://cdn.chinanews.jp 中国経済において、不動産収入が不足する原因は何か?

中国では、不動産開発業者が多額の負債を抱えており、それが不動産収入の不足につながっている。

中国では、不動産開発業者が多額の負債を抱えているため、不動産収入が不足しています。この問題は、中国経済のリスクとなり、世界経済にも影響を与える可能性があります。 詳しくみる ⇒ 参照元: Google

中国のアスベスト使用の理由

中国のアスベスト使用の理由 https://macrobiotic-daisuki.jp 中国でアスベストの使用が禁止されてない理由は?

経済優先

アスベストは肺がんを引き起こすことが知られており、日本では2006年に禁止されましたが、中国では依然として建築資材に使用されており、使用量は増加しています。禁止されていない理由は経済優先のためであり、アスベストは安価で入手しやすい材料であるため、建設業界で広く使用されています。また、アスベスト鉱山からの風による飛散や古いビルの解体工事からもアスベストが大量に飛散しており、中国では大気汚染が深刻化しています。 詳しくみる ⇒ 参照元: 中国産食品のヤバすぎる実態!【危険な中国食材とその見分け方】

ゼロコロナ戦略が止められない理由

ゼロコロナ戦略が止められない理由 https://assets.bwbx.io 中国がゼロコロナ戦略を止めない理由とは?

国内指導部への信任確保

中国政府は、ゼロコロナ戦略を転換すると、これま關のコロナ対策を否定し、指導部への信任を失うことを恐れている。また、ゼロコロナ戦略を止めると、経済が一段と減速するリスクがあり、それを避けるため、中銀が緩和に動くと人民元安が加速するなど、政策対応が難しくなっている。 詳しくみる ⇒ 参照元: 世界が衝撃「中国経済そんなに悪いのか!」 急失速にエコノミス...

魚の体内に蓄積されるもの

魚の体内に蓄積されるもの https://nazology.net 魚の体内に蓄積されるものは何ですか?

農薬と抗菌剤・抗生物質

魚の体内には農薬や抗菌剤・抗生物質が蓄積されています。これらは野菜やフルーツよりも高濃度で残留している危険性があります。 詳しくみる ⇒ 参照元: 中国産食品のヤバすぎる実態!【危険な中国食材とその見分け方】

木々にも影響を与える、乾燥した中国の気候。

木々にも影響を与える、乾燥した中国の気候。 https://afpbb.ismcdn.jp なぜ中国の木々は埃がたまってしまうのですか?

乾燥しているから。

中国は多くの地域が内陸部なので、乾燥しています。雨の量も少ないため、ほこりが舞いやすいです。また、日本は乾燥していなくても葉っぱはきれいな状態を保てますが、中国で同じ状態を保つには葉っぱを掃除しないといけません。しかし、さすがに掃除はできないので、ほこりをかぶった木々のままになっているということです。 詳しくみる ⇒ 参照元: なぜ中国は汚いのか。日本に来ると中国人が必ず言うこと

これらは、中国の不動産市場が抱えているリスクのほんの一部ですもしこれらのリスクが現実のものとなれば、中国経済に大きな影響を与えることは避けられません