Academic Box Logo

煙と蜜:純粋な愛か不快な関係か?漫画の感想と批判を分析

煙と蜜:純粋な愛か不快な関係か?漫画の感想と批判を分析

どうも、ライターのYUKOです。今回は、「煙と蜜」という漫画について、読者の感想と批判を分析したいと思います。この漫画は、純粋な愛と不快な関係の境界線を探る、非常に興味深い作品です。

明治・大正期の輸出産業と日本の生糸

明治・大正期の輸出産業と日本の生糸https://nippon.com明治・大正時代、日本の輸出産業でトップクラスに富を生んだ商品は?

生糸

明治・大正時代の日本の輸出産業においては、養蚕・蚕糸業がトップクラスの富を生み出す商品であった。養蚕・蚕糸業は、日本の生糸の生産や輸出に大きく貢献し、日本の経済発展に重要な役割を果たしていた。当時の日本の陶磁器は欧米を中心に輸出されるようになり、輸出産業として盛んだった。詳しくみる ⇒参照元: とても分かりやすい政略結婚「煙と蜜」3巻感想

煙と蜜 3巻

煙と蜜 3巻https://bambam-comic.com大正時代を舞台にした、文治と姫子の歳の差婚を描いた「煙と蜜」で、姫子は文治と外出する際に何に気づいてしまったのでしょうか?

姫子の気持ち

煙と蜜は、大正時代を舞台に、文治と姫子の歳の差婚を描いた作品です。3巻では、文治が姫子を大事にしていることがわかり、大正ロマンを感じることができます。姫子は、文治と外出する際に、文治の気持ちに気づいてしまいます。文治は姫子を大切に思っていますが、姫子は文治の気持ちに気づいていないようです。姫子は文治の気持ちに気づくことができるのでしょうか?。詳しくみる ⇒参照元: とても分かりやすい政略結婚「煙と蜜」3巻感想

煙と蜜の批判の理由

煙と蜜の批判の理由https://pbs.twimg.com煙と蜜はなぜ「気持ち悪い」と言われているの?

歳の差が原因。

煙と蜜は、主人公・姫子と許嫁の文治の歳の差が18歳であるため、「気持ち悪い」という感想・評価を受けている。姫子は12歳、文治は30歳である。この歳の差が、読者から「気持ち悪い」と批判されている。また、物語の時代設定が大正時代であることも、この批判の原因の一つと考えられる。大正時代は、男女の結婚年齢に大きな差があった時代であり、姫子と文治の歳の差は、その時代の価値観からすると、許容される範囲内である。しかし、現代の価値観からすると、姫子と文治の歳の差は、受け入れがたいものと感じる人も多いようだ。詳しくみる ⇒参照元: 煙と蜜は気持ち悪い?漫画の感想・評価からなぜ批判されているの...

年の差婚と大正時代の名古屋

年の差婚と大正時代の名古屋https://joshi-spa.jp大正時代の名古屋で、運命の糸で結ばれた2人の恋を、人々はどのような目で見ていたのでしょうか?

妬み

「煙と蜜」は、大正時代の名古屋を舞台にした、若き姫子と帝国陸軍の少佐、土屋文治との年の差婚を描いた物語である。この作品は、一部の人々から「気持ち悪い」との声も上がっている。しかし、この作品の真の魅力は、姫子と文治の純粋な恋心と、大正時代の名古屋の風情にある。姫子と文治の周りでは、時代の移り変わりが静かに、しかし確実に進んでいる。この作品は、大正時代の日本の社会や文化を垣間見ることができる貴重な作品である。詳しくみる ⇒参照元: 「煙と蜜」に気持ち悪いの声!? 大正時代の年の差婚を描いたピ...

煙と蜜の物議

煙と蜜の物議https://joshimesen.com年齢差のある男女の関係性を描いたマンガ「煙と蜜」について、なぜ物議を醸しているのか?

年齢差に嫌悪感を覚える人がいるため。

煙と蜜は、一部の人々から、12歳の少女と30歳の男性の関係性が描かれることに対して批判されています。しかし、作者は、純粋な恋愛物語として描いているため、美しいイラストと大正ロマンの雰囲気が魅力的です。しかし、年齢差は現代の視点からすると違和感を覚える人も多く、ネット広告の画像を見て「気持ち悪い」とツイートする人が多数いました。詳しくみる ⇒参照元: 「煙と蜜」に気持ち悪いの声!? 大正時代の年の差婚を描いたピ...

年齢差を超えた愛情

年齢差を超えた愛情https://radiocafe.jp作者の長蔵ヒロコ先生が描きたかったことは、男女の恋愛だけではない

姫子と文治の年齢差を超えた愛情のあり方を描いているから。

『煙と蜜』の主要なテーマである12歳の少女と30歳の男性の恋愛関係は、現代社会では敏感に捉えられがちです。しかし、作品はこの関係を純粋な愛情物語として描いており、当時の社会規範や文化を反映しています。作者の長蔵ヒロコ先生は単純に恋愛だけを描きたかっただけではないような気がします。文治からすると姫子はまるで親と子くらいの年齢差です。実際は恋愛対象というよりも我が子に近い愛情があるのではないでしょうか。また、姫子の立場になってみると、18歳上の軍人と結婚しなければならないという状況は一歩間違えば悲劇ですね。そういった姫子側の立場を文治はよく分かっているので、姫子のことを蔑ろにすることはないのかもしれません。詳しくみる ⇒参照元: 「煙と蜜」に気持ち悪いの声!? 大正時代の年の差婚を描いたピ...

年下少女と大人の許嫁関係

年下少女と大人の許嫁関係https://image.news.livedoor.com12歳の少女と30歳の軍人は、どのような関係なのか

許嫁

「煙と蜜」は、大正時代の名古屋を舞台に、12歳の少女と30歳の軍人の年の差純愛を描いたロマンス漫画です。許嫁関係である2人は、お互いを大切に思い合いながら、関係を育んでいきます。しかし、文治の見た目の印象から「気持ち悪い」と思われてしまうことがあります。詳しくみる ⇒参照元: 煙と蜜は気持ち悪い?漫画の感想・評価からなぜ批判されているの...

「煙と蜜」は、年下少女と大人の許嫁関係を描いた漫画で、姫子と文治の年齢差を超えた愛情のあり方を明治・大正期の輸出産業と日本の生糸を背景に描いています