Academic Box Logo

沖縄科学技術大学院大学の偏差値は?東大超えの秘密を徹底解説

沖縄科学技術大学院大学の偏差値は?東大超えの秘密を徹底解説

ライターのYUKOです。沖縄科学技術大学院大学の偏差値について徹底解説します。

沖縄科学技術大学院大学設置の提唱者

沖縄科学技術大学院大学設置の提唱者https://prtimes.jp沖縄科学技術大学院大学を設置する構想を提唱したのは誰ですか?

尾身幸次氏

沖縄科学技術大学院大学を設置する構想は、2001年に沖縄・北方対策、科学技術政策担当の内閣府特命担当大臣だった尾身幸次氏が提唱したことに端を発しています。その後、構想検討会及び国際顧問会議における検討を経て、2002年5月に小泉純一郎内閣総理大臣が設置構想の推進を表明し、同年7月に策定された沖縄振興計画において、本構想が沖縄振興施策の柱の一つに位置付けられました。詳しくみる ⇒参照元: 沖縄科学技術大学院大学

OISTの業務内容

OISTの業務内容https://common-topics.comOISTの主な業務は?

沖縄科学技術大学院大学の設置と運営

OISTは、理工学5年一貫制博士課程のみの大学院大学として、2005年に前身の沖縄科学技術研究基盤整備機構が発足。主な業務は、沖縄科学技術大学院大学を設置し、運営することを行っています。また、学生に対する修学、進路選択及び心身の健康に関する相談その他の援助や、学園以外の者から委託を受け、又はこれと共同して行う研究の実施その他の学園以外の者との連携による教育研究活動を行うこと、沖縄科学技術大学院大学における研究の成果を普及し、及びその活用を促進すること、科学技術に関する研究集会の開催その他の研究者の交流を促進するための業務を行うこと、前各号の業務に附帯する業務を行うことなどを行っています。詳しくみる ⇒参照元: 【平均年収984万円】沖縄科学技術大学院大学学園<Oist>...

潤沢な資金力で目指す、世界トップレベルの研究機関

潤沢な資金力で目指す、世界トップレベルの研究機関https://tgu.mext.go.jp潤沢な資金を武器にOISTが創設時から目指してきたことは?

世界トップレベルの研究機関

OISTは、2011年に設立された沖縄県恩納村にある大学院大学であり、設立からわずか8年で日本のトップレベルの研究機関として注目を集めています。この急成長の背景には、沖縄科学技術大学院大学学園法によって定められた補助金による潤沢な資金力があり、これを武器にOISTは創設時から世界トップレベルの研究機関を目指してきました。その結果、2019年にはイギリスのシュプリンガー・ネイチャー社が発表した質の高い論文の割合が高い研究機関ランキングで日本トップの9位に選出されました。詳しくみる ⇒参照元: ランキング東大超え。世界から一流研究者が殺到する沖縄科学技術...

研究室の壁を取り払う

研究室の壁を取り払うhttps://oist.jp研究室に物理的な壁がないのはなぜ?

イノベーションを生み出すため。

沖縄科学技術大学院大学は、学部がなく、各分野の専門家が力を合わせて研究を行っている。研究室に物理的な壁がなく、実験機器の共有も盛んである。これは、イノベーションを生み出す環境が整っていることを意味する。詳しくみる ⇒参照元: ランキングは東大より上、沖縄のOISTに優れた人材が集まる理...

大学院大学学園の予算

大学院大学学園の予算https://oist.jp大学院大学学園の予算はどのように定められている?

法律で定められている。

大学院大学学園の予算は、沖縄科学技術大学院大学学園法の規定によって定められている。この法律は、大学院大学学園の設置や運営について定めたもので、大学院大学学園の予算についても規定している。予算は、大学院大学学園の理事会が定めることになっており、理事会は、予算案を作成し、評議員会の議決を経て、予算を決定することになっている。予算案は、大学院大学学園の収支の見積もりや、事業計画に基づいて作成される。予算は、大学院大学学園の運営に必要な経費や、研究開発費、教育費などに充てられる。詳しくみる ⇒参照元: 沖縄科学技術大学院大学

トップレベルの大学として続くのか?

トップレベルの大学として続くのか?https://oist.jpその成長はどれほど続くのか?

まだ続く

世界トップレベルの研究機関として、OISTは急成長を続けてきた。しかし、その潤沢な資金を支える法が10年にあたる2021年に一度見直されることになり、世界トップレベルの研究機関として、この先も成長を続けることができるのか、岐路に立っている。詳しくみる ⇒参照元: ランキング東大超え。世界から一流研究者が殺到する沖縄科学技術...

OISTの特徴

OISTの特徴https://mice.okinawastory.jp沖縄科学技術大学院大学(OIST)が日本の他の大学と大きく異なる点は?

入学者の外国人比率が高い。

沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、入学者の外国人比率が約80%という特徴を持ち、日本の他の大学とは大きく異なる。OISTは、修士課程がなく、5年一貫制の博士課程を提供しており、世界中から優れた研究者を集めている。学術出版の英シュプリンガー・ネイチャー発表の「質の高い論文ランキング2019」では、OISTが日本1位、世界9位となった。詳しくみる ⇒参照元: ランキングは東大より上、沖縄のOISTに優れた人材が集まる理...

沖縄科学技術大学院大学学園の平均年収

沖縄科学技術大学院大学学園の平均年収https://charibon.jp沖縄科学技術大学院大学学園のトップの役職者の平均年収はいくらですか

7502.4万円

2020年度の沖縄科学技術大学院大学学園の平均年収は、法人の長が7502.4万円、部長が1659.7万円、課長が935.6万円、課長補佐が685.1万円、主任が548.9万円、係員が394.2万円でした。全特殊法人の平均を偏差値50とした時、沖縄科学技術大学院大学学園の偏差値は64.7でした。詳しくみる ⇒参照元: 【平均年収984万円】沖縄科学技術大学院大学学園<Oist>...

沖縄科学技術大学院大学の偏差値や特徴、入学者の外国人比率、大学院大学学園の予算、業務内容についてまとめました