Academic Box Logo

ハンナリーズの新たな挑戦―京都の街で共に登る

ハンナリーズの新たな挑戦―京都の街で共に登る

ライターのYUKOです。京都は、日本でも有数の観光地として知られ、美しい町並みと豊かな歴史を誇る街です。そんな京都の街で、新たな挑戦が始まろうとしています。

京都ハンナリーズの新しいスタート

京都ハンナリーズの新しいスタートhttps://hannaryz.jpチームのオーナーが変わった京都ハンナリーズの松島社長は、どのような考えでチームをスタートさせたのか?

夢と感動を与えるハブとなること。

松島社長は、京都ハンナリーズの存在意義は夢と感動を人々に与え、価値を提供することであると明確にしました。また、目標と夢を持ち、1人でも多くの方、1つでも多くの企業を巻き込んでいくことを大事にしようと思い、「共に、登る」というスローガンを掲げました。松島社長は、京都ハンナリーズが京都という世界的な観光都市に存在するクラブであり、世界的な知名度だけではなく、人口や企業数でも圧倒的に恵まれている地域に存在するにも関わらず、深い歴史と独特の文化がありプロスポーツが根差しにくい地域だと言われていることに、ポテンシャルを感じていました。詳しくみる ⇒参照元: 京都ハンナリーズ「新生ハンナリーズが京都の街で『共に、登る。...

京都ハンナリーズの新社長、松島鴻太氏の野望

京都ハンナリーズの新社長、松島鴻太氏の野望https://basket-count.com若きリーダーは京都をどのように進化させたいのか?

京都の進化を先導する。

2026年に始まる新B1リーグ参戦を目指し、京都ハンナリーズは新たな経営体制をスタートさせた。社長に就任した松島鴻太氏は、自らの豊富なスポーツ経験を生かし、京都の進化を先導したいと意気込む。彼は、京都をバスケットボールの街にし、地域に根ざしたチームを作りたいと考えている。松島氏は、京都ハンナリーズを日本一のチームにしたいと大きな目標を掲げている。詳しくみる ⇒参照元: 変革の京都ハンナリーズを率いる31歳の若き新社長、松島鴻太(...

ハンナリーズのホームタウン活動

ハンナリーズのホームタウン活動https://hannaryz.jp京都のバスケットボールチーム「ハンナリーズ」は、ホームタウン活動にどのように取り組んでいるのか?

積極的に働きかけ、自治体や団体と連携。

ハンナリーズは、ホームタウン推進部を立ち上げ、ホームタウンとの関わりを強化している。これまで、ホームタウンとの関わりは重要度が高い一方、優先度が低かったが、収益に直結しないことや数字として表れにくいことを理由に、投資が十分に行われていなかった。しかし、ハンナリーズは、ホームタウン活動に投資すべきだと考え、2名体制でホームタウン推進部を立ち上げた。ホームタウン推進部が立ち上がってから、ハンナリーズは、自分たちから様々な場所に出向き、積極的に「自分たちはこんなことやあんなことができます。何かお手伝いできることはありませんか?」と声掛けできるようになった。また、自治体や団体から逆に声を掛けていただけるようになった。ハンナリーズは、ホームタウン活動に終わりはないと考えているが、現時点ではすごく手応えを感じている。詳しくみる ⇒参照元: 京都ハンナリーズ「新生ハンナリーズが京都の街で『共に、登る。...

バスケ大会で子供たちに経験を積ませる

バスケ大会で子供たちに経験を積ませるhttps://ryoutan.co.jp大会開催で子供がどんなメリットを得られたか?

シュート決めやパス出しの経験ができた

大会は子供たちに、シュートを決められた、パスを出すことができたなどの経験を積ませ、長くバスケを楽しむ機会を与えた。それは、単にクラブの思いつきではなく、京都バスケット界が求めていたことでもあった。また、クラブは環境問題への取り組みの一環として、地元のホップと牡蠣の殻を使ったコラボビールを販売し、地域の活性化にも貢献している。詳しくみる ⇒参照元: 京都ハンナリーズ「新生ハンナリーズが京都の街で『共に、登る。...

松島氏は、ハンナリーズを京都の街に根付かせ、スポーツを通じて地域の発展に貢献していきたいと語っています