Academic Box Logo

ポルトガル史上最凶の殺人鬼、ディオゴ・アルヴェスの首は瓶に入ったまま180年以上展示され続けている

ポルトガル史上最凶の殺人鬼、ディオゴ・アルヴェスの首は瓶に入ったまま180年以上展示され続けている

ライターのYUKOです。ポルトガル史上最凶の殺人鬼であるディオゴ・アルヴェスについてご紹介します。彼の首は、180年以上もの間、瓶に入ったまま展示され続けています。

水道橋殺人事件

水道橋殺人事件https://thepremierdaily.comReservato de Mae Aguas das Amoreirasとは何ですか?

地下ギャラリー

ディオゴは鍵を盗んだり偽造したりして、水道橋につながる地下ギャラリーにアクセスして殺人を始めた。彼は犠牲者に目隠しをし、水道橋の上から投げ落として殺害した。詳しくみる ⇒参照元: ディオゴ・アウベスの首が瓶に入った理由

連続殺人犯ディオゴの頭部研究

連続殺人犯ディオゴの頭部研究https://ntu.ac.jp科学者たちは、ディオゴの頭部を何のために研究したの?

殺人犯の動機を知るため。

ディオゴは、1840年に絞首刑になったポルトガル初の連続殺人犯です。科学者たちは、彼がなぜそれほど邪悪だったのかを理解したかったため、彼の頭を研究しました。彼らは、その男がなぜこれほど多くの人を殺す気になったのか、その動機を知りたがっていたのです。このような殺人はポルトガルではかつてなかったことです。詳しくみる ⇒参照元: ディオゴ・アウベスの首が瓶に入った理由

殺人犯の頭蓋骨

殺人犯の頭蓋骨https://natgeo.nikkeibp.co.jp彼はどのような人物気質だと考えられているのか?

冷酷で非情

ディオゴ・アルヴェスという連続殺人犯の頭蓋骨と脳の形状から人物気質の洞察を望む声が高まり、彼の頭部はガラス瓶にホルマリン漬けで保存された。アルヴェスの頭部は176年の時を超え、現在もリスボンの医学部の棚に保管されており、展示されている。詳しくみる ⇒参照元: 176年の時を超え保存され続ける殺人鬼ディオゴ・アルヴェスの...

ポルトガルのサイレント映画

ポルトガルのサイレント映画https://livedoor.blogimg.jp世界初のサイレント映画はどの国で公開された?

ポルトガル

アルヴェスは犯罪者で、彼の犯罪衝動の根源を研究するために、彼の首を切断して保存するよう要求した。彼の生首は保存状態が良く、人々に様々な思いを呼び起こす。アルヴェスの生首はマンガの題材になり、その生涯は小説化され、1911年にはポルトガル初のサイレント映画にもなっている。詳しくみる ⇒参照元: ホルマリン漬けにされ180年以上もの間、解剖学資料として展示...

ポルトガル史上最凶の殺人鬼として知られるディオゴ・アルヴェスの首は、180年以上もの間瓶に入ったまま展示され続けているその冷酷で非情な犯行は、今もなお人々の記憶に残り続けている