Academic Box Logo

ゆで卵の黒い点って、一体何?実は、○○とは!?

ゆで卵の黒い点って、一体何?実は、○○とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ゆで卵の白身や黄身にある黒い点は、ほとんどの場合、食べても問題ありません。

💡 卵の殻の内側の黒い点には、カビが発生している場合があり、注意が必要です。

💡 卵の加熱温度や時間によって、黄身の変色が起こる場合があります。

それでは、最初のテーマに移りましょう。

卵の黒い点

ゆで卵の白身にある黒い点は、カビではなく、硫化水素と金属の反応によるものなので、安心してくださいね。

🔖 関連記事の要約!ゆでたまごを作り、殻をむいたところ、白身の表面に黒い点があった。カビが生えているのではないでしょうか。
ゆでたまごを作り、殻をむいたところ、白身の表面に黒い点があった。カビが生えているのではないでしょうか。

✅ ゆでたまごの白身表面にできた黒い点は、卵白中の硫黄分が加熱によって硫化水素となり、鍋の鉄などの金属と反応したために発生したものです。

✅ カビではなく、衛生的に異常ではないため、食べても問題ありません。

✅ 黒い点は、卵白中の硫黄分と鍋の金属の反応によって発生したものであり、カビではないため、食べても安全です。

さらに読む ⇒商品検査センター|生活協同組合コープこうべ商品検査センター|生活協同組合コープこうべ出典/画像元: https://kensa.coop-kobe.net/qa/niku/post-370.html

黒い点の正体、分かってスッキリしましたね。

卵を割ったときに殻の内側に黒い点があった場合はカビの可能性があるので食べてはいけない。一方、卵の白身や黄身にある黒い点は食べても問題ない。この黒い点は、卵の殻の色素が結合したもの(肉斑)や、排卵時に出血が混じったもの(血斑)である。また、卵の殻が一部透明で斑点があるのは食べても大丈夫で、卵白が白く濁っているのも新鮮な証拠である。ゆで卵の白身に黒い点が出た場合も、加熱によって発生した硫化水素によるもので食べても問題ない。

え、まじ!?黒い点って食べても大丈夫なん?

そうやけん、安心せい。俺もよくゆで卵食べるけど、黒い点ある時もあるけん。

あら、そうなのね。でも、黒い点がある卵って、ちょっと気持ち悪いわね。

卵の黄身の黒い点

それでは、次のテーマに移りましょう。

🔖 関連記事の要約!卵の黄身に黒い点が?カビなの?食べれる卵と食べれない卵の解説!

公開日:2020/04/06

卵の黄身に黒い点が?カビなの?食べれる卵と食べれない卵の解説!

✅ 卵の黄身に黒い点々や茶色の塊が付いている場合、それは鶏の血や黄身を包む膜が剥がれたもので、食べても問題ありません。ただし、卵の殻の内側に黒い斑点がある場合はカビが生えている可能性があり、食べないようにしましょう。

✅ 卵の黄身の色は鶏の餌によって変化します。トウモロコシを餌にすると黄色、ほうれん草だと緑色、海苔だと黒っぽい色になります。黄身の色が異なっていても、味は変わらないので美味しく食べられます。

✅ 卵の殻に赤い斑点がある場合、これは卵の殻の「気孔」部分の色が落ちたものであり、異常卵ではありません。食べても問題ありません。

さらに読む ⇒トリビアとノウハウノートトリビアとノウハウノート出典/画像元: https://trivia-and-know-how-notes.com/black-point-on-egg-yolk/

なるほど、鶏の血や膜が剥がれたものなんですね。

卵の黄身にある黒い点は、鶏の卵巣や卵管の毛細血管から出血した血が塊となって付着したもので、食べても問題ない。また、卵の黄身に茶色い塊がある場合は、黄身を包む膜などが剥がれて色素が沈着したもので、肉斑と呼ばれ、食べても問題ない。卵の黄身の色は、鶏が食べるエサによって決まる。ただし、卵の黄身が真っ赤な場合は血卵と呼ばれ、食べると味が悪いので避けた方が良い。

へぇー、知らんかったわ。でも、黒い点ある卵って、ちょっと気持ち悪いよね。

そうか、そうか。でも、俺的には、黒い点があっても、味には影響ないと思うけんね。

あら、そうかしら?でも、卵って、神秘よね。

卵の殻の内側の黒い斑点

それでは、次のテーマに移りましょう。

🔖 関連記事の要約!異常卵】殻の内側にある黒い点は何?

公開日:2017/05/23

異常卵】殻の内側にある黒い点は何?

✅ この記事は、ゆで卵の殻の内側にカビが生えていたという経験談と、その原因とカビが発生するプロセスについての考察を述べています。

✅ 卵の殻は微細な穴があり、表面のクチクラ層が剥がれるとカビや細菌が侵入しやすくなります。

✅ カビの胞子は卵の殻の隙間から侵入し、卵の中の湿度と栄養分を元に増殖し、目に見えるほどの大きさになります。

さらに読む ⇒ロジカルに生きるロジカルに生きる出典/画像元: https://potepote39.com/2017/05/23/post-979/

カビが発生する原因は、卵の殻のクチクラ層が剥がれることなんですね。

卵の殻の内側に黒い斑点がある場合はカビの可能性が高く、食べると健康被害が出る可能性があるため、食べないようにする。卵の殻の表面にそばかすのような斑点ができている場合は、色素が色落ちしたものであり、食べても問題ない。

うわぁ、気持ち悪い!カビって、まじでやばいよね!

そうか、そうか。でも、カビが生えてたら、そっちは食べんとけばいいけんね。

あら、そうなのね。でも、カビって、どこから来るのかしら?

卵の加熱による変色

それでは、次のテーマに移りましょう。

🔖 関連記事の要約!クックパッドニュース:[知らなきゃ損]固く茹でた「ゆで卵の黄身」が黒くならない裏ワザ

公開日:2020/07/27

クックパッドニュース:[知らなきゃ損]固く茹でた「ゆで卵の黄身」が黒くならない裏ワザ

✅ ゆで卵の黄身が黒くなる原因は、卵白の硫黄を含むアミノ酸が加熱により硫化水素に変化し、黄身の鉄分と結合して硫化鉄になるためです。

✅ 黒くなるのを防ぐには、加熱時間を調整して硫化水素の発生を抑え、茹でた後はすぐに冷やすことで、硫化黒変を防ぐことができます。

✅ 記事では、12分程度茹でた後、流水で冷やすのではなく、氷水で冷やすことで、黄身の黒変を防ぎ、鮮やかな黄身を保てることを実験で実証しています。

さらに読む ⇒ニュースサイトニュースサイト出典/画像元: https://mainichi.jp/articles/20200730/ckp/00m/100/006000c

なるほど、加熱時間によって黄身の黒変が変わるんですね。

卵が加熱によって黒く変色するのは、卵白に含まれる硫黄が遊離して硫化水素となり、卵黄に含まれる鉄分と化合して硫化鉄(黒色)になるためである。これを防ぐには、加熱しすぎないように温度や時間を調整することが有効。ゆで卵であれば、沸騰したお湯で10分程度、80℃のお湯であれば25分程度茹でると良い。また、茹でた後はすぐに冷水に入れて卵の表面温度を下げると、硫化水素が卵黄に達するのを防ぐことができる。さらに、卵焼きなど全卵を使用する場合は、酢などを加えてpHを下げることで変色を防げる。

へぇー、知らんかったわ。でも、黒くなるのは、ちょっと気持ち悪いよね。

そうか、そうか。でも、俺的には、黒くても、味には影響ないと思うけんね。

あら、そうかしら?でも、卵って、難しいわね。

ゆで卵の白身の黒い点

それでは、最後のテーマに移りましょう。

🔖 関連記事の要約!ゆですぎた卵、白身が黒っぽい気が… 企業の解説に「謎が解けた」 – grape グレイプ
ゆですぎた卵、白身が黒っぽい気が… 企業の解説に「謎が解けた」 – grape グレイプ

✅ ゆで卵の白身が黒くなる原因は、卵白中の硫黄と卵黄中の鉄が反応して硫化鉄を形成する「硫化黒変現象」によるもので、これは加熱温度が高く、時間が長いほど起こりやすい。

✅ 硫化黒変現象は、ゆで卵を食べた場合、身体に悪影響はないため、心配せずに食べることができる。

✅ 黒変を防ぐためには、加熱温度を低くし、加熱時間を短くすること、そして、加熱後はすぐに冷水で冷やすことが重要である。

さらに読む ⇒grape グレイプgrape グレイプ出典/画像元: https://grapee.jp/1602958

硫化黒変現象、初めて聞きました。

ゆで卵の白身に黒い点が出た場合も、加熱によって発生した硫化水素によるもので食べても問題ない。この黒い点は、卵白に含まれるアミノ酸の一種であるシステインが加熱されて発生する硫化水素が、卵黄中の鉄分と反応してできる硫化鉄である。

え、まじ!?黒い点って、硫化黒変現象って言うん?なんか、かっこいいな!

そうか、そうか。でも、俺的には、黒い点があっても、味には影響ないと思うけんね。

あら、そうなのね。でも、硫化黒変現象って、なんか難しそうね。

本日は、ゆで卵の黒い点について、様々な角度から解説しました。

🚩 結論!

💡 ゆで卵の白身や黄身にある黒い点は、ほとんどの場合、食べても問題ありません。

💡 卵の殻の内側の黒い点は、カビが発生している場合があり、注意が必要です。

💡 卵の加熱温度や時間によって、黄身の変色が起こる場合があります。