Academic Box Logo

LAで活躍する日本人女性警察官はどんな人?シングルマザーとして警察官の道を選んだとは!?

LAで活躍する日本人女性警察官はどんな人?シングルマザーとして警察官の道を選んだとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 LAで活躍する日本人女性警察官の実態

💡 シングルマザーとして警察官の道を選んだ理由

💡 日本の防犯意識とアメリカの治安状況の比較

では、最初の章に移ります。

LAで活躍する日本人女性警察官

永田有理さん、すごいですね!ダンスの夢を諦めずに、新たな夢を叶えられたのは素晴らしいです。

🔖 関連記事の要約!いますぐやめて帰れ」と唾をかけられる、「相手の痛みを知る」ためスタンガンを撃たれ痛がるとクビ… 専業主婦だった高卒シングルマザーがロサンゼルスでポリスになったワケ
いますぐやめて帰れ」と唾をかけられる、「相手の痛みを知る」ためスタンガンを撃たれ痛がるとクビ… 専業主婦だった高卒シングルマザーがロサンゼルスでポリスになったワケ

✅ ロサンゼルスの治安は、コロナ禍の影響で犯罪率が上昇し、特に密売や車上荒らしなどの犯罪が増加している。

✅ YURIさんは、学歴社会の日本での就職に不安を感じ、シングルマザーとしてアメリカで生活することを決意した。

✅ アメリカでの生活は、ダンスの夢を追いかけ語学留学から始まり、結婚、出産を経て、シングルマザーとして新たな人生を歩むことになる。

さらに読む ⇒文春オンライン | 世の中の「ほんとう」がわかります文春オンライン | 世の中の「ほんとう」がわかります出典/画像元: https://bunshun.jp/articles/-/50376

シングルマザーとして、子育てと仕事の両立は大変だと思いますが、警察官として活躍されている姿は本当に尊敬します。

永田有理さんは、ロサンゼルス市警で唯一の日本人女性警察官として、日夜パトロール任務に励んでいる。元々はダンサーを目指していたが、結婚・専業主婦を経て、34歳で警察学校に入学。厳しい訓練を乗り越え、警察官となった。現在、ロサンゼルス近郊の警察署で勤務し、2人の子供を育てるシングルマザーとして奮闘している。ツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSも積極的に活用し、日系コミュニティへの情報発信を行っている。

え、ホンマに?かっこよすぎやん!

そっか、アメリカやけん、治安悪いのかなー。

あら、素敵ね。でも、シングルマザーで警察官って大変でしょう?

警察官になるまでの道のり

警察官を目指すきっかけ、素敵ですね。人の役に立ちたいという気持ち、素晴らしいです。

🔖 関連記事の要約!永田有理!ロサンゼルス市警察官!シングルマザーの壮絶な挑戦の裏には?
永田有理!ロサンゼルス市警察官!シングルマザーの壮絶な挑戦の裏には?

✅ 永田有理さんは、日本の高校卒業後、アメリカの語学学校に留学し、その後大学に進学してダンスを学んでいました。 しかし、結婚・出産を経てシングルマザーとなり、アメリカで就職活動を行い、カレーチェーン店や美容系の会社で働きながら子育てをしていました。

✅ 永田さんは、幼い頃から「人の役に立ちたい」という思いを持ち、警察官に憧れていました。 そして、4回の受験を経て34歳で警察官養成アカデミーに入学し、卒業しました。

✅ 警察官養成アカデミーの卒業式で、永田さんはインストラクターから「卒業生18人のうち3人はクビになる。残りの15人の半分は退職前に死ぬ。その葬式におまえたちは行くことになる」という言葉をかけられました。 この言葉は、警察官という職業の厳しさと危険性を示すものであり、永田さんにとって忘れられない言葉となりました。

さらに読む ⇒ザ・トールの魅力を伝えるためのデモメディア│THE THOR デモザ・トールの魅力を伝えるためのデモメディア│THE THOR デモ出典/画像元: https://yushoken.com/nagatayuri-police/

警察官養成アカデミーの卒業式での言葉、衝撃的ですね。警察官という仕事は、本当に覚悟が必要なのだと改めて感じました。

永田有理さんの警察官としての経歴は波乱万丈だった。アメリカ国籍がないため、警察官になるにはアメリカのハイスクールの単位取得など多くの困難があったが、見事合格率10%の狭き門を突破した。警察学校では、60人いた同期生の中で18人しか卒業できなかったという厳しい訓練を受けた。卒業後は遺体を見るなど精神的に辛い経験もしたが、それでも「人の役に立ちたい」という思いで警察官を続けている。現在では、葬式用の正装写真を撮り終え、葬儀の内容も決めるなど、危険な任務に備えている。しかし、永田さんは「誰しもいつか死ぬので、どうせ死ぬならやりたいことをやって死にたい」と前向きに考えている。

マジ?4回も落ちたん?どんだけ厳しいねん!

警察官って、想像以上に大変そうやな。

あら、怖いわね。でも、夢に向かって頑張る姿は素晴らしいわ。

LAの治安と日本の防犯意識

日本の防犯意識、確かに低いような気がします。

🔖 関連記事の要約!LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】

✅ ロサンゼルスの警察官として働く永田有理(YURI)さんは、治安の悪化が深刻なロサンゼルスで、パトロールや事件対応など日々危険と隣り合わせの業務に従事している。

✅ YURIさんは、日本に一時帰国した際に、日本の防犯意識の低さに衝撃を受け、特に電車内や夜道の状況に危機感を抱いた。

✅ スマートフォンに夢中になり周囲に無関心な人や、貴重品を放置してトイレに行くなど、アメリカでは考えられない状況が多数見受けられ、防犯意識の向上を訴えている。

さらに読む ⇒NEWSポストセブンNEWSポストセブン出典/画像元: https://www.news-postseven.com/archives/20220702_1769010.html?DETAIL

アメリカと日本の防犯意識の違い、改めて考えさせられます。

ロサンゼルスの治安は厳しく、永田有理さんのパトロール任務も過酷だ。犯罪の増加傾向にあり、最近はアメリカ人の警察に対するリスペクトの低下も感じているという。一時帰国した際には、日本の防犯意識の低さに驚いた。電車内でのスマホの使用や、席にカバンを置いたままトイレに行く人が多いことに対し、盗難のリスクを指摘している。また、駅で酔っぱらってホームで寝ている人や、街灯が少なく暗い歩道などにも懸念を示した。

マジ?日本ってそんな危険なん?

うっわ、怖い。スマホ見ながら歩くのやめよっと。

あら、そうなのね。最近の若い子は、スマホばっかり見てて、周りが見えてないのよ。

情報発信と交流

永田さんの情報発信、日米の警察の架け橋となる素晴らしい活動ですね。

🔖 関連記事の要約!夢や目標を忘れないで 米・ロス市警の永田さん、津署で女性職員と座談会:中日新聞Web
夢や目標を忘れないで 米・ロス市警の永田さん、津署で女性職員と座談会:中日新聞Web

✅ 記事は、SVGコードを使って作成されたロゴのデザインを記述しているようです。

✅ コードは、複数のパス要素を使用してロゴの形状を定義しており、それぞれのパスがロゴの一部を表しています。

✅ コードは、ロゴの各パーツの座標情報や曲線情報を含んでおり、非常に詳細なデザインを表現しています。

さらに読む ⇒中日新聞Web中日新聞Web出典/画像元: https://www.chunichi.co.jp/article/786781

日米の警察官の交流を通して、お互いの問題点や改善点について話し合えるのは、とても良いことだと思います。

永田有理さんは、日系コミュニティへの恩返しと、日米の警察のあり方の向上を目指して、日本語で情報発信や交流を行っている。日本の警察官が勤務時間内に勤務するのに対し、ロサンゼルスの警察官は24時間体制で活動していることが、両者の大きな違いだという。また、日米の警察官と交流することで、お互いの問題点や改善点について話し合っている。永田さんは、日本の警察官から日本の警察のあり方について学び、日本の警察官にロサンゼルスの警察のあり方について伝えるなど、日米の警察の架け橋となっている。

え、ホンマに?警察官同士で交流してるん?

なるほど。日本の警察とアメリカの警察って、全然違うんだな。

あら、素晴らしいわ。国際交流って大事よね。

シングルマザーとして

永田さんの子供さんたち、お母さんのことを誇りに思っているでしょうね。

🔖 関連記事の要約!Vol.280: 永田有理(🇺🇸ロサンゼルス現役警察官)4/4
Vol.280: 永田有理(🇺🇸ロサンゼルス現役警察官)4/4

✅ アメリカの現役警察官、永田有理さんの人生ストーリーが紹介されている。

✅ 反抗期を経てアメリカに留学、シングルマザーとして子育てをしながら、警察官という仕事にたどり着いた道のりが語られている。

✅ 困難に立ち向かう有理さんの姿は、諦めずに挑戦し続けることの大切さを教えてくれる。

さらに読む ⇒LISTENLISTEN出典/画像元: https://listen.style/p/f469glul/aijf3gbw

シングルマザーとして、子供たちを育てながら、警察官として活躍されている姿は、本当に尊敬します。

永田有理さんは、アジア系アメリカ人との間に2人の子供を持つシングルマザーである。長男は2004年生まれ、長女は2007年生まれで、長女は優しく思いやりのある性格だという。永田有理さんは、自身の経験を活かし、日本の警察官との交流や情報発信を通じて、日米の警察のあり方や防犯意識の向上に貢献している。また、子供たちにとっても、母親が警察官として活躍する姿は誇らしいものとなっているようだ。

え、ホンマに?子供おるん?シングルマザーで警察官とか、最強すぎるやん!

そっか、子供もいるんだ。大変そうやけど、頑張ってほしいね。

あら、素敵なママさんね。子供たちもきっと、お母さんのことを誇りに思っているわ。

永田有理さんのように、夢に向かって努力し続けることは、私たちに勇気を与えてくれます。

🚩 結論!

💡 LAで活躍する日本人女性警察官の永田有理さんの人生ストーリー

💡 シングルマザーとして警察官の道を選んだ理由と苦労

💡 日本の防犯意識とアメリカの治安状況の比較