Academic Box Logo

関西弁でなくドイツ語?ルンペンとは何か?意味や語源、放送禁止用語か、ホームレスや乞食との違いを解説

こんにちは、ライターのYUKOです。関西弁でなくドイツ語。ルンペンとは何か?意味や語源、放送禁止用語か、ホームレスや乞食との違いを解説します。

ルンペン:ドイツ語起源の底辺層を表す言葉

ドイツ語の「Lumpen」が日本語でどのように使われるようになりましたか?

浮浪者を指す言葉として

「ルンペン」という言葉はもともとドイツ語で「布切れやボロ服」を意味し、日本では「浮浪者」や「最底辺の労働者」を指すようになりました。

これは、マルクス経済学の「ルンペンプロレタリアート」という用語にも表れています。

つまり、「ルンペン」は社会の最下層を指す言葉として日本語で使用されているのです。

詳しくみる ⇒参照元: ルンペンとは関西弁ではなくドイツ語:意味、語源、放送禁止用語...

ルンペンプロレタリアート:マルクスの階級闘争における障害

マルクスが階級闘争の障害と認識した層の人間を何と言った?

ルンペンプロレタリアート

マルクスが「ルンペンプロレタリアート」と呼んだのは、無産階級や労働者階級の中でも革命意欲を失った極貧層のことでした。

当初は「最下層の腐敗物」と位置付けられ、後に「政治的に変節しやすい」「犯罪に走りやすい」など、革命の障害となるクズを指す言葉になりました。

日本ではプロレタリア文学を通して一般化し、死語となっています。

詳しくみる ⇒参照元: ルンペンは方言や関西弁ではなくドイツ語:ルンペンプロレタリア...

ルンペンという言葉の起源と現在

戦後、日本では「ルンペン」という言葉がどのように使われ始めたの?

小説「街のルンペン」の映画化がきっかけ

「ルンペン」という言葉は、昭和初期に発表された小説「街のルンペン」がきっかけで広まった。

小説は震災恐慌や世界大恐慌の影響で苦しむ浮浪者の生活を描いており、そのリアルな描写が共感を呼んだ。

翌年、映画化されたことで言葉は全国に広まり、浮浪者の代名詞となった。

ただし、現在小説は絶版となっており、詳細は不明。

その後、戦後のNHK朝ドラ「まんぷく」で「ルンペン」という言葉が使用されたが、放送禁止用語とされている。

日本では「浮浪者=ルンペン」というイメージが強く、使用には慎重さが求められる。

詳しくみる ⇒参照元: ルンペンとは関西弁ではなくドイツ語:意味、語源、放送禁止用語...

ルンペンにまつわる言葉

山下清が放浪生活を送る中で得られた、彼の生き方に対する見解とは?

アートと自由を追求する生き方

山下清の放浪生活は、ルンペンという設定で描かれたドラマ「裸の大将放浪記」の原案となりました。

しかし、山下清にとってルンペンとは、社会的な名誉や地位よりも、自分のアートと自由を追求する生き方を意味していました。

これは一般的なルンペンとは異なり、むしろ彼の芸術における独自性と自由への強い意志を表しています。

詳しくみる ⇒参照元: ルンペンとは関西弁ではなくドイツ語:意味、語源、放送禁止用語...

ルンペン:言葉の定義と放送禁止用語としての歴史

マルクスが定義したルンペンという言葉の本来の意味は?

最下層の腐敗物

ルンペンはドイツ語のルンペンプロレタリアートに由来し、マルクスが定義した「最下層の腐敗物」という意味を持つ差別的な概念です。

日本では、下村千秋の小説「街の浮浪者」の影響で浮浪者と結び付けられ、放送禁止用語とされています。

しかし、時代劇などでは歴史的背景を考慮して使用されることがあります。

ルンペンという言葉が放送禁止用語となったのは、団体からの抗議や視聴者からのクレームがきっかけです。

放送禁止用語は放送事業者による自主規制であり、法律で規定されていません。

詳しくみる ⇒参照元: ルンペンは方言や関西弁ではなくドイツ語:ルンペンプロレタリア...

「ルンペン」が差別用語となった背景

ホームレスを指す差別用語になった「ルンペン」という言葉が、その意味を持つに至った背景は?

浮浪者や乞食のイメージ

「ルンペン」という言葉は、かつて浮浪者や乞食を指す蔑称として使われていました。

ルンペン帽やルンペンストーブといった言葉にも同様の意味合いがあり、働かない怠け者を揶揄するニュアンスがありました。

また、「ルンペン釣り」とは、釣りの隣で獲物を狙う行為を、ルンペンが橋の下に住んでいたことにちなんで表現しています。

このような背景から、「ルンペン」は怠惰で無価値な存在というイメージを帯び、差別用語とみなされるようになりました。

詳しくみる ⇒参照元: ルンペンは方言や関西弁ではなくドイツ語:ルンペンプロレタリア...

優秀な技術者の転職を防ぐ

どうすれば、優秀な技術者が転職を推進されるのを防げる?

無駄な作業の進捗確認制度を廃止する。

無駄な作業の進捗確認制度は、優秀な技術者のモチベーションを低下させ、転職を推進させる。

無駄な作業の進捗確認制度を廃止することで、優秀な技術者のモチベーションを維持し、転職を防ぐことができる。

また、IT企業でプログラムが出来ない大卒で無能な人が「コンプライアンス推進担当」として、どうでもいい作業を増やして、不必要な業務を社内で増やし、優秀な技術者が仕事をやりづらくして転職を推進させるという問題がある。

この問題を解決するためには、IT企業が、プログラムが出来ない大卒で無能な人を「コンプライアンス推進担当」として採用しないようにすることが必要である。

詳しくみる ⇒参照元: TwitterJPのキュレーションチームの解雇の件で言及され...

ルンペンプロレタリアートとは?

ルンペンプロレタリアートという用語が意味するものは何か?

ぼろ、浮浪者、悪漢など

ルンペンプロレタリアートとは、「ルンペン」(ぼろ、浮浪者、悪漢など)と「プロレタリアート」(労働者階級)を組み合わせた用語であり、労働組合員でありながら、経営陣の言いなりになっている人々を指す。

詳しくみる ⇒参照元: TwitterJPのキュレーションチームの解雇の件で言及され...

流行と音楽の関係

流行が音楽に与えた影響について教えてください

流行を題材にした作品が多かった。

昭和6年には、流行を題材にした曲が多く発売されていた。

これは、流行が音楽に与える影響が大きかったことを示している。

流行を題材にした曲は、当時の社会情勢を反映しており、人々に共感を得やすかった。

また、流行を題材にした曲は、人々に新しい流行を知らせる役割も果たしていた。

詳しくみる ⇒参照元: 「ルンペン節」徳山璉(昭和6年発売)

ルンペンに徹する志

主人公の'志'についてどのような指摘があるか

ルンペンに徹する志がない

映画監督の斎藤正治は、映画の主人公について、ルンペンに徹する志がないと指摘している。

この指摘は、主人公がホームレスであるにもかかわらず、職にありつく能力に長けていることに基づいている。

斎藤は、主人公はルンペンとして生きることを選択していないと解釈している。

詳しくみる ⇒参照元: キンキンのルンペン大将

アメリカ合衆国 ルンペン記念硬貨の謎

これらのコインは、なぜ国が正式に発行したものとは思えないのか?

絵柄がアニメ風で、製造年が1881年と刻印されているから

アメリカ合衆国の記念硬貨には、数十種類以上の種類があり、中には細かい部分まで描かれているものもある。

しかし、国が正式に発行したものとは思えない理由は、アニメ風の絵柄が描かれていたり、1881年に製造されたとは思えないものがあるからだ。

また、裏面には「one dollar」と書かれており、これは1ドル記念硬貨と思われるが、国が正式に発行したものではない可能性が高いため、偽造硬貨だろう。

詳しくみる ⇒参照元: ルンペン記念幣・真相を考察

米国オークションに出品される謎のコイン

米国でオークションに出品されている謎のコインについて教えてください

ルンペン記念幣

米国にはヤフーオークションにて奇妙なコインが出品されている。

それがルンペン記念幣と呼ばれているコインである。

その記念コインの表には「RUMP」の文字とアメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソン氏の頭像が刻まれている。

裏には、ワシが描かれている。

ワシには、翼の根元に「1966」と、ワシの足の下には「LIBERTY」と刻まれている。

このルンペン記念幣は、リンドン・ジョンソン氏が「ルンペン大統領」と呼ばれたことにちなんで作られた記念コインと言われている。

詳しくみる ⇒参照元: ルンペン記念幣・真相を考察

ルンペンブルジョワジーとは?

ルンペンブルジョワジーとは何?

知識のみ高く、能力のない人々

ルンペンブルジョワジーとは、ここでは生産性の低い大卒者ぐらいの意味。

労働市場での競争に有利なスキルを持たない主に人文系の卒業生が各産業に入り込み、大学で吹き込まれた道徳的資本を頼みの綱にキャリアを築こうとする。

その結果が社会のWoke化だとする議論です。

詳しくみる ⇒参照元: TwitterJPのキュレーションチームの解雇の件で言及され...