【西日本豪雨】倉敷市真備町で救助に現れた水上バイクの男性は意外な人物だった‥

 

 

 

西日本での記録的な豪雨

西日本を襲った記録的な集中豪雨により、広島や岡山県など13府県で河川の氾濫や浸水害、土砂災害が発生して200名以上の方が亡くなりました。

地区のおよそ30%が水没した岡山県倉敷市真備町では水が引き始めた場所から、創作活動が開始されました。

 

 
 

 

ツイッターユーザーの投稿



引用:https://lemon-like.info/posts/1897

そんな真備町で間一髪で迫り来る濁流から逃れることができた、ツイッターユーザの「いくみ」さんの投稿が話題になっています。

いくみさんは堤防が決壊し、大規模な冠水に見舞われた時に真備町の自宅の2階で救助を待っていました。でも彼女の存在は、救助のヘリコプターには気づいてもらえなかったそうです。

そしてついに2階も水没しそうになったギリギリの時に、ある意外な人物が助けに来てくれました。それは‥