【西日本豪雨】倉敷市真備町で救助に現れた水上バイクの男性は意外な人物だった‥

 

 

やっと助けが!?

数時間して、「ブーン」という音が遠くから聞こえました。やっと助けが来たのかと思ったら、近づいて来たのは水上バイクに乗った内藤さん。

そして内藤さんから先に子供らを運ばせてもらうようにお願いされ、

「絶対戻るけん、絶対間に合うけん、頑張って」と励まされてホッとしたのだそうです。そして‥

 

 

長生きして!



引用:https://cdn.stocksnap.io/img-thumbs/960w/CX0T1DOOAU.jpg

しばらくするとその約束通りに内藤さんが救助に現れました。

そして、バイクに乗りながら「じいちゃん、命がけで助けたんじゃけ、長生きしてよ。絶対で」と肩を叩かれ、嬉しくて涙が出たそうです。

内藤さんは15時間もの救助活動で、120人もの命を救いました。救助活動の間には‥