Academic Box Logo

飛行機で持ち込みできる食べ物:機内で食べる人のためのガイド

こんにちは、ライターのYUKOです。飛行機で持ち込みできる食べ物を紹介していきます。機内で食事をする際に、ぜひ参考にしてください。

機内への食べ物持ち込みガイド

国際線では液体物に該当しない食べ物を機内へ持ち込むことはできますか?

可能です

国内線と同様に、お弁当やおにぎり、サンドイッチ、パンといった液体物に該当しない食べ物は国際線でも機内へ持ち込みが可能です。

国際線では液体物の持ち込みが制限されていますが、食べ物は量的制限の対象外となっています。

ただし、液体物の入っているお弁当など、一部の食べ物は持ち込みが制限される場合があります。

詳しくみる ⇒参照元: 機内へお弁当やお菓子等の食べ物は持ち込み出来る?【国内線・国...

機内持ち込みOK?国際線・国内線別ルールまとめ

国際線で機内に持ち込めない食べ物は?

液体状の物

国際線への食べ物の持ち込みは可能だが、液体状の物は制限がある。

国内線は持ち込み自由だが、加熱式弁当は持ち込み不可。

格安航空会社は独自ルールがある場合があり、持ち込みが禁止されているケースがある。

詳しくみる ⇒参照元: 飛行機に食べ物の持ち込みはOK?国内線と国際線ルールを解説

機内飲食のマナー:持ち込みOK・NG一覧

機内で持ち込めるおにぎりは何がポイント?

水漏れしないこと

飛行機の機内で持ち込む飲食にはマナーがあり、国内線・国際線ともに禁止物以外の食べ物は持ち込めます。

ただし、においが強いものやボロボロとこぼれるものは控えるのがマナーです。

おにぎりも持ち込み可能ですが、水漏れしないことがポイントです。

アイスクリームやガム、飴などは水漏れや音が出るため禁止されています。

また、肉まんやたこ焼きなどのにおいが強いものや、柿の種や干物などのにおいに注意が必要なものもあります。

空弁や弁当は通常のものなら問題ありませんが、ピザやマクドナルド、KFCなどのにおいの強いものやテーブルを必要とするものは持ち込み不可となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 飛行機の機内でも飲食(持ち込み)マナー! 食べ物ごとのok/...

飛行機への機内食持ち込みのルール

一部のLCCで食品の持ち込みや飲食が禁止されているのはなぜ?

アジア系が多い

国際線では、プリンやゼリーなどの水気の多い食べ物は、液体物の制限のため持ち込みが難しい場合がある。

また、海外旅行では、渡航先によって持ち込み禁止の食品が指定されている可能性があるため、事前に確認が必要。

LCCでは、航空会社によって機内への食品の持ち込みや飲食が禁止されている場合があるため、利用する際には持ち込みルールを確認することが重要。

詳しくみる ⇒参照元: 機内へお弁当やお菓子等の食べ物は持ち込み出来る?【国内線・国...