Academic Box Logo

キングダム:雷土の死亡フラグからバラバラの最期まで徹底解説...桓騎の怒りも明らかに

ライターのYUKOです。今回は、漫画「キングダム」の雷土の死亡フラグからバラバラの最期まで徹底解説します。桓騎の怒りも明らかに。

桓騎軍の副官雷土の活躍と壮絶な死

雷土が死亡したのはなぜ?

拷問に耐え抜いたため

雷土は桓騎軍の副官として活躍した人物で、平陽の戦いで敵軍に捕らえられ、拷問を受け死亡した。

雷土は拷問で指、左腕、爪、体への釘刺しなどの残虐な仕打ちに耐えたが、桓騎軍の作戦を最後まで明かさず死亡した。

詳しくみる ⇒参照元: 【キングダム】雷土(らいど)の死亡理由は拷問?桓騎との関係も...

羌瘣の野望と恋の行方

羌瘣の現在の目標は何ですか?

将軍になる、信の子を産む

飛信隊に戻り五千人将に昇進した羌瘣は、将軍になることと信の子を産むことを目標に掲げました。

彼女はキングダムでも高い実力を誇り、信と秦国六大将軍の一員になる可能性を秘めています。

また、信との恋愛関係も進展しており、今後さらなる展開が期待されています。

詳しくみる ⇒参照元: キングダム羌瘣(きょうかい)の最後はどうなる?死亡フラグを史...

雷土の最期と桓騎の怒り

雷土の最期はどのようなものだった?

拷問に耐え策を漏らさず

桓騎軍は扈輒軍に勝利したものの、側近の雷土が死亡した。

雷土は戦闘前から死亡フラグが立っており、側近全員が彼の死を確認した。

雷土は拷問を受けても桓騎の策を漏らさず、桓騎の怒りは趙兵に対する残虐行為へと発展する可能性がある。

一方、捕虜の管理が逼迫しており、桓騎の側近である摩論、黒桜、厘玉が合流した。

彼らは龍白公との戦いで取り逃がしたことを報告している。

詳しくみる ⇒参照元: キングダム695話|確定ネタバレ考察|雷土の刻まれた死体!黒...

雷土の死が明かした、桓齮の渇きの理由

扈輒軍を打首した桓齮の10万の理由とは何か?

雷土の死亡

桓齮は扈輒軍の兵士10万人を打首した理由を明らかにした。

その理由とは、桓齮の根源的な部分に気付きながらも散っていった雷土の死亡であった。

雷土の死亡は史実に基づくものであり、この役割は雷土にしか果たすことができなかった。

砂鬼でさえも「まさか」と驚くこの打首の理由には、雷土の死亡が唯一の答えとなる。

桓齮と雷土の関係性は深く、雷土は桓齮の根源的な部分に気付いていた。

アニメでは雷土がさらに活躍するため、今後も見逃せないキャラクターとなっている。

詳しくみる ⇒参照元: キングダム雷土死亡フラグから箱(棺)に入るまでを解説!史実に...

雷土の壮絶な最期:桓騎の情報を守り抜いた覚悟

扈輒将軍に捕らえられた雷土は、拷問にも耐えて何を最後まで隠し通したか?

桓騎に関する情報

雷土は扈輒将軍に捕縛され、拷問を受けましたが、桓騎に関する情報を最後まで隠し通しました。

彼は左手指、左腕を切断され、釘を打たれ、爪を剥がされましたが、それでも桓騎に関する情報を話しませんでした。

雷土には死亡フラグがあり、桓騎から作戦の内容を伝えられていたため、桓騎は雷土の無茶を抑制するために情報を共有したと考えられます。

雷土は敵に捕らえられ、バラバラにされて死亡しましたが、最期まで桓騎軍に関する情報を話しませんでした。

彼の死は桓騎軍の敗北を回避し、雷土は覚悟のある武将として記憶されています。

詳しくみる ⇒参照元: 【キングダム】雷土の死亡シーンがグロい?死亡フラグとバラバラ...

桓騎軍副官の悲劇

桓騎軍の副官を務める雷土の死因は?

拷問

桓騎軍の副官である雷土は、秦軍と趙軍の戦いにおいて捕虜となり、趙軍によって拷問の末に死亡した。

雷土は桓騎軍の中で実力も将軍に次ぐナンバー2として桓騎軍を引っ張っていた人物で、彼の死は桓騎軍に大きな衝撃を与えた。

雷土は元々は野盗だったが、戦況を見極める力に長けており、桓騎からの信頼も厚かった。

詳しくみる ⇒参照元: 【キングダム】雷土(らいど)の死亡理由は拷問?桓騎との関係も...

桓齮の渇き

雷土は、拷問で桓齮の何を話そうとした?

情報

桓齮は、何を求めて戦っているのか、周囲の人間にも理解できない。

そんな桓齮の部下である雷土は、拷問に耐えながら「キングダム」686話で桓齮の情報を話そうとした。

桓齮は、部下にすら渇き続けている理由を明かしていないが、この戦いが終われば酒をたらふく飲ませて、その理由を聞く約束をしていた。

桓齮の情報は、雷土だけでなく、作者の原先生以外には誰も知らない謎だ。

詳しくみる ⇒参照元: キングダム桓齮の「渇き」を真相検証!死亡展開で伏線回収か?

雷土の最期

雷土が死亡したのは、どの戦いですか?

平陽の戦い

桓騎軍の雷土は、史実には登場しないオリジナルキャラクターです。

桓騎は史実の将軍ですが、雷土は戦況を見極めるのに必要な人物として描かれています。

雷土は平陽の戦いで将軍に討たれることなく死亡しました。

詳しくみる ⇒参照元: 【キングダム】雷土(らいど)は史実で実在する?最後は箱でバラ...

桓騎の右腕、雷土の忠誠心

桓騎が雷土を信頼していたのはなぜ?

右腕だったから

雷土は、桓騎の最も信頼する右腕で、戦闘では喧嘩っ早い性格を見せながらも冷静に戦況を分析し、的確な指示を出すことができました。

黒羊丘の戦いでは、摩論の評価では、飛信隊と雷土の戦力はほぼ同等とされており、将軍級の実力を持っていました。

詳しくみる ⇒参照元: キングダム:雷土(らいど)が拷問を受け死亡!雷土と桓騎の関係...

雷土の死亡フラグ

扈輒軍との戦いで雷土が死亡したきっかけは?

死亡フラグを立てていた。

扈輒軍との戦いで雷土は劣勢を嘆く軍師の摩論に「それでもお前ら桓騎一家か」と奮起を促し、桓騎が何かに飢えているかのように「乾いている」と表現した。

その後、空を見上げながら「桓騎は何と戦っているのか?

」と呟き、絶体絶命のピンチで桓騎を想ったことが死亡フラグとなった。

詳しくみる ⇒参照元: キングダム:雷土(らいど)が拷問を受け死亡!雷土と桓騎の関係...

雷土の自己犠牲と桓騎の愛情

雷土が情報の漏洩を防ぐために行った行動を簡潔に教えてください

自分の命を犠牲にした

桓騎軍の右腕であった雷土は、桓騎の命を守るために命を犠牲にしました。

彼の死後、桓騎は雷土の頬に手を当て、「大馬鹿野郎が」と労いの言葉をかけました。

その後、桓騎は捕虜10万人を虐殺し、嬴政の怒りを買いましたが、摩論が虐殺の理由を説明したことで、桓騎の命は救われました。

雷土の自己犠牲と桓騎の深い愛情が、この感動的なシーンを形作っています。

詳しくみる ⇒参照元: キングダム:雷土(らいど)が拷問を受け死亡!雷土と桓騎の関係...

桓騎の運命

桓騎は最終的に誰に倒される?

李牧

桓騎は野盗の頭で残忍な性格の持ち主で、「首斬り桓騎」の異名を持ちます。

戦においては天才で、魏の山陽攻略戦では伝令に化けて陣地に潜入し、敵将玄峰を討ちました。

秦の本陣では蒙驁と廉頗の一騎討ちが行われている間に、魏の本陣で白亀西を討ち、秦軍の勝利に貢献しました。

しかし、『戦国策』趙策四によれば、最終的には李牧に討たれたとされています。

また、『史記』廉頗藺相如列伝では、大敗した後に敗走したと記されています。

詳しくみる ⇒参照元: 『キングダム』桓騎(かんき)の最期は死亡?それとも全部うまく...

『キングダム』雷土の最期と活躍

『キングダム』で桓騎の副官として活躍した雷土は最期どのように死んだ?

命を落とした

雷土は、桓騎に対する忠義心から命を落としました。

桓騎本陣で介子坊を引き付け、白亀西を討った際もサポートしました。

合従軍との戦いでは、冷静に戦況を分析し、桓騎軍を導きました。

しかし、最期は桓騎を庇って命を落としました。

雷土の最期には、「思わず涙した」という声がSNSを騒がせました。

詳しくみる ⇒参照元: 『キングダム』雷土(らいど)はバラバラに?箱詰めの最期に桓騎...

雷土の忠義

拷問の中で雷土が守ったのは何ですか?

桓騎の作戦

戦乱の中、雷土軍は敵の捕虜となり、敵将・扈輒による拷問を受けることとなった。

扈輒は雷土に桓騎の作戦を白状させようとしたが、雷土は口を割らなかった。

拷問に耐え続ける雷土の姿を見て、扈輒は桓騎がいかに部下から慕われているかを知り、雷土の遺体を桓騎の元に送り返した。

雷土は桓騎の作戦を最後まで守ったのだ。

詳しくみる ⇒参照元: 『キングダム』雷土(らいど)はバラバラに?箱詰めの最期に桓騎...

桓騎の怒りの爆発

桓騎が雷土の死を知ったら、どのような行動を起こすと考えられますか?

首斬り

雷土の死が桓騎の怒りを爆発させ、史実通りに「首斬り」が実行されるだろうと予想されています。

桓騎は扈輒を討ち、首10万を刎ねると考えられています。

黒桜と摩論の動きから、奇襲軍による扈輒の想像外の戦略が示唆されています。

詳しくみる ⇒参照元: 確定ネタバレ考察|雷土の拷問で死亡は確実!黒桜と摩論は感じ取...