Academic Box Logo

江川卓の高校時代と阪神タイガースの歴史日本高校野球の「怪物」とプロ野球の歴史を紐解く!?

江川卓の高校時代と阪神タイガースの歴史日本高校野球の「怪物」とプロ野球の歴史を紐解く!?
📘 この記事で分かる事!

💡 江川卓の高校時代は、まさに伝説と呼ぶにふさわしい活躍でした。作新学院時代には、驚異的な投球で甲子園を沸かせ、大会記録となる60奪三振を記録しました。特に、1973年のセンバツ甲子園では、初戦の北陽戦で19奪三振を奪うなど、圧倒的なピッチングを披露しました。

💡 阪神タイガースは、日本プロ野球12球団の中で読売ジャイアンツに次いで2番目に歴史が長い球団です。1936年のプロ野球リーグ戦開始時からの球団であり、長い歴史の中でリーグ優勝10回、日本一を2回達成しています。また、セ・リーグ創設(1950年)以降の通算勝率はリーグ2位であり、安定した成績を残しています。

💡 江川卓と阪神タイガースは、どちらも日本の野球史に大きな足跡を残した存在です。高校野球で「怪物」と呼ばれた江川卓と、長きにわたって日本プロ野球を盛り上げてきた阪神タイガース。この二つの名前が並ぶと、どのようなストーリーが生まれるのでしょうか?

それでは早速、江川卓の高校時代と阪神タイガースの歴史について見ていきましょう。高校野球で「怪物」と呼ばれ、甲子園を沸かせた江川卓と、長きにわたって日本プロ野球を盛り上げてきた阪神タイガース。この二つの名前が並ぶと、どのようなストーリーが生まれるのでしょうか?

高校時代の成績と実績

江川卓の高校時代は、まさに伝説と呼ぶにふさわしい活躍でしたね。甲子園のマウンドに立った江川卓は、まさに「怪物」でした。

🔖 関連記事の要約!センバツ史で最大のインパクト 1973年の゛怪物゛江川卓― スポニチ Sponichi Annex 野球
センバツ史で最大のインパクト 1973年の゛怪物゛江川卓― スポニチ Sponichi Annex 野球

✅ 1973年のセンバツ甲子園大会で江川卓が驚異的な投球を披露し、大会記録となる60奪三振を記録した。甲子園初マウンドとなった北陽戦では、初回から5者連続三振を含む19奪三振を奪い、スタンドを熱狂させた。

✅ 大会初戦の北陽戦では、初回から5者連続三振を含む19奪三振を奪い、その圧倒的な速球にスタンドからは歓声が上がった。江川の投球は正確無比で、北陽打者はバットに当てることさえままならなかった。

✅ 準決勝で広島商に1点差で敗れたものの、江川は11奪三振を奪い、高いポテンシャルを見せつけた。広島商は江川の速球を攻略するため、極端な外角低め狙いで粘り強くバッターを送り出し、四球などでランナーを溜めた。しかし、江川は要所を抑えるピッチングで広島商打線の反撃を封じた。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/03/28/kiji/K20160328012296990.html

そうですね。特に、あのセンバツ甲子園でのピッチングは圧巻でした。初回から5者連続三振を含む19奪三振を奪ったあの試合は、まさに伝説です。

江川卓の高校時代は輝かしい成績を残し、公式戦ではホームラン0本、練習試合を含めてもわずか3本しか打たれなかった。また、成績優秀で進学クラスに在籍し、模試で2位になったこともある。高校3年間で最も良いボールを投げたのは、1年秋の関東大会で前橋工業と対戦した試合で、連続10三振を奪った。また、高2の夏には3試合連続ノーヒットノーランを達成したが、4試合目で2死までノーヒットノーランとしたが、その後ヒットと送りバントで2死二・三塁とされ、バッターのミスにより併殺を取った後にサードランナーがベンチに帰ってしまい、ノーヒットノーランは逃した。甲子園では最初の試合で北陽を相手に19奪三振の完封勝利を収めたが、打たせたとされるのは誤りで、自身の調子と相手の守備の乱れによるものだという。小山高校の金久保孝治氏は、江川氏が小山高校に進学する予定だったと語っているが、実際には進学クラスを受けるために他の高校を受験する予定だった。

ほんま、あの19奪三振はすごかったで!マウンド上の江川は、まさに鬼やった!

そやな~あれはかっこよかったばい。江川ってば、まさに高校野球のスーパーヒーローやったけん。

わしゃ、もう年寄りじゃけん、昔の野球はよう知らんが、江川っつぁんはすごい人やったんやろうな~

江川卓と掛布雅之の対戦

江川卓と掛布雅之の対戦は、まさに「天才同士の戦い」でしたね。高校野球の「怪物」と、プロ野球を代表するスラッガーの対決は、まさに夢のカードでした。

🔖 関連記事の要約!掛布雅之に投じた「一生悔いが残る1球」とは…元巨人・江川卓、宿命のライバルを語る : 読売新聞

公開日:2021/03/25

掛布雅之に投じた「一生悔いが残る1球」とは…元巨人・江川卓、宿命のライバルを語る : 読売新聞

✅ 1979年のプロ初対戦で江川は掛布に初球にカーブを投げたことを後悔しており、その後も初球はカーブを投げることが多かった。江川は掛布の本調子ではないと考えていたため、先輩キャッチャーのカーブのサインに従ってしまったが、本心では初球は真っ直ぐを投げるべきだったと考えている。

✅ 江川と掛布は高校時代からのライバルであり、プロ入り後はインハイのストレート勝負で激しい対戦を繰り広げた。江川は掛布がインハイのストレートを最も得意としていることを知り、インハイのストレート勝負を挑んだ。掛布も江川のインハイのストレートを待ち構えており、両者は三振かホームランという勝負を繰り返した。

✅ 江川は掛布がアウトコース高めのストレートを左方向に本塁打にした際、掛布の驚異的な技術に感銘を受けた。江川はアウトコース高めのストレートはファウルを打たせるのに最適な球種と考えていたが、掛布は内側にバットを入れて外側を叩くという独自の技術で、ボールに逆方向のスピンをかけて本塁打にした。

さらに読む ⇒読売新聞オンライン : ニュース&お得サイト読売新聞オンライン : ニュース&お得サイト出典/画像元: https://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/20210323-OYT1T50083/

はい。両者とも、プライドをかけて鎬を削っていました。江川卓の鋭いストレートと掛布雅之の豪快な打撃がぶつかり合うたびに、球場は熱気に包まれていました。

江川卓と掛布雅之の初対決は、1979年7月7日の巨人対阪神戦だった。その際、江川は掛布への初球にカーブを投げたことを悔やんでいる。というのも、江川は本調子ではなく自信が持てなかったため、先輩キャッチャーのカーブのサインに従ってしまったのだ。江川は、初球はカーブではなく真っ直ぐを投げるべきだったと考えており、今でもその1球が悔やまれる。江川は掛布にカーブを封じて直球勝負を挑んだが、それでも掛布は2球目以降のストレートを待ち構えていた。江川は、初球にカーブを投げるのは「じゃんけんで『最初はグー』とやるのに近い感覚」で、お互いに相手の癖を熟知していたと語っている。

やっぱ、天才同士の勝負って燃えるよね!どっちが勝つか分からんかったから、ハラハラドキドキやったわ!

ほんそれ!もう、どっちが勝つか分からんかったばい。江川っつぁんも掛布っつぁんも、すごかったけん。

わしゃ、江川っつぁんのカーブが好きじゃったのう。あのキレはすごかった。掛布っつぁんもよう打っとったが、江川っつぁんのカーブは芸術じゃった。

江川卓の私生活

江川卓の私生活も、なかなか興味深いものがありますね。奥様との出会いや結婚秘話など、微笑ましいエピソードが満載です。

🔖 関連記事の要約!江川卓の妻との馴れ初めは?JAL国際線の客室乗務員だった!
江川卓の妻との馴れ初めは?JAL国際線の客室乗務員だった!

✅ 元プロ野球選手の江川卓は、1979年12月23日にJALの国際線の客室乗務員だった菊地正子さんと結婚した。江川は1975年に日米大学野球選手権の全日本メンバーとして渡米した際に正子さんと出会い、一目惚れした。

✅ 江川は1975年に日米大学野球選手権の全日本メンバーとして渡米した際に正子さんと出会い、一目惚れした。江川は高所恐怖症で飛行機が大の苦手だったが、正子さんに優しく声をかけられ、その瞬間から正子さんのことが忘れられなくなった。

✅ 正子さんは江川より6歳年上で、2人の子供に恵まれている。正子さんは世界に羽ばたく日航機の客室乗務員で、大学生ながらも野球しかやっていない江川に対し、まるで先輩と後輩のような雰囲気で接してくれた。江川は正子さんのことを3つくらいは年上かなと思っていたが、アドレス交換の際に6歳年上だと聞いて驚いたが、すぐに年齢は問題ではないと思った。

さらに読む ⇒こいもうさぎのブログこいもうさぎのブログ出典/画像元: https://koimousagi.com/56404.html

はい。江川卓の奥様は、元日本航空の客室乗務員だった菊地正子さんです。二人は1979年12月23日に結婚し、現在も仲睦まじく暮らしています。

元プロ野球選手の江川卓の妻・正子は、元日本航空の客室乗務員でした。江川は飛行機恐怖症でしたが、日米対抗野球のため飛行機に乗らなければならなくなった際に、客室乗務員だった正子に出会い、一目惚れしました。正子は江川より6歳年上で、2人の子供に恵まれています。江川夫妻は結婚から40年以上経った今でも仲が良く、正子は江川を支え続けています。

え~めっちゃロマンチックやん!まるでドラマみたいや!

そうばい。もう、王子様とシンデレラの物語みたいやけん。

わしゃ、恋愛話は大好物じゃ。江川っつぁん、いい旦那さんじゃのう。

1973年の夏の甲子園

1973年の夏の甲子園は、江川卓にとって苦い思い出となったようですね。チーム状態が芳しくなく、連投による疲労も影響したようです。

🔖 関連記事の要約!連投の疲労、仲間との不協和音…江川卓゛最後の甲子園゛で何が起きていたのか? 呪縛から解放されたラストボールが「高校野球で最高の1球だった」
連投の疲労、仲間との不協和音…江川卓゛最後の甲子園゛で何が起きていたのか? 呪縛から解放されたラストボールが「高校野球で最高の1球だった」

✅ 1973年の夏の甲子園に出場した作新学院は、チーム状態が芳しくなく、チーム打率も出場校で最低の.206と低迷していた。また、連投による江川卓の疲労もあった。

✅ 江川卓への過剰な報道に嫌気がさしたチームは、早く甲子園から撤退したいと考えていた可能性がある。作新学院は2回戦で銚子商に敗退しているが、試合後にはホッとした表情を見せる選手もいた。

✅ 江川卓の入学により、進路変更を余儀なくされた作新学院の選手がいた。小山二中でエースとして活躍していた大橋康延は、江川が小山高校に進学すると噂を聞いたため、作新学院に進学した。大橋は3年秋のプロ野球ドラフト会議で、大洋(現DeNA)から2位指名を受けている。

さらに読む ⇒Number Web - ナンバーNumber Web - ナンバー出典/画像元: https://number.bunshun.jp/articles/-/858526?page=1

はい。江川卓は大会期間中、連投で疲れがたまっていたようです。また、チームメイトとの関係もギクシャクしていたようで、本来の実力を発揮することができませんでした。

1973年の夏の甲子園に出場した作新学院は、チーム状態が芳しくなく、エースの江川卓も心身ともに疲弊していた。また、チーム打率は出場校で最低の.206と低迷し、江川とチームメイトとの距離も離れつつあった。江川への過剰な報道に嫌気がさしたチームは、早く甲子園から撤退したいと考えていた可能性がある。

そんなん、かわいそうやな。江川ってば、すごいピッチャーなんやから、もっと活躍したかったやろな。

ほんそればい。江川っつぁんは、もっとできる人ばいけん。

わしゃ、江川っつぁんの負けず嫌いなとこが好きじゃ。あの悔しさをバネにして、もっと強くなってもらいたい。

1973年のセンバツ甲子園

1973年のセンバツ甲子園では、江川卓と阪神タイガースが、それぞれ輝かしい成績を残しました。江川卓は大会記録となる60奪三振を記録し、阪神タイガースは村山実の引退試合が行われました。

🔖 関連記事の要約!阪神タイガース
阪神タイガース

✅ 阪神タイガースは1936年のプロ野球リーグ戦開始時からの球団の一つで、日本プロ野球12球団の中で読売ジャイアンツに次いで2番目に歴史が長い。創設直後の1ヶ月と太平洋戦争前後の約5年半を除いて、1961年3月までは大阪タイガースと称していた。

✅ フランチャイズ制度が導入された1952年から兵庫県を保護地域とし、二軍は1954年から阪神ジャガーズ、1957年から阪神タイガースと称していたこともあり、1961年4月に阪神タイガースと改称した。

✅ 球団の歴史においてリーグ優勝10回(1リーグ時代を含む)、日本一は2回と多くはないが、セ・リーグ創設(1950年)以降の通算勝率はリーグ2位であり、1987年から2001年に経験した15シーズン中最下位10回という暗黒時代を除けば、安定してAクラス入りしており、特に暗黒時代を脱して以降は定期的に優勝争いに絡んでいる。

さらに読む ⇒WikiwandWikiwand出典/画像元: https://www.wikiwand.com/ja/%E9%98%AA%E7%A5%9E%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%B9

はい。江川卓はセンバツ甲子園で驚異的なピッチングを披露し、大会記録となる60奪三振を記録しました。また、阪神タイガースは村山実投手の引退試合が行われ、村山投手はマウンドに立つことはありませんでしたが、盛大な引退セレモニーが行われました。

1973年のセンバツ甲子園で、作新学院の江川卓が驚異的な投球を披露しました。初戦の北陽戦では、19奪三振の快投で完封勝利を収めました。江川はすでに高校野球界で「怪物」として知られていましたが、この大会で全国の野球ファンにその実力が知れ渡りました。なお、この大会は、阪神のエース・村山実の引退試合ともなり、新旧の名投手が聖地でそれぞれ最後の輝きを放ちました。

え~すごいやん!江川っつぁんも村山っつぁんも、すごい記録を残しとるやん!

ほんそればい。あの時は、日本中が野球に夢中やったけん。

わしゃ、もう年寄りじゃけん、よう覚えておらんが、あの頃の野球は熱かったんじゃろな~

江川卓と阪神タイガース、どちらも日本の野球史に燦然と輝く存在です。高校野球で「怪物」と呼ばれた江川卓と、長きにわたって日本プロ野球を盛り上げてきた阪神タイガース。この二つの名前が並ぶと、まさに夢のようなストーリーが生まれます。

🚩 結論!

💡 江川卓の高校時代の活躍は、まさに伝説であり、阪神タイガースは長きにわたって日本野球を盛り上げてきました。両者の功績は、これからも語り継がれていくことでしょう。

💡 高校野球の「怪物」とプロ野球の歴史が交錯するとき、どのような化学反応が起きるのでしょうか?江川卓と阪神タイガースの物語は、まだまだ始まったばかりです。

💡 それでは、今日の記事はここまで。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。