Academic Box Logo

「剣の王国」ってどんな物語?面白い?その通りとは言い難い!?

「剣の王国」ってどんな物語?面白い?その通りとは言い難い!?
📘 この記事で分かる事!

💡 「剣の王国」は、復讐に燃える少年アルフレドが、仲間との絆を深めながら成長していく壮大な物語です。その旅路の中で、彼は数々の困難や謎に直面し、自分の出生の秘密や世界の運命を左右する陰謀についても知っていくことになります。

💡 また、「はめつのおうこく」との関連性も一部ファンの間で話題となっているようです。果たしてこの2作品にはどのようなつながりがあるのでしょうか。

💡 本記事では、「剣の王国」に関する様々な疑問を、可能な限りわかりやすく解決していきたいと思います。最後までお付き合いいただければ幸いです。

では早速、皆様に楽しんでいただける記事内容をご紹介していきましょう。どうぞ、最後までお付き合いください。

「剣の王国」の物語

「剣の王国」は、美貌の女王、聡明な魔女、そして優秀な弟子を持つ3人の魔女が登場するところから物語が始まります。復讐に燃える少年アルフレドは、海に沈んでいたアトラントを復活させ、壮大な旅に出るのです。

🔖 関連記事の要約!第4章 少女よ、野望のマッチを灯せ/青柳碧人:試し読み
第4章 少女よ、野望のマッチを灯せ/青柳碧人:試し読み

✅ マッチ売りの少女エレンは、クリスマスイブに天使からマッチに願いを叶える力をもらいます。そのマッチを擦りながら願い事をすると、その願いが叶う夢を見ることができます。

✅ エレンは、お金があれば幸せになれ、もう二度とみじめな夢を見る必要がなくなることに気づきます。そこで、エレンは現実のお金を得るという夢を決意し、マッチ工場を燃やしてしまいます。

✅ その後、エレンはマッチ会社の社長となり、マッチ会社の社長であるエレンと対決することになります。この対決は、書籍で描かれています。

さらに読む ⇒COLORFUL:カラフル|「COLORFUL」は、双葉社による文芸総合サイトです。COLORFUL:カラフル|「COLORFUL」は、双葉社による文芸総合サイトです。出典/画像元: https://colorful.futabanet.jp/articles/-/1523

まさに、ダークファンタジーの世界観が魅力的ですね。復讐、謎、陰謀、そして仲間との絆が、どのように絡み合っていくのかに注目です。

美貌の女王、聡明な魔女、そして優秀な弟子を持つ魔女の 3 人の魔女から物語は始まる。復讐に燃える少年アルフレドは、海に沈んでいたアトラントを復活させ、壮大な旅に出る。その旅の中で、彼は数々の困難に遭遇し、仲間との絆を深めていく。また、自分の出生の秘密や、世界の運命を左右する陰謀についても知っていくことになる。

ホンマ、こんな世界観の作品ってワクワクするんよねー。ダークファンタジーって最高やねん!

うっす。バトルとかもめっちゃ面白そうね。早く続きが読みたいばい!

ああ、なんて禍々しくも美しい世界……。この物語に隠された真実に、たどり着けるかしら。

「剣の王国」と「はめつのおうこく」のつながり

「剣の王国」と「はめつのおうこく」は、作者が同じで設定も似ています。さらに、両作品は「アンサンブルバース」という概念によってリンクされており、別の世界としてつながっているのです。

🔖 関連記事の要約!はめつのおうこく』『剣の王国』キャラクター人気投票!【yoruhashiの世界3】
はめつのおうこく』『剣の王国』キャラクター人気投票!【yoruhashiの世界3】

✅ 「剣の王国」と「はめつのおうこく」は、同じ作者が執筆しており、設定も類似しています。さらに、両作品はアンサンブルバースという概念によってリンクされており、別の世界としてつながっています。

✅ 例えば、「剣の王国」のヒロインであるドロテーアは、「はめつのおうこく」にも登場し、同一人物であることが明かされています。また、両作品には、同じ世界観を垣間見ることができるシーンが随所に散りばめられています。

✅ 「はめつのおうこく」の最新刊発売を記念して、現在、両作品のキャラクター総選挙が開催されています。この総選挙では、「はめつのおうこく」と「剣の王国」からそれぞれ1人ずつ、合計2人のキャラクターに投票することができます。

さらに読む ⇒MAGCOMIMAGCOMI出典/画像元: https://magcomi.com/article/entry/special/hametsu04-vote

この2作品の関係性が明かされれば、さらなる盛り上がりを見せそうですね。今後の展開に期待が高まります。

「剣の王国」と「はめつのおうこく」は、作者が同じで、設定が似ている。さらに、アンサンブルバース(多重奏宇宙)という概念によって、別の世界としてリンクしている。そのため、両作品には共通のキャラクターが登場したり、同じ世界観が垣間見えたりする。例えば、「剣の王国」のヒロインであるドロテーアは、「はめつのおうこく」にも登場し、同一人物であることが明かされている。

まじかー。作者同じなんやー。おもろいー。この共通点から、どんな物語が生まれるのか楽しみやわー。

へぇー。続きが楽しみになってきたな。この2作品の関係性も、物語の重要な要素になりそうやね。

ふむふむ。このつながりを辿れば、この世の秘密が解けるかしらん。ワクワクするわねぇ。

「剣の王国」の打ち切りとリバイバル

当初、「剣の王国」は「comico」で連載されていましたが、現在は「MAGCOMI」でリバイバル掲載されています。この業界の過酷な環境を乗り越えて、再び我々の前に現れたことは喜ばしい限りです。

🔖 関連記事の要約!NHN comico Corp.
NHN comico Corp.

✅ 「剣の王国」は、当初、Webtoonアプリ「comico」で連載されていました。しかし、Webマンガ業界の過酷な労働環境により、作者であるyoruhashi氏が体調を崩したことが主な理由で、連載は終了しました。

✅ その後、「MAGCOMI」でリバイバル掲載が決定し、現在では再び読者を楽しむことができるようになっています。

✅ comicoは、スマートフォンに最適化された「タテカラー®」閲覧環境が特徴のマンガアプリです。多彩なジャンルのオリジナルマンガや外部IP作品を定期掲載しており、各出版社の人気作も配信されています。韓国版、タイ版『comico』のほか、『comico』のグローバル版『POCKET COMICS』が世界各国で展開されており、世界累計のダウンロード数は4,100万件を突破しています。

さらに読む ⇒NHN comico株式会社NHN comico株式会社出典/画像元: http://www.nhn-comico.com/news/index.nhn?m=read&docid=10876269

この業界の過酷な環境を乗り越えて、再び我々の前に現れたことは喜ばしい限りです。また、「MAGCOMI」では多彩なジャンルのオリジナルマンガや外部IP作品が定期掲載されており、各出版社の人気作も配信されています。

「剣の王国」は、当初は Webtoon アプリ「comico」で連載されていたが、Web マンガ業界の過酷な労働環境により、作者である yoruhashi 氏が体調を崩したことが連載終了の主な理由とされている。しかし、その後、「MAGCOMI」でリバイバル掲載されることになり、現在では再び読者を楽しむことができるようになっている。

復活とかアツすぎやろー!また「剣の王国」が読めるなんて、ほんまに最高やわー!

よっしゃ、また読めるばい!「MAGCOMI」ってアプリ、早速ダウンロードしてみようっと。

おお、それは素晴らしい知らせじゃ。この機会に、私も「MAGCOMI」で「剣の王国」を読み返してみようかしら。

「剣の王国」の最終回

「剣の王国」の最終回は、その展開が不評だったとのことです。バッドエンドであることや、掲載媒体変更後の大幅なエピソードカット、SNS投票による内容決定などが理由として挙げられています。

🔖 関連記事の要約!剣の王国」の最終回がひどい!?炎上を招いた問題の終わり方を解説
剣の王国」の最終回がひどい!?炎上を招いた問題の終わり方を解説

✅ 「剣の王国」の最終回は、唐突に明かされたバッドエンドや、掲載媒体変更後の大幅なエピソードカット、SNS投票による内容決定などが理由で不評を博した。

✅ さらに、重要なキャラクターが次々と雑に退場させられ、有料公開にもかかわらず落丁が発覚したことも不評に拍車をかけた。

✅ 作者は最終回の内容をTwitterの投票機能で決めようとしたが、結局は元々のエンディングが選ばれる結果となった。

さらに読む ⇒ひどい世界の住人よ | 世の中の「ひどい」を集めるひどい世界の住人よ | 世の中の「ひどい」を集める出典/画像元: https://animanlog.com/sword-last

作品がゆえに、賛否両論あるのは仕方のないことかもしれません。しかし、多くのファンが残念な気持ちを抱いたことは事実のようです。

「剣の王国」の最終回は、多くの読者に不評だった。その理由は、バッドエンドであることが唐突に明かされたこと、掲載媒体変更後にエピソードが大幅にカットされたこと、最終回の内容をSNS投票で決定したこと、多くのキャラクターが雑に処置されたこと、有料公開にもかかわらず落丁が発覚したことなどである。

えー、なんでやねんー。「剣の王国」の最終回が不評やったなんて、残念すぎるわー。

まあ、ファンとしては残念な気持ちもありますよねー。せっかくここまで追いかけてきたのに、バッドエンドとかはちょっと納得いかんわ。

うむむ。作品を愛するが故に、苦言を呈したくなることもあるであろう。しかし、最終回の内容が不評だったのは残念なことじゃ。

『はめつのおうこく』のドロテーア

「はめつのおうこく」のドロテーアは、「剣の王国」のドロテーアと同一人物ではないかという説があります。この説を裏付ける証拠としては、両作品に登場する王妃アンドロメダがドロテーアと瓜二つであることや、「アンサンブルバース」という概念による作品間のつながりが挙げられています。

🔖 関連記事の要約!国産ウェブトゥーンの最高峰『剣の王国』 ポップな色使いとスクロールを活かしたアクションの魅力
国産ウェブトゥーンの最高峰『剣の王国』 ポップな色使いとスクロールを活かしたアクションの魅力

✅ 「剣の王国」は2014年から2019年にかけてcomicoで連載されたウェブトゥーンで、2020年にMAGUCOMIでリバイバル掲載が開始された。この作品は、独自の世界観やサスペンスフルな展開が魅力で、2018年の「次にくるマンガ大賞」Webマンガ部門で15位にランクインするなど高い評価を受けている。

✅ 「剣の王国」の絵の魅力は、緑や黄系の色を多様に用いた独特な色彩感覚と、動きの描写を駆使した躍動感にある。ウェブトゥーンならではの縦スクロールや横スクロール演出も取り入れられており、スマホで読むのに最適化されている。

✅ 「剣の王国」はウェブトゥーンならではの縦スクロールや横スクロール演出を駆使しており、巨大なものが卑小なもの(本作序盤なら2匹の龍が主人公)を襲い来るときの、上からのしかかるような威圧感の演出や、スマホの画面に収まりきらないほどの大きさの敵が手や足を振り下ろしたときの躍動感も序盤から十二分に堪能できる。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/book/2020/04/post-536472.html

もしこの説が正しければ、「剣の王国」と「はめつのおうこく」の関係性はさらに深まることになります。今後の展開に注目が集まります。

『はめつのおうこく』のドロテーアは、作者の前作『剣の王国』のヒロインと同姓同名であることから、同一人物ではないかと推測されていた。この説は、『はめつのおうこく』でドロテーアと瓜二つの王妃アンドロメダが登場したことでさらに有力になった。また、両作品が「アンサンブルバース(多重奏宇宙)」という概念でつながっていることも、この説を裏付けている。ドロテーアの目的は、おそらく『剣の王国』で最愛の人だったアルフレドを復活させることである。そのためには「アドニスの首」が必要であり、そのためにドロテーアは帝国を奪い、アドニスを狙っている。しかし、ドロテーアはアルフレドの首の在りかを知らない可能性がある。

マジかー。そしたら、もっとおもろくなるやん!「はめつのおうこく」も「剣の王国」も大好きな作品やから、このつながりにはワクワクするわー。

おう、ぜひとも真相が知りたいね。この2作品がどうつながっているのか、早く明らかになってほしいもんだ。

ほうほう。この謎を解き明かすのは、我々凡人には難しいかもしれん。しかし、このワクワク感はたまらんのう。

「剣の王国」に関する様々な情報を、お届けしてきました。いかがでしたでしょうか。

🚩 結論!

💡 気になる作品があった方は、ぜひこの機会に読んでみてはいかがでしょうか。新たな発見や感動が、あなたを待っているかもしれません。

💡 また、「剣の王国」に関する続報や関連情報があれば、随時お届けしていきたいと思います。どうぞお楽しみに。

💡 ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。またお会いしましょう。