Academic Box Logo

発達障害当事者同士の結婚は難しい?発達障害当事者同士の結婚とは!?

発達障害当事者同士の結婚は難しい?発達障害当事者同士の結婚とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 発達障害当事者同士の結婚の現状と課題

💡 発達障害当事者同士の結婚生活における成功例と失敗例

💡 発達障害当事者同士の結婚におけるサポート体制

それでは、最初の章に移りましょう。

発達障害の基本的な理解

発達障害は、様々な要因が複雑に絡み合って発生するようです。

🔖 関連記事の要約!発達障害は遺伝ですか? – 株式会社Kaien – 発達障害の方のための就労移行支援・自立訓練・ニューロダイバーシティ社会実現を推進

公開日:2023/12/11

発達障害は遺伝ですか? – 株式会社Kaien – 発達障害の方のための就労移行支援・自立訓練・ニューロダイバーシティ社会実現を推進

✅ 発達障害は遺伝要因が強く、環境要因も影響を与える可能性がある。

✅ 多くの遺伝子が複雑に関連し、特定の遺伝子変異が症状を引き出す仕組みはまだ完全には解明されていない。

✅ 環境要因としては、父親の年齢、母親の妊娠中の状態、胎児の脳の発達期の特定の物質への曝露などが挙げられる。

さらに読む ⇒株式会社Kaien - 発達障害の方のための就労移行支援・自立訓練・ニューロダイバーシティ社会実現を推進株式会社Kaien - 発達障害の方のための就労移行支援・自立訓練・ニューロダイバーシティ社会実現を推進出典/画像元: https://www.kaien-lab.com/faq/1-faq-developmental-disorders/causes/

遺伝と環境の両方から影響を受けるんですね。大変興味深いです。

発達障害は、遺伝と環境の両方の要因が関わる複雑な障害です。遺伝要因が強い場合もありますが、後天的な環境要因も発達障害に影響を与える可能性があります。ある研究では、遺伝と環境が同じ程度に影響するとされています。発達障害には、自閉症スペクトラム障害、ADHD、アスペルガー症候群などがあります。発達障害は単なる「欠陥」ではなく、それぞれの人にある個性や強みの側面であるとされています。発達障害を恐れず、家族や友人、専門家の助けを求めることが大切です。発達障害は、適切なサポートがあれば克服できる課題です。また、発達障害のある人は、自分のユニークな特性を受け入れ、それらを強みとして生かすことを学ぶ必要があります。

へぇー、発達障害って遺伝も関係するんや。知らんかったわー

そうやね、遺伝とか環境とか、色々あるみたいやけんね。

あら、そうなんですか?昔は発達障害なんて言葉なかったわよ。

発達障害当事者同士の結婚

それでは、発達障害当事者同士の結婚についてお話しましょう。

🔖 関連記事の要約!仲良し発達障害カップルが゛別居婚゛を選んだワケ【結婚のカタチ2022】
仲良し発達障害カップルが゛別居婚゛を選んだワケ【結婚のカタチ2022】

✅ 発達障害当事者である西出弥加さんと西出光さんの結婚生活は、お互いの特性を理解し尊重しながら、時には距離を置くことで良好な関係を築いている。

✅ 弥加さんは光さんのADHDによる片付けの苦手さを理解し、別居することで光さんが自立し、互いに成長できることを実感している。

✅ 夫婦は「こうあるべき」ではなく、お互いのためを思って「こうしてみよう」というスタンスで関係を築き、周囲からの理解を得られないことも含めて、自分たちのペースで幸せを追求している。

さらに読む ⇒GINGERジンジャー | 自分を主役にした人生を。GINGERジンジャー | 自分を主役にした人生を。出典/画像元: https://gingerweb.jp/timeless/living/love/20220321-marriage-3

お互いの特性を理解し尊重し合うことは、とても大切ですね。

グラフィックデザイナーの弥加さんと訪問介護士の光さんという発達障害当事者同士の夫婦は、ツイッターで出会い結婚しました。しかし、夫の光さんの「抜け」と妻の弥加さんの「こだわり」で日常生活に支障をきたすようになり、半年後に別居しています。弥加さんは几帳面で、光さんは忘れ物が多いなど、特性の違いが原因でうまくいかないことが多かったようです。

別居って、ちょっと寂しいなぁ。でも、お互い成長できるんだったらいいんじゃないかな。

まぁ、別居は難しい選択やけど、お互いのためにって考えたらええかもしれんね。

あら、別居するほど大変なのね?でも、お互い自立できてよかったわね。

発達障害の特性と診断

次は、発達障害の特性と診断について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!二次障害とは
二次障害とは

✅ 二次障害は、神経発達症(発達障害)の特性を理解されずに周囲から非難や叱責を受けることで、自信喪失や他の問題を引き起こす。

✅ 二次障害を防ぐには、周囲の人が神経発達症(発達障害)の特性を理解し、それぞれの人に応じた支援を提供することが重要。

✅ 発達障害の特性に気づいたら、相談・受診し、必要な支援を受けましょう。

さらに読む ⇒患者・ご家族の皆さま患者・ご家族の皆さま出典/画像元: https://wellness.shionogi.co.jp/psychosis-neurosis/developmental-disability/deuteropathy.html

二次障害を防ぐためには、周りの理解とサポートが不可欠ですね。

発達障害当事者同士の夫婦であるカズヤさんとアユミさんも、親しくなってからお互いの障害に気づきました。カズヤさんはうつ病などの二次障害を発症してから発達障害が判明したという例で、発達障害が引き起こす症状が精神疾患と誤診されるケースもあります。発達障害は目に見えない障害のため、一見すると障害があることが分からず、カズヤさんとアユミさんも親しくなってからお互いが同じ障害を持っていることを知りました。

二次障害って、何?怖いなぁ。

二次障害って、発達障害のせいで心の病気とかになるってことかな?

あら、そうなの?周りの人が理解してあげないと大変ね。

発達障害当事者同士の結婚の課題

では、発達障害当事者同士の結婚が抱える課題について考えてみましょう。

🔖 関連記事の要約!異なる障害特性を補い合って暮らす人々 ~同じ「障害者」同士でも助け合えば支え合える。手を取ろう~
異なる障害特性を補い合って暮らす人々 ~同じ「障害者」同士でも助け合えば支え合える。手を取ろう~

✅ 発達障害当事者同士が協力して互いの特性を補い合い、当事者会やグループホームを運営することで、より良い共同生活を実現できる可能性がある。

✅ 障害の特性は、陰と陽の関係のように、それぞれが助け合って成り立っている。例えば、ADHDの多動性とASDの事務作業能力は、それぞれが欠けていては組織の立ち上げや拡大は困難。

✅ 「自立とは依存先を増やすことである」という考え方は、障害者だけでなく、健常者にも当てはまる。高齢化社会や8050問題を抱える日本では、一人で抱え込まず、互いに支え合うことが重要。

さらに読む ⇒ 株式会社アニスピホールディングス 株式会社アニスピホールディングス出典/画像元: https://anispi.co.jp/president_blog/post-2957/

互いに支え合い、協力し合うことが重要ですね。

発達障害当事者同士の結婚は、特性の違いによる日常生活への影響や、精神疾患との誤診の可能性など、特有の課題があります。特性の違いが原因でうまくいかないことがあったり、発達障害の特性を精神疾患と誤診されてしまうことで、適切なサポートが受けられない可能性があります。

当事者会とか、グループホームって、なんか難しそうやなぁ。

みんなそれぞれ違うから、協力して助け合いながら生活していくのが大事だよね。

あら、助け合いって大事なのね。昔は、一人で抱え込むのが当たり前だったのよ。

発達障害への向き合い方

最後に、発達障害への向き合い方についてお話しましょう。

🔖 関連記事の要約!発達障害を抱える女性の年齢別特徴とは

公開日:2023/12/01

発達障害を抱える女性の年齢別特徴とは

✅ 発達障害を抱える女性の年齢別の特徴と課題を解説し、各年代における適切なサポート方法を提案している。

✅ 特に乳幼児期からの早期発見と支援の重要性を強調し、学童期、思春期、成人期における課題と克服のための具体的な方法を提示している。

✅ 発達障害を持つ女性が直面する課題の解決のために、株式会社Osaka-Childのカウンセリング支援事業を紹介し、40代の母親向けの具体的なサポート内容を説明している。

さらに読む ⇒トップページ 2023.1023トップページ 2023.1023出典/画像元: https://osakachild.com/developmental-disorders-women-age-specific/

発達障害を持つ女性へのサポート体制が充実しているのは素晴らしいですね。

発達障害を恐れず、家族や友人、専門家の助けを求めることが大切です。発達障害のある人は、自分の特性を受け入れ、それらを強みとして生かすことを学ぶ必要があります。発達障害は適切なサポートがあれば克服できる課題です。

発達障害って、色々大変そうやけど、サポートがあれば大丈夫そうやね。

サポートって大事だよね。一人で抱え込まずに、相談できる場所があるのは心強いよね。

あら、昔は発達障害なんて言葉もなかったわよ。今はサポートも充実しているのね。

発達障害当事者同士の結婚は、課題も多いですが、互いに理解し合い、サポートすることで幸せな生活を送ることができると思います。

🚩 結論!

💡 発達障害当事者同士の結婚は、お互いの特性を理解し尊重することが重要

💡 発達障害当事者同士の結婚には、周囲の理解とサポートが必要

💡 発達障害当事者同士の結婚は、困難な面もあるが、幸せな可能性も秘めている