Academic Box Logo

大麻って、本当に体に悪い?大麻精神病とは!!?

大麻って、本当に体に悪い?大麻精神病とは!!?
📘 この記事で分かる事

💡 大麻の使用は、脳の構造や機能に障害を与える可能性があります。特に、成長期にある若者の脳に悪影響を与えることが懸念されています。

💡 大麻は依存性が高く、精神的にも肉体的にも悪影響を及ぼします。依存症になると、大麻を摂取しないと落ち着かなくなったり、日常生活に支障が出たりするようになります。また、大麻の使用は、精神障害や身体疾患のリスクを高めることが報告されています。

💡 近年、大麻の合法化や非犯罪化が進む国が増えています。しかし、大麻の使用による健康被害への懸念から、合法化に伴う課題も指摘されています。大麻関連の健康被害を防止するための対策や、依存症からの回復支援の強化が求められています。

それでは早速、大麻に関する記事をご紹介します。大麻といえば、なんとなく体に悪いモノ、と考えている方が多いと思います。そんな大麻の真の姿に迫ります。大麻の使用がもたらす健康被害や依存症のリスク、合法化に伴う課題など、さまざまな側面から解説していきます。

大麻の健康影響

大麻の使用は、精神障害や身体障害などの健康被害を引き起こす可能性があります。また、依存症のリスクもあります。大麻に含まれる成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)には、精神作用があり、これが健康被害を引き起こす主な原因と考えられています。

🔖記事の要約大麻精神病は存在しないことの証明?日本での大麻使用障害の調査結果を解説します

公開日:2020/10/24

大麻精神病は存在しないことの証明?日本での大麻使用障害の調査結果を解説します

✅ 精神科を受診する大麻使用者は、男性、低学歴、無職の割合が高く、大麻以外の薬物(覚せい剤、アルコール、幻覚剤、危険ドラッグなど)を併用する傾向がある。また、大麻使用開始前から精神疾患を患っている場合や、自殺企図や逮捕歴がある場合が多い。

✅ 大麻依存症は、乾燥大麻以外の大麻(ワックスやハッシュなどの濃縮製剤)の使用と関連している。大麻精神病は、大麻使用量や使用頻度とは関係がないが、現在の年齢が高いことと、仲間意識の強化を期待しない孤独な使用と関連している。

✅ 大麻の長期使用と無動機症候群との関連性は、この研究では示されなかった。そのため、大麻の長期使用が無動機症候群を引き起こすという従来の仮説は支持されなかった。

さらに読む ⇒ GREEN ZONE JAPAN GREEN ZONE JAPAN出典/画像元: https://www.greenzonejapan.com/2020/06/06/matsumoto/

大麻の使用による健康被害は、個人差や使用頻度などによって異なります。また、大麻の長期使用が無動機症候群を引き起こすという仮説がありますが、この研究ではその関連性は示されませんでした。ただし、大麻の使用が脳の報酬系に影響を与え、意欲ややる気を低下させる可能性があることは指摘されています。

大麻の使用と精神障害との関連性が海外の研究で示唆されていますが、因果関係は証明されていません。また、10代から大麻を使用すると危険性が高まることが知られています。さらに、THC濃度が高く、長期間使用するほど依存症のリスクが高まります。大麻を摂取すると、情緒不安定や気分の浮き沈み、場合によっては「大麻精神病」と呼ばれる抑うつ状態を引き起こす可能性があります。また、妊婦の場合、胎児に奇形が生じるリスクがあります。

えー、大麻ってそんなにヤバイん?私、友達がやってるけど、元気そうやけどなぁ。

そう、確かに大麻の使用がすべての人に悪影響を与えるわけじゃない。でも、やっぱり健康被害のリスクはあるってことは知っとくべきやね。それに、大麻を使用すると、集中力や判断力が低下するから、運転や危険な作業を行うのは避けたほうがいいよ。

そうじゃ、そうじゃ。わしも若い頃はよう吸うとったが、頭がボーッとして、なーんもやる気が起きんようになったんじゃ。

大麻の依存性

大麻は依存性が高く、精神的にも肉体的にも悪影響を及ぼします。また、大麻の影響下での運転は交通事故のリスクを高めます。大麻に含まれるTHCには、脳内の報酬系を活性化し、快感や多幸感をもたらす作用があります。この作用により、大麻を繰り返し使用すると、依存症になりやすくなります。

🔖記事の要約京大薬学・金子研・薬物依存
京大薬学・金子研・薬物依存

✅ 大麻はアルコールやニコチンと同程度の精神依存性があり、幻覚作用や認知症リスクの増加など、深刻な健康被害を引き起こす可能性があります。また、大麻の常習的な使用は脳の萎縮につながり、無気力や認知症のリスクを高めることもわかっています。

✅ 大麻の使用は、幻覚作用による認知・判断能力の変調により犯罪の増加につながる可能性があります。また、大麻の影響下での運転は、アルコールによる飲酒運転と同様に交通事故のリスクを高めます。さらに、大麻の微量な検出性の高さにより、事故や犯罪における大麻使用の立証が困難になるという問題もあります。

✅ 医療用大麻や娯楽目的の大麻の使用を認めることは、大麻の蔓延や反社会的勢力への資金供給などのリスクを伴います。また、医療用大麻の有効性は対症療法に限られ、根本的な治療法ではありません。娯楽目的の大麻の使用を認める国や州では、大麻の生涯経験率が高く、麻薬の蔓延に対策を講じたり、反社会的勢力への資金供給を減らしたりするための苦肉の策として解禁しているという側面があります。

さらに読む ⇒京大薬学・金子研・薬物依存京大薬学・金子研・薬物依存出典/画像元: http://www.pharm.kyoto-u.ac.jp/channel/social1.html

大麻の依存症のリスクは、THC濃度や使用期間だけでなく、遺伝的要因や環境要因によっても影響を受けると考えられています。例えば、家族に大麻依存症の人がいたり、ストレスの多い環境で育ったりすると、大麻依存症になるリスクが高まることがわかっています。

精神依存性において、大麻はアルコールやニコチンと同様のレベルにあります。大麻の使用習慣がつくと、薬物を渇望し、問題解決能力が低下する可能性があります。大麻の依存症のリスクは、THC濃度や使用期間だけでなく、遺伝的要因や環境要因によっても影響を受けると考えられています。

マジっすかー!大麻って、タバコとかお酒よりヤバイんですか?

いやいや、大麻がタバコやお酒よりも危険かどうかは一概には言えんけど、依存性が高いことは確かやね。それに、大麻の影響下で車を運転すると、事故を起こすリスクが何倍にも高まるんや。

ほー、そげなこつじゃったとよ。わしも若い頃はようお酒を飲んどったけど、やめようと思ったら意外にやめられんかったもんのう。

大麻の危険性

危険ドラッグや大麻の乱用は、健康被害や犯罪行為につながる可能性があります。また、若者の成長発達に悪影響を与える可能性もあります。危険ドラッグは、大麻と類似した作用を持つ化学物質を含んでおり、幻覚や妄想などの精神症状や、身体障害を引き起こすことがあります。大麻もまた、長期乱用により精神障害や身体障害のリスクを高めます。

🔖記事の要約乱用薬物の危険性と最近の状況/衛研ニュースNo.192
乱用薬物の危険性と最近の状況/衛研ニュースNo.192

✅ 危険ドラッグは、覚醒剤や大麻と類似した作用を持つ化学物質を含み、中枢神経系に影響を与えます。乱用により、交通事故や死亡事例が発生しており、その危険性については未知の部分が多いです。規制強化により店舗販売はなくなりましたが、インターネットでは依然として販売されています。

✅ 大麻の使用は、中枢神経系を抑制し、無気力や集中力の低下などの症状を引き起こします。また、色彩や音の感覚を変化させる作用があり、長期間の乱用により依存性や大麻に対する渇望が生じます。近年のインターネットやSNSの普及により、若者の大麻使用者が増加傾向にあり、タバコより害が少ないなどの誤った情報の拡散も一因とみられています。

✅ 危険ドラッグや大麻の乱用から身を守るためには、正しい知識を身につけ、近付かないことが重要です。乱用薬物は自分とは無縁の世界の話ではなく、油断していると魔の手にかかる可能性があります。

さらに読む ⇒神奈川県ホームページ神奈川県ホームページ出典/画像元: https://www.pref.kanagawa.jp/sys/eiken/005_databox/0504_jouhou/0601_eiken_news/files/eiken_news192.htm

危険ドラッグや大麻を乱用すると、幻覚や妄想などの精神障害を引き起こす可能性があります。また、依存症にもなりやすいです。さらに、大麻の乱用は、若者の脳の発達を阻害し、学習能力や記憶力の低下につながる可能性があります。

大麻の危険性は、身体的な害だけではなく、依存症や他の犯罪行為との関連性にもあります。また、大麻の使用は、若者の成長発達に悪影響を与える可能性があります。大麻を長期間大量に使用すると、認知機能の低下や、やる気や意欲の減退などの精神的な問題を引き起こす可能性があります。また、依存症になると、社会生活や対人関係に支障が出る可能性があります。

やばい、やばい、危険ドラッグなんて絶対やっちゃダメやん!

そやね。危険ドラッグは特に、すぐにでもやめといた方がええで。ホンマに危ないから。

ほー、そげなこつじゃったとよ。わしも若い頃はよう大麻を吸うとったけど、さすがに最近はもうよう吸わんくなったもんじゃ。

日本の大麻使用者に関する調査

日本の大麻使用者の調査では、95%が社会的に機能しており、90%以上が依存症ではないことが明らかになりました。この調査は、過去に大麻を使用した経験がある人を対象に行われたもので、大麻の使用が必ずしも精神障害や依存症につながるわけではないことが示唆されています。

🔖記事の要約大麻の依存症は8.3%、日本初の大規模調査で判明 「おおむね健康に暮らせている」
大麻の依存症は8.3%、日本初の大規模調査で判明 「おおむね健康に暮らせている」

✅ 日本の大麻使用者は、95%が社会的に機能しており、90%以上が依存症ではないことが調査で明らかになりました。これは、一般人口における依存症の割合よりも低いことを示しています。

✅ 大麻使用に伴う一過性の中毒症状は約40%で経験されましたが、救急車を呼ぶなど何らかの医療的介入を要するものはわずか0.12%にとどまりました。これは、大麻使用が一般的に思われているほど深刻な健康被害を引き起こさないことを示唆しています。

✅ 大麻による慢性的な精神症状(大麻精神病)は1.3%、無気力は2.7%で、一般人口におけるこれらの症状の発生率と同様の水準でした。このことは、大麻使用が必ずしも精神障害を引き起こすわけではないことを示唆しています。

さらに読む ⇒BuzzFeedBuzzFeed出典/画像元: https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/cannabis-online-survey-1

大麻の使用は、必ずしも精神障害や依存症につながるわけではありません。ただし、大麻の使用が脳の構造や機能に影響を与える可能性があることは指摘されています。また、大麻の使用が精神障害や依存症を発症するリスクを高める可能性もあります。

日本の違法大麻使用者を対象とした調査では、回答者の95%が社会的に機能しており、90%以上が依存症ではなかったことが明らかになりました。大麻使用に伴う一過性の有害事象は約40%で経験されたものの、医療的介入を要するものはわずか0.12%でした。また、大麻による慢性の精神症状(大麻精神病)は1.3%、無気力は2.7%で、一般人口と同様の水準でした。これらの結果は、大麻使用者のほとんどが社会的機能を有しており、依存症ではないことを示唆しています。

へー、意外やなぁ。大麻って、みんなが言うほど悪いもんじゃなさそうやね。

そやけど、大麻の使用が健康に全く影響を及ぼさんいうわけやない。やっぱり、ほどほどにしとくべきやね。それに、大麻の使用は法律違反やから、バレたら罰せられるで。

そや、そや。わしも若い頃はよう吸うとったけど、さすがに最近はもうよう吸わんくなったもんじゃ。

大麻に対する今後の課題

大麻の使用は、特に成長期にある若者の脳に悪影響を与える可能性があります。また、幻覚や無気力などの症状を引き起こす可能性もあります。大麻に含まれるTHCは、脳内の神経伝達物質であるエンドカンナビノイド系に作用し、脳の発達や機能に影響を与えます。

🔖記事の要約大麻乱用による心身への影響
大麻乱用による心身への影響

✅ 大麻の使用は、特に成長期にある若者の脳に悪影響を与えることが判明しています。大麻に含まれる成分が脳の発達を阻害し、記憶力や学習能力の低下、注意力の散漫などの問題を引き起こす可能性があります。

✅ 大麻の使用は、幻覚・幻聴、知覚の変化、学習能力の低下などの症状を引き起こします。大麻に含まれる成分が脳内の神経伝達物質に作用することで、これらの症状を引き起こします。

✅ 大麻の使用は、意識障害や判断力の低下を引き起こすため、交通事故などの事件・事故に関連しています。大麻を摂取した状態で運転すると、正常な運転操作が困難になり、事故のリスクが高まります。

さらに読む ⇒ホーム|厚生労働省ホーム|厚生労働省出典/画像元: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000193691.html

大麻の使用は、特に成長期にある若者の脳に悪影響を与えることが判明しています。大麻に含まれる成分が脳の発達を阻害し、記憶力や学習能力の低下、注意力の散漫などの問題を引き起こす可能性があります。また、大麻の使用は、幻覚や妄想などの精神症状を引き起こす可能性もあります。

大麻の健康影響については、さらなる研究が必要です。また、大麻による有害事象はアルコールによるものと類似しており、大麻精神病や無動機症候群といった疾患概念の見直しを促します。さらに、大麻の合法化や非犯罪化が進む中、大麻関連の健康被害を防止するための対策や、依存症からの回復支援の強化が求められています。

えー、大麻って、若い人は絶対しちゃダメってこと?

そやね。若い人はまだ脳が発達しとるから、大麻の影響を受けやすいんや。ホンマに気を付けや。それに、大麻の使用は法律違反やから、バレたら罰せられるで。

わしも若い頃、よう大麻吸うとったけど、今はもうよう吸わん。最近の子どもたちは、口にするのも怖いそうじゃ。

大麻は、依存性が高く、健康被害を引き起こす可能性のある薬物です。ただし、大麻の使用が必ずしも精神障害や依存症につながるわけではありません。また、大麻の合法化が進んでいる国もありますが、健康被害への対策が求められています。大麻に関する正確な情報を理解し、適切な判断をすることが重要です。

🚩 結論

💡 大麻の使用は、脳の構造や機能に障害を与える可能性があります。

💡 依存性が高く、精神的にも肉体的にも悪影響を及ぼします。

💡 大麻の合法化が進んでいる国もありますが、健康被害への対策が求められています。