Academic Box Logo

紀宮清子さまの現在と今後~結婚や今後の動向は~?反皇室デモの最前線に⁉

紀宮清子さまの現在と今後~結婚や今後の動向は~?反皇室デモの最前線に⁉
📘 この記事で分かる事!

💡 紀宮清子さまは、幼少期から鳥類への関心が高く、山階鳥類研究所の非常勤研究員として研究活動に熱心に取り組まれていました。また、盲導犬の育成など福祉活動にも積極的に参加されていました。2005年に学習院大学時代の友人であった東京都職員の黒田慶樹氏と結婚し、皇籍を離脱されました。現在では鳥類の研究を続けられているほか、伊勢神宮の祭主も務められています。

💡 ご主人の黒田慶樹氏は、東京都庁職員として都市整備局の担当部長を務めています。都市計画や都市整備などの仕事に携わり、現在は都の外郭団体に出向しています。

💡 清子さまと慶樹氏は、質素な生活を送られており、現在は東京のマンションにお住まいです。2020年頃に自宅マンションのローンを完済されています。

さて、今回の記事では、元皇族の紀宮清子さまに関する様々な情報を詳しくご紹介していきます。それでは、詳細を見ていきましょう。

皇族時代と結婚

紀宮清子さまは、上皇ご夫妻の長女として生まれ、幼少期から鳥類に興味を持たれていました。また、盲導犬の育成など福祉活動にも熱心に取り組まれていました。上皇ご夫妻にとって、清子さまは長女であり、皇族としての務めを果たしながらも、ご自身の興味のある分野で活躍されている清子さまを誇りに思われていることでしょう。

🔖 関連記事の要約!皇女愛子さまの先輩、黒田清子さんの歩み:国民と皇室のため 務め果たす

公開日:2023/07/01

皇女愛子さまの先輩、黒田清子さんの歩み:国民と皇室のため 務め果たす

✅ 黒田清子さんは上皇ご夫妻の長女として生まれ、幼少期から鳥類への関心が高く、山階鳥類研究所の非常勤研究員として研究活動に熱心に取り組まれていました。また、盲導犬の育成など福祉活動にも積極的に参加されていました。2005年に学習院大学時代の友人であった東京都職員の黒田慶樹氏と結婚し、皇籍を離脱されました。

✅ 清子さんは民間人として生活しながら、2012年に伊勢神宮の臨時祭主となり、翌年の「式年遷宮」まで叔母である池田厚子祭主を補佐されました。2017年に正式な伊勢神宮祭主に就任し、年間に数十日は東京を離れて伊勢市で過ごされています。祭主としては、天皇陛下の代わりに神事を行い、国民と皇室のために祈りを捧げる重責を担っています。

✅ 清子さんの夫の黒田慶樹氏は、東京都庁職員として勤務しており、都市整備局都市づくり政策部都市計画課長を経て、2021年4月に重要かつ困難な事務を担当する「統括課長」に昇進しました。都の課長職は年収約1000万円ですが、今回の昇進で昇給もあったとみられます。夫妻は質素な生活を送り、2020年頃に自宅マンションのローンを完済しています。

さらに読む ⇒nippon.com | 日本情報多言語発信サイトnippon.com | 日本情報多言語発信サイト出典/画像元: https://www.nippon.com/ja/japan-topics/c06127/

清子さまは、皇族としての義務を全うされながら、ご自身の興味のある分野でも活躍されています。皇族としての立場を活かして、鳥類保護や福祉活動に取り組まれている清子さまの姿は、国民から高い評価を得ています。

黒田清子さんは上皇ご夫妻の長女として生まれ、幼少期から鳥類への関心が高く、山階鳥類研究所の非常勤研究員として研究活動に熱心に取り組まれていました。また、盲導犬の育成など福祉活動にも積極的に参加されていました。2005年に学習院大学時代の友人であった東京都職員の黒田慶樹氏と結婚し、皇籍を離脱されました。

おぉ!清子さまってすごいんやねぇ。皇族としても、一人の女性としても充実した人生を送られてるんやね。

そうそう。鳥類の研究とか、盲導犬の育成とか、皇族の枠を超えた活動をしてはるもんね。

ほんで、ご主人も東京都庁でバリバリ働いてはるんやて。夫婦そろってすごいなぁ。

現在の活動

清子さまのご主人の黒田慶樹氏は、東京都庁の都市整備局に勤務し、神宮外苑再開発事業を担当していました。現在は都の外郭団体に出向しています。

🔖 関連記事の要約!黒田清子さん 慶樹さんの所属部署が担当も…出向で゛神宮外苑再開発゛問題を回避
黒田清子さん 慶樹さんの所属部署が担当も…出向で゛神宮外苑再開発゛問題を回避

✅ 黒田清子さんの夫の黒田慶樹氏は、東京都庁の都市整備局に勤務しており、神宮外苑再開発事業を担当していました。慶樹氏はさくら銀行(現在の三井住友銀行)を退職後、1997年に東京都庁に中途入庁し、建設局や港湾局を経て、都市整備局に長く籍を置いてきました。神宮外苑再開発は都市整備局の所管であり、慶樹氏は直接関与するセクションではなかったものの、皇室の一員である妻の立場もあり、再開発問題に巻き込まれるのではないかと宮内庁内では懸念されていました。

✅ しかし、今年4月1日に黒田氏は都市整備局の担当部長に昇進し、同時に神宮外苑再開発問題から遠ざかる外郭団体に出向しました。この出向は、慶樹氏が清子さんの夫であるという理由ではなく、これまで公園整備事業や市街地整備に関わる部署で現場で泥くさい仕事に手堅く取り組んできたことが評価されてのこととみられています。また、慶樹氏は特別扱いされることを望まない人物とされており、都庁でも大きな話題になることはありませんでした。

✅ 慶樹氏の昇進と出向により、神宮外苑再開発問題への直接的な関与が避けられたことで、清子さんと慶樹さんの静かな暮らしは今後も変わらないとみられます。

さらに読む ⇒女性自身[光文社女性週刊誌女性自身[光文社女性週刊誌出典/画像元: https://jisin.jp/koushitsu/2204107/

慶樹氏は、都市計画や都市整備などの仕事に携わり、現在は都の外郭団体に出向しています。都庁では、神宮外苑再開発事業を担当するなど、重要な仕事を任されていました。現在は出向していますが、今後も重要な役割を担っていくことが期待されています。

結婚後、清子さんは民間人として質素な生活を送られています。2012年には伊勢神宮の臨時祭主を務められ、2017年には正式に伊勢神宮祭主に就任されました。祭主としては神事を行い、神宮の運営に携わられています。また、鳥類の研究も続けられており、山階鳥類学雑誌に共同研究の成果を発表されています。一方、慶樹さんは東京都庁に勤務し、都市計画や都市整備などの仕事に携わっています。

ほほう。清子さまのご主人は、東京都庁のエリート官僚なんやね。

そやねん。神宮外苑再開発とか、大規模なプロジェクトに関わってはるんやて。

ほんで、今は出向してはるんやて。出世コースまっしぐらやなぁ。

皇室との関係

天皇、皇后両陛下の長女愛子さまが、12月1日に20歳の成年を迎えられます。成年行事は、愛子さまの大学の授業などに配慮して、12月1日と5日の2日間に分けて行われます。

🔖 関連記事の要約!愛子さま、黒田清子さんのティアラ借りて成年行事…宝冠大綬章の授与を閣議決定 : 読売新聞

公開日:2021/11/16

愛子さま、黒田清子さんのティアラ借りて成年行事…宝冠大綬章の授与を閣議決定 : 読売新聞

✅ 天皇、皇后両陛下の長女愛子さまが12月1日に20歳の成年を迎え、女性皇族にのみ贈られる勲章で最高位である宝冠大綬章が授与されることになりました。成年行事は愛子さまの大学の授業などに配慮して、12月1日と5日の2日間に分けて行われます。

✅ 成年行事は12月1日と5日の2日間にわたり行われ、1日は皇居・御所で宮内庁長官らから祝賀を受け、夜は両陛下と祝いの御膳を囲まれます。5日は宮中三殿を参拝した後、宮殿で天皇陛下から愛子さまに宝冠大綬章が授与されます。続いて皇族方や三権の長らから祝賀を受けられます。

✅ コロナ禍を考慮し、愛子さま用のティアラは新調されず、黒田清子さんのものが使用されます。また、多くの国民が苦労している状況を鑑みて、祝宴や茶会も開催されません。

さらに読む ⇒読売新聞オンライン : ニュース&お得サイト読売新聞オンライン : ニュース&お得サイト出典/画像元: https://www.yomiuri.co.jp/koushitsu/20211116-OYT1T50173/

成年行事は、愛子さまの大学の授業などに配慮して、12月1日と5日の2日間に分けて行われます。12月1日には皇居・御所で宮内庁長官らから祝賀を受け、夜は両陛下と祝いの御膳を囲まれます。5日は宮中三殿を参拝した後、宮殿で天皇陛下から愛子さまに宝冠大綬章が授与されます。続いて皇族方や三権の長らから祝賀を受けられます。コロナ禍を考慮し、愛子さま用のティアラは新調されず、黒田清子さんのものが使用されます。また、多くの国民が苦労している状況を鑑みて、祝宴や茶会も開催されません。

清子さんは皇族方や宮内庁職員と交流を深めています。愛子様の成年行事に叔母として出席され、話題となりました。また、天皇陛下が退位後は東宮御所に帰られる予定で、美智子さまは清子さんに頼りになさるのではないかと考えられています。

わぁ、愛子さまがもう20歳なんやぁ。時の経つのんって早いなぁ。

そやなぁ。愛子さまも立派な大人にならはったんやなぁ。

天皇陛下も皇后陛下も、さぞかしお喜びやろなぁ。

黒田慶樹さんの家柄と経歴

黒田慶樹氏の祖父は黒田慶太郎、父親は黒田慶次郎という由緒ある家柄です。学習院大学卒業後は三井銀行に就職し、その後東京都庁に転職しました。

🔖 関連記事の要約!黒田清子さん夫「慶樹さん」が都庁の部長に昇進 退職金を含めて7千万円以上の収入?(全文)
黒田清子さん夫「慶樹さん」が都庁の部長に昇進 退職金を含めて7千万円以上の収入?(全文)

✅ 小室圭さんはニューヨークの法律事務所で働いているが、秋篠宮さまは圭さんの飽きっぽさを心配されている。圭さんは国際基督教大学を卒業後、三菱東京UFJ銀行に勤めたが、すぐに都内の弁護士事務所にパラリーガルとして移り、その後渡米した。圭さんの現在の年収は3千万円に上るとされるが、秋篠宮さまは圭さんがこのまま法律事務所で真面目に勤めることができるか心配されている。

✅ 黒田慶樹さんは東京都庁の都市整備局の担当部長に昇進し、現在は都の外郭団体に出向している。慶樹さんはさくら銀行を経て、1997年に都庁に中途入庁し、都市整備局の担当部長に昇進した。出向した先は都の外郭団体で、部長として遇されることになる。

✅ 東京都庁の担当部長は、ライン部長の半歩下のポストではあるが、出向した場合は定時で帰ることができ、プライベートの時間も確保できる。都庁の職員の出世レースでは、担当部長はライン部長の前段階として良い位置にあるとされている。

さらに読む ⇒デイリー新潮デイリー新潮出典/画像元: https://www.dailyshincho.jp/article/2023/05190556/?all=1

黒田慶樹氏の祖父は黒田慶太郎、父親は黒田慶次郎という由緒ある家柄です。学習院大学卒業後は三井銀行に就職し、その後東京都庁に転職しました。現在は都の外郭団体に出向しています。

慶樹さんは由緒ある家柄で、祖父が黒田慶太郎、父親が黒田慶次郎という系譜です。学習院大学卒業後は三井銀行に就職し、その後東京都庁に転職しました。現在は都市整備局都市づくり政策部都市計画課の統括課長を務めています。

ほぉ、黒田慶樹ってすごい家柄なんやなぁ。

そやねん。しかも、学習院大学卒業で、三井銀行と東京都庁って、エリートコースまっしぐらやもんなぁ。

さすが、清子さまのご主人やなぁ。

天皇ご一家とのかかわり

紀宮清子さまと黒田慶樹さんは、東京・目白の゛億ション゛で暮らされており、最近ではスーパーで姑さんと一緒に仲良く買い物をする姿が目撃されています。

🔖 関連記事の要約!元プリンセス6人 ゛普通の主婦゛になった現在の私生活が興味深い(2ページ目)
元プリンセス6人 ゛普通の主婦゛になった現在の私生活が興味深い(2ページ目)

✅ 紀宮清子さまと黒田慶樹さんは結婚後、東京・目白の゛億ション゛で暮らしており、最近ではスーパーで姑さんと一緒に仲良く買い物をする姿が目撃されている。清子さまは自らの運転でよく実家である皇居に赴き、両陛下のご機嫌もうかがっているので、両家の母親の面倒をみているのではないかと推測されている。

✅ 清子さまは専業主婦としての仕事に加えて、゛12年には、三重県・伊勢神宮の臨時祭主にも就任している。臨時祭主は、゛13年の伊勢神宮の式年遷宮にあたり長年、祭主だった天皇陛下の姉・池田厚子さんが高齢で負担が重かったため、清子さまが務められた。

✅ 臨時祭主は、式年遷宮の際に天皇陛下に代わって神事を執り行う重要な役割である。清子さまは、この重要な役割をしっかりと果たし、国民から高い評価を得ている。

さらに読む ⇒ 週刊女性PRIME 週刊女性PRIME出典/画像元: https://www.jprime.jp/articles/-/9543?page=2

清子さまは、自らの運転でよく実家である皇居に赴き、両陛下のご機嫌もうかがっています。また、天皇陛下が退位後は東宮御所に帰られる予定で、美智子さまは清子さんに頼りになさるのではないかと考えられています。

天皇ご一家と黒田さんご夫妻は親交が深く、天皇陛下は慶樹さんのいとこの葬儀に参列できなかったことを残念に思われています。

清子さまって、皇族やのに庶民的な一面もあるんやねぇ。

そやなぁ。スーパーで買い物したり、皇居に行ったり、普通の奥さんみたいやもんなぁ。

でも、それがまた清子さまの魅力なんかもしれんねぇ。

さて、今回は紀宮清子さまに関する様々な情報を詳しくお伝えしました。鳥類研究家、伊勢神宮の祭主、そして一人の妻として、清子さまは多様な役割を担われています。今後の清子さまのご活躍にも注目していきたいですね。

🚩 結論!

💡 清子さまは、皇族でありながら、一般の人々と同じように質素な生活を送られています。ご主人の黒田慶樹氏とともに、目白のマンションで暮らされています。

💡 慶樹氏は、東京都庁の都市整備局の担当部長を務めており、神宮外苑再開発事業など重要な仕事を任されていました。現在は都の外郭団体に出向していますが、今後も重要な役割を果たしていくことが期待されています。

💡 清子さまと慶樹氏は、皇室と民間人の架け橋として、今後も重要な役割を果たしていくことが期待されています。皇族としての立場と民間人としての経験を活かし、社会に貢献されることでしょう。